ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

後藤又兵衛

ごとうまたべえ

安土桃山時代から江戸時代初期に活躍した武将。黒田官兵衛・仙石秀久・黒田長政・豊臣秀頼らに仕えた猛将。大坂夏の陣で討死した。
目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. 百花繚乱サムライガールズ」に登場するキャラ→後藤又兵衛(百花繚乱サムライガールズ)
  2. 戦国BASARA」に登場するキャラ→後藤又兵衛(戦国BASARA)
  3. 100万人の戦国無双」に登場するキャラ。本記事で解説。

プロフィール

  • 生没年:永禄3年4月10日(西暦1560年5月5日)~慶長20年5月6日?(西暦1615年6月2日)
  • 幼名:甚太郎、弥八郎、弥太郎など諸説あり
  • 通称:又兵衛
  • 諱:正親、基次

※又兵衛が幼名という説もあるが、「兵衛(ひょうえ)」とは朝廷の官職名であるためその可能性は低い。また、諱は基次で知られるが本人の書状から「正親」だったことが分かっている。


概要

安土桃山時代から江戸時代初期に活躍し黒田官兵衛仙石秀久黒田長政豊臣秀頼らに仕えた猛将。不運な武将としても有名。


生涯

播磨国神東郡山田村(現在の兵庫県姫路市)の国人である後藤基国の子。長じてからは播磨国御着城主小寺政職の家老である小寺(黒田)官兵衛に仕え羽柴秀吉の軍に組み入れられた。播州平定戦にて主君・官兵衛が織田家より離反した荒木村重の説得に向かうもそのまま摂津国有岡城に監禁されると、官兵衛の主君である政職も村重に同調した。このため自動的に連座して官兵衛も逆心を企てたと見られ、同様に父・基国ら後藤一族の多くが村重と同じく織田信長に反旗を翻した東播磨の三木城別所長治に随伴してしまう。主君も戻らず一族も離反した事より羽柴陣中で所在が無くなっていた所を、黒田家家臣団、纏めてソックリそのまま仙石秀久に召し抱えられた。

以降の動向は史料に乏しく二通りの説が唱えられているが、まだ確たる定説は見ない。

  1. 官兵衛が有岡城落城と共に救出されると官兵衛の元に帰参した。
  2. 官兵衛が有岡城から救出されて後も秀久に仕え、秀久が戸次川の戦い島津家久に大敗し改易されると官兵衛家臣、栗山利安(善助)の元に百石の知行で身を寄せた。

 数年前までは前者の説が有力であったが、貝原益軒が記した「黒田家臣伝」からどうやら後者の説が正しいと目されてきたのが最近である。

 とまれ、史料が出てくる天正十四年以降は動向が明らかになっており、秀吉による九州征伐にて降伏した城井鎮房伊予への転封に抵抗し旧領に固執した為、鎮房の転封後に当地へと封じられる予定であった官兵衛と争った城井谷城での戦いに従軍。朝鮮出兵では文禄の役慶長の役両戦役に参戦し、文禄の役では第二次晋州城攻防戦にて城壁を抜き加藤清正配下の森本一久(儀太夫)らと一番乗りを競った。

 慶長五年、関ヶ原の戦いでは黒田長政に従い、石田三成家臣の勇名轟く槍使い大橋掃部を一騎打ちで討ち取るなど兵として抜群の功績を挙げ、戦後は大隈城益富城)一万六千石の所領を与えられた。

 しかし官兵衛死後、二年が経過すると元々、犬猿の仲であった長政といよいよ仲違いし慶長十一年、一族揃って黒田家を出奔する。長政も長政で奉公構という再就職禁止令を上層部に提出し徹底した又兵衛への追及を行い、その武勇を惜しんで引く手数多ながらも又兵衛は無聊をかこつ事になる。慶長十六年には京都にて浪人生活を送り、爪に火をともす生活を送っている。


 その三年後、慶長十九年に大坂城にて浪人の募集が始まると又兵衛は是に率先して応じる。後に云う大坂の陣であるが、閲兵の折に指揮を任されその見事振りから「摩利支天の再来」とまで称された。大坂方では大野治長と並んで最重要人物の筆頭として数えられ、対する徳川家康からも開戦前に注意すべき武者として御宿勘兵衛と共に評価されていた程である(大阪の役勃発前は、真田信繁らの大坂牢人五人衆は高名でなかった)。

 大坂夏の陣では先鋒として二千八百の兵を率い、寡兵にて徳川軍先鋒、奥田忠次らを討ち取りながら孤軍でおよそ八時間も奮戦し、敵味方から賞賛された。一般的には霧で後続の真田信繁・明石全登毛利勝永といった諸部隊が到着できなかった為、着陣した小松山にて奮戦の末に伊達政宗の家臣の片倉重綱の軍と戦い討死にしたとされるが、実際には各地に生存説が伝えられている。


 その武勇から黒田二十四騎黒田八虎大坂牢人五人衆大坂城七将星といった筆頭クラスに数えられている。

「槍の又兵衛」と呼ばれていた程武術に優れていたが、ある程度知略・軍略にも長けていた武将でもある。


容姿

この当時で身長が約六尺(約180cm)以上はあった巨漢とされる。

肖像画などでは甲冑を身に纏って満月(金色で丸型)の前立てが付いた兜を被っている場合がある。


フィクションにおける後藤又兵衛

100万人の戦国無双

震え上がれ、摩利支天さまのお出ましだ

浪人になったという経緯からか、ボロボロの服装に伸び放題のモジャモジャの髪に髭という外見をしている。

また、その時貧乏だったことからか、銭を集めているという設定がある。

一人称は『俺』で、武器は『鉾槍』。

史実通り黒田長政と険悪な仲。


関連イラスト

400年に向けて

関連タグ

戦国武将

黒田官兵衛 黒田長政 真田幸村

関連記事

親記事

近畿勢 きんきぜい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7021744

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました