ピクシブ百科事典

豊臣秀吉(Fate)

さる

豊臣秀吉(Fate)とは「コハエース」に登場するサーヴァントである。
目次[非表示]

プロフィール

真名豊臣秀吉
性別男性
身長150cm(召喚時)
体重42kg(召喚時)
属性混沌・善>中立>悪


概要

コハエース』に登場する、セイバーのクラスのサーヴァント。全身に細かく傷が入った野生児めいた少年。魔人アーチャーが語る彼女の生前の部下である「サル」。

真名は言わずもがな、信長の継承者にして天下人・豊臣秀吉。元々魔人アーチャーの口から存在が匂わされていただけであったが、『コハエースこれくしょん』にてステータス付きで公開されたが、特にストーリーと呼べるものは現状公開されていない。

生前は彼女にぞっこんで、「おいサル!」とか呼ばれる度に嬉しくて必要以上に頑張っちゃっていた、愛され武将。「なんだよ、あんなサルにいいように言い包められてんじゃねーよ」とか言って殺しに向かった武将が次の日にはズッ友になって帰って来るくらいのスーパー人たらし
計略にも長け、柴田じゃどれだけ粘っても立てられない城を一夜で建て、水攻め、兵糧攻めで城を落とさせたら日本一。信長と同じくらい逸話に事欠かず、英霊の中でもチート・オブ・チート。

人物

農民から天下人にまで至ったリアルチート武将であり、その逸話が反映されたことで非常に特異な能力を持つ。

日数経過により能力値が変動し、それに伴い外見や性格、真名まで変化する
若々しい少年に始まり、日輪そのものといえる大英雄を経て、最終的には老害モードなどと言われるような残念な状態になってしまう

希代の人たらしと称されるカリスマ性があり、上司や敵にさえ気に入られやすい性質。端々の言動からすると結構なお調子者である。
ただし、この性格は恐らくは現界時前半のものであり、7日を過ぎた先には悪い方向に向かっていくものと推測される。生前は信長にぞっこんで忠義を尽くしていた。信長も秀吉を気に入っており、話の中でたびたび名前を出すことが多い。
信長曰く「天真爛漫にして計算づく、情にも脆くて冷酷無比、あれほど裏表がありながらそれでいてキラキラと輝くまさに日輪のような男」。
また、惚れた女には弱いらしい。

草履を胸で温めるなどの美談が有名だが、信長が少女だと思うと途端に変態行為にしか見えなくなる。というか実際はただ彼女の草履をぺろぺろしていただけで、美談でも何でもないらしい。

能力

「自分固有の剣を持たない」という非常に珍しいセイバー(既存のセイバーの中にも適性がないのに無理矢理セイバーになったセイバーがいたり、最近でも剣の宝具を持たないセイバーは増えているので当時基準)。

ステータスやスキルの傾向は正面から戦うよりもすばしっこく立ち回る持久戦型。

時間の経過ごとにステータスどころか宝具・真名まで変化していき、最盛期は大英雄クラスのステータスと反則ものの宝具を使用可能だが、最高のステータスで戦える期間は限られている。

他の三英傑である信長、家康とはほぼ同格の強さを持ち、その相性は三すくみのような関係にあるらしい。

ステータス

マスター筋力耐力敏捷魔力幸運宝具
不明E~AE~AD~A+E~A C~EX E~EX


保有スキル

対魔力(C~A)魔術発動における詠唱がニ節以下のものを無効化する。大魔術・儀礼呪法など、大掛かりな魔術は防げない。
騎乗(C)乗り物を乗りこなせる能力。大抵の乗り物、動物なら人並み以上に乗りこなせるが野獣ランクの獣は乗りこなせない。
カリスマ(B~A+)軍団を指揮する天性の才能。団体戦闘において自軍の能力を向上させる。稀有な才能。カリスマは稀有な才能で、一国の指揮官としてはBランクで十分と言える。秀吉は人たらしと呼ばれるほどの人心掌握の達人で、戦上手でもあったためランクは元から高めである。
黄金率(A)人生においてどれほどお金が付いて回るかという宿命。一生金に困ることはなく、大富豪として生活していける。
中国大返し(C~A)絶対のピンチをチャンスに変える奇跡の逃走スキル。逃げ足メッチャ早い。仕切り直しと似た効果を持つが、判定成功時には必ず有利な状態で戦闘を再開できる。ノッブの仇を討つために備中高松から全軍を取って返した逸話がスキルとなったもの。


