ピクシブ百科事典

バーサーカー(帝都聖杯奇譚)

ぎゃくさつのきょうせんし

『Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚』に登場するサーヴァント。
目次[非表示]

「まあ落ち着けよマスター。オレは主君殺しとかヒデェコトはしねえから」
「よっしゃじゃあ兵士は10点。女子供は3点、サーヴァントは100点でどうよ?マスター!!」
「ケッ!!戦の役にたたねえ技だの位だのくだらねえ連中だ!!戦場じゃ強い奴が勝つだけなんだよ」

プロフィール

真名森長可
性別男性
身長194cm
体重93kg
属性混沌・狂


概要

Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚』に登場するバーサーカーのサーヴァント。マスターは陸軍間桐少佐。20代半ば程の筋骨逞しい偉丈夫で、巨大な槍を持つ。

陸軍第四魔導機関謹製の『甲型英霊拘束具』(後述)を纏っており、登場当初は兜で顔を隠していた。

陸軍内部の実験を握っていた魔人アーチャーに対抗する為に召喚されたが、マスターの制御下を離れ、陸軍の秘密基地内で大量虐殺を繰り広げた。

人物

バーサーカーである事や謀略裏切りが横行していた戦国時代の存在である事を考慮しても、比類ない外道

言語能力を持ち意思疎通自体は一応可能だが、明らかに目と言動がヤバく、目を合わせたくないタイプの存在。経験値氏のイラストでは某洗脳探偵の如く目がグルグルになっている。

マスターの腕をぶった切った後に朗らかに話しかけたり、目撃者と言う訳でもない無関係の女子供までゲーム感覚で積極的に殺戮しようとする等、もはやその精神性は「外道」と言うより「異常」。

その一方で、「主君殺しはしない」と発言したり、マスターの身を案じる素振りを見せる等、彼なりに契約者を案じる一面もある。実際に生前の彼は主君を決して裏切らず、最期まで織田家の家臣であり続けた。豊臣秀吉曰く「大殿(=信長)の言う事しか聞かなくて大変だった」との事。

更に、生前の主君曰く領国経営を得意とする領主としての一面や茶の湯を好む文化人としての一面もあったらしく(この辺も史実準拠)、決して武辺一辺倒の乱暴者と言う訳では無い。

真名

戦国時代に活躍した猛将森長可森蘭丸の兄。
その戦いぶりから「鬼武蔵」と謳われたが、行き過ぎた苛烈さ故に死んだ際には味方にまで喜ばれた程の嫌われ者でもあったと言われている。

能力

愛用の槍での白兵戦を得意とする。また、後述の特殊装備によって強力な再生能力を持っている為、戦う相手によっては圧倒的優位に立てる。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
間桐少佐BCDEDC


保有スキル

狂化(D)バーサーカーのクラススキル。理性と引き換えに驚異的な暴力を所持者に宿すスキル。筋力と耐久が上昇するが、言語機能が単純化し、複雑な思考を長時間続けることが困難になる。
精神汚染(B)精神が錯乱しているため、他の精神干渉系魔術をシャットアウトできる。
血塗れの蛮勇(A)詳細不明。攻撃する度に防御力が下がり攻撃力が上がる、と言う感じらしい。


特殊装備

甲型英霊拘束具
彼の全身を覆う陸軍第四魔導機関謹製の拘束具。
土地から魔力を吸収してダメージや傷を回復させる(致命傷である頭部の損傷さえも修復可能)ことに加え、バーサーカークラスの問題点であった「膨大な魔力消費量」の点をも解消させる、便利アイテム。
一方で、魔力を土地から無理矢理吸い尽くすために、使い続ければ「その土地が死ぬ」という問題点も存在している。ただし、当初はバーサーカーを「敵地に投下して使う殲滅兵器」として運用する予定だった為、予定通りに運用していれば一応問題は無かった。
この鎧の存在がある為、バーサーカーを完全に倒すには、一瞬で跡形も無く消し飛ばすだけの火力を叩き込むか胸部の炉心を心臓ごと消滅させる必要がある

宝具

人間無骨(にんげんむこつ)

  • ランク:C
  • 種別:対人宝具
  • 由来:森長可の十字槍「人間無骨」。


「嗤え。『人間無骨』」

彼が愛用している巨大な槍。防御無視の効果を持った対人宝具。
槍先に展開ギミックが仕込まれており、真名解放と同時に槍が開いてチェーンソー状の刃が出現し、ちょうど十字槍の形になる。
解放前が"通常形態"で、解放後の十字槍の状態が"解放形態"。"解放形態"の方が攻撃力が高い。
前述の防御無視効果に加えて消費魔力が少ない為、対人戦では地味ながらも中々に有用。

百段(ひゃくだん)

生前の愛馬。
ランサーライダーのクラスで召喚された時に使用可能になる騎乗宝具。

その他

『帝都聖杯奇譚』単行本巻末の「帝都聖杯奇譚用語辞典」によると、「人間無骨」と「百段」が合体すると「パーフェクトDQN・MORI・NAGAYOSHI」が完成するらしいが、恐らくネタ。実現不可能ではないが

出演作での活躍

帝都聖杯奇譚

間桐少佐に召喚されたは良いものの、「武蔵」違いだった事が分かって自害させられそうになる(元々陸軍側は宮本武蔵を召喚する予定だった)。そこで躊躇無くマスターの右手を令呪ごと切断して握り潰し、マスターを小脇に抱えて陸軍の秘密基地内部を跋扈。自分を外に出すまいと立ち向かう兵士を片っ端から一刀両断し、虐殺の宴を繰り広げた。

その後、秘密基地内に侵入したランサーと戦闘になりその卓越した技能で頭を貫かれるも、拘束具の再生能力で彼を圧倒。更に乱入した桜セイバーとも激戦を繰り広げる。

関連人物

間桐少佐
マスター。自分を令呪で自害させようとした為に令呪ごと右手をぶった切ったが、一応主として見なしており、彼なりの忠誠心を抱いている。劇中でも朗らかに話しかけて行動を(強制的に)共にし、彼がランサーに連れ去られた(保護された)際には必死に彼を取り戻そうとしていた。もっとも当の少佐からは右手をぶった切られた件もあってか全然信頼されておらず、甲型英霊拘束具の詳細を暴露されてしまった。

ランサー
劇中で対峙した相手。技量なら彼の方が上だが、再生能力で優位に立てる相手。

魔人アーチャー
生前の主君であり、同じ聖杯戦争に召喚されたサーヴァント。「大殿」と呼んで慕う相手。
劇中では直接対面していないが、これは魔人アーチャーが森可成(バーサーカーの父親)に借りがある・森蘭丸にヘソを曲げられたくないと言う理由でバーサーカーの虐殺を見逃した為。

豊臣秀吉
生前の同僚。

余談

上記の通り彼はランサークラスライダークラスの適性を持っており、二次創作オリジナルサーヴァントとして森長可が題材となった場合はこれらのクラスであることが多い。

関連タグ

帝都聖杯奇譚/コハエース バーサーカー(Fate) サーヴァント

森長可:モデルとなった人物。

戦国武将 外道 虐殺

pixivに投稿された作品 pixivで「バーサーカー(帝都聖杯奇譚)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3564

コメント