宝具

日輪の子

  • ランク:E~A
  • 種別:神性宝具
  • レンジ:-
  • 最大捕捉:-

秀吉の生涯そのものを象徴した宝具。召喚直後の7日間、能力値が上昇し続ける。1日経過するごとにステータス、スキル、宝具の性能が上昇し、7日目に最盛期に至る(この時のステータスはほとんどの項目がA以上であり、幸運と宝具に至ってはEXというヘラクレス並みのチートと化す)。更に4日目以降は神性を獲得、7日目には神性:Aとなる。
しかし、その後は7日かけて能力値が低下していき、最終的には14日目に消滅してしまう。これは元に戻っているわけではなく、晩年の無謀(と俗には呼ばれるものの彼の病状が悪化しなければ恐らく勝利出来ていた、とも考察されている)な出兵や、忠義を尽くした部下に言い掛かりをつけて処刑したといった逸話から来るもの。まさに「栄枯盛衰」な人生である。
ちなみに、日輪の子というのは自身を自称した表現である。

刀狩り(ブレイド・テイカー)

  • ランク:E~EX
  • 種別:対宝宝具
  • レンジ:1
  • 最大捕捉:1人

有名な「刀狩令」が宝具となったもの。日数の経過で性能が向上する
1日目はランク:Eで幸運判定に失敗した相手の武装宝具を極短時間使用不能にする。4日目はランク:Bで判定に失敗した相手の武装宝具を自身のものにして使用可能になる。7日目には最大ランク:EXとなり自身が宝具判定に成功すると奪った宝具の一時的な真名開放が可能となる。
ちなみに、秀吉自身はそれほど武器の扱いが得意ではないため、奪ったとしても本来の所有者ほどには使いこなせない。固有の特徴的な武装を持たない秀吉がセイバークラスであるのはこの宝具のおかげ。
なお「刀狩令」というのは、あくまでも文字だけのもので本来は刀や脇差、弓、槍、鉄砲などの武器の所有を禁ずる令というものであり、その為相手によっては使用する武器が剣ではなく弓矢だったり槍になることもありうる。

一夜城(スノマタ・キャッスル)> 超絶絢爛日輪城(ちょうぜつけんらんにちりんじょう)> 黄金魔境ZIPANG(おうごんまきょうジパング)

  • ランク:E~EX
  • 種別:城塞宝具>???
  • レンジ:1~100
  • 最大捕捉:1~???人

一夜城(スノマタ・キャッスル)

ランク:E~B
敵の攻撃を受け止める城塞を召喚する。性能は高く無く、ランクD以上の宝具であれば問題なく突破されてしまう程度。ランクごとに耐久力がやや上昇する。

超絶絢爛日輪城(ちょうぜつけんらんにちりんじょう)

ランク:A
6日目以降に召喚可能となる城塞宝具。固有結界ともいうべき天下人秀吉の黄金大魔術城塞。城塞中心にある黄金の魔力炉からのバックアップにより、自身はほぼ無限ともいえる魔力を行使できる。さらには豊臣恩顧の英霊を軍勢として召喚することも可能。
ただし、彼らの召喚は黄金炉の魔力によって賄われているため、城塞外では短時間しか戦う事ができない。ちなみに傘下の武将ではあっても徳川は来ない。

黄金魔境ZIPANG(おうごんまきょうジパング)

ランク:EX
詳細不明。
Fate/GrandOrderではが別バージョンを使用している。

登場作品

コハエース

ノッブの口から存在は言及されていたが、『コハエースこれくしょん』にてステータスつきで登場。ちなみにきのこに許可はもらったとのことで、一応は公認ではある模様。

ちびちゅき!

ノッブ会いたさに登場し、坂田金時イヌキジと共に鬼が島へ行こうとしたが、ライダーの巨大海賊船に追突して他のメンバー同様に海に沈んだ。
また、主君がザビーズの事をフランシスコ・ザビエルと勘違いして興味を持っていた時には「バテレンはお止め下さい!!」と焦って彼女に食い下がっていた。

Fate/GrandOrder

公式サポート漫画「Fate/ぐだぐだオーダー」第8回にて、新情報が発信できず漫画にするネタが無い
ため「情報がないなら勝手に配信すればいいじゃない!!」という理由で登場させられる。この時ノッブにサルと呼ばれていたため「サルって動物の英霊なんですか?」と聞いたアルトリアに「うわっ、この人人の気持ち分かんなそう!」と暴言を吐いていた。
第9話では自分を差し置いて『Grand Order』に参戦が決定した桜セイバーに怒り魔王化したノッブを一刀両断。ギャグかと思いきや本当にノッブが死んでしまい、実際にノッブは第20回まで出番がなくなってしまった(一応13話であの世に行ったノッブの様子は書かれているが)。このキャスティングといい両断っぷりといい、斬られた時のノッブの「へうげ!?」というリアクションといい、完全にへうげものの一シーンのパロディである。

しかし、現在彼は『GrandOrder』に実装されておらず、「ぐだぐだ~」系のイベントが再びあれば実装されるかもしれない。
…と思われていたが2017年3月26日に発表された『ぐだぐだ明治維新』の舞台は時代が300年近く飛んで幕末、しかも配布サーヴァントはまさかの自分の側室とFGO実装のチャンスは遠のいてしまった。残念。

一応イベント内では終盤秀吉と名乗るある存在が登場したが、こちらは秀吉の名を騙っていただけであり本物ではなかった。詳しくはこちらのページにて。

実装されてないのは前述した宝具「日輪の子」の「7日間強化され、また7日間かけて弱体化、最終的には消滅する」というピーキー過ぎる効果をゲーム内で再現するのが非常に難しいからではないかとも言われており、仮に実装されるとすれば彼の宝具彼の宝具のように完全に発揮できない状態没収されて使えない状態でないと無理ではないかと考えられている。(この場合だとステータスがずっと1日目の最弱の状態になるため、ステータスを予め一定のランクで固定する必要があるが)。

なお、これはあくまで「セイバーとしての秀吉」であり山崎や賤ケ岳の戦いで見せた大返しからライダー、一夜城等の逸話からのキャスター等他クラスでの召喚なら呼び出せる可能性はある。
現にpixiv内の企画『【F/er】』ではバーサーカーアヴェンジャーに適応した場合の秀吉が投稿されている。
バーサーカー版
アヴェンジャー版

関連人物

魔人アーチャー:主君。『ぐだぐだ明治維新』では、秀吉の趣味に関し、「わびさびからほど遠い」とディスられる。当の秀吉はこのイベントに出演してないのに

茶々:妻。彼女には頭が上がらなかった模様。また、秀吉の蛮行が妻である茶々の無辜の怪物の原因の1つとなっている(秀吉は自身の子供を後継者にしたいがために多くの人間を虐殺しその結果、豊臣家を衰退させてしまった)。

徳川家康:織田信長がアーチャー、豊臣秀吉がセイバーという流れや、彼自身は家康の影武者であることなどからFGOに実装されるとすれば蜻蛉切を持ったランサーが妥当と言える。また、最近になってから防御属性を変更するスキルが実装されたため、これに倣い攻撃属性をバーサーカーに変更という形でクラスチェンジを疑似的に再現出来ると考えられる。

刑部姫:姫路城を建設するために彼女の社を町外れに移動させたという逸話が残ってる。

キングプロテア:こちらはレベルキャップを無視するというチートスキル、宝具を持っていないという特殊性のためにFGO実装が絶望的な、秀吉と真逆のサーヴァント。

フィン・マックール:秀吉同様老いて老害化したサーヴァント。部下を殺しその結果全てを崩壊させてしまった件も共通している。

ジル・ド・レェ:秀吉同様立派な人物であったが敬愛する主の死を境に堕ちてしまった人物。こちらはそれぞれの面が異なるサーヴァントとして召喚されている。

関連タグ

Fateシリーズ コハエース 帝都聖杯奇譚

セイバー(Fate) サーヴァント

豊臣秀吉:元となった偉人。

pixivに投稿された作品 pixivで「豊臣秀吉(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8048

コメント