ピクシブ百科事典

大野治長

おおのはるなが

大野治長は、安土・桃山時代に活躍した武将(イラスト右)。官位の従四位下修理大夫から"修理"とも。
目次[非表示]

概要

永禄12年(1569年)、京都丹後近江尾張の出身とする異説もある)にて大野定長大蔵局の子として生まれる。
また、弟に治房(はるふさ)、治胤(はるたね)、治純(はるずみ)の三人がおり、男児に恵まれた家系長男であった。

母の大蔵局は、お市の方の侍女を務め、茶々やその子の豊臣秀頼乳母も務めており、この縁で治長は幼少期を浅井長政の居城である近江小谷城で過ごし、同い年の茶々とは実の兄妹の様に育ったとされている。

反逆した長政が信長に倒され、更にはお市と再婚した柴田勝家の死後は、茶々や大蔵局と共に豊臣秀吉の元へと渡る事になり、後に3000石の馬廻衆に取り立てられる。
天正17年(1589年)には和泉国佐野と丹後国大野で併せて10000石の大名となり、警個番二番隊長になる等、かなり異例と言える出世を遂げる事になり、また文禄3年(1594年)には伏見城の普請に携わっている。
朝鮮出兵の際には、名護屋城にまで出陣しているが、大陸にまで乗り込む事は無かった。

秀吉の死後から関ヶ原の戦いにて

秀吉が亡くなり、その正室の高台院が従者と共に大坂城を去った後は、秀吉の後継者たる秀頼の側近という重要な地位を与えられ、淀殿と呼ばれる様になった茶々や母の大蔵局、兄弟達と共に権勢を振るう事になる。
しかし、慶長4年(1599年)の10月、五大老の前田利長や五奉行の浅野長政と共に徳川家康暗殺疑惑事件における首謀者の一人として嫌疑が掛けられ、下総結城への流罪となってしまい、大坂城から離れる事になる。
元々対立していた利長はともかく、治長と長政の二人までもが本当に家康の暗殺を目論んでいたかは疑わしい部分があり、後に家康に罪を許された上に加増されている事からも、暗殺に関与していた可能性は限りなく低いといえる。
また、当時反徳川派の筆頭格であった石田三成が、自らを対象とした襲撃事件による不祥事から五奉行を解任されて豊臣家での立場を失いつつあった事で、挙兵するのに邪魔な存在である非戦派の治長を追い落とす為に仕組んだ謀略ではないかという説がある。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いの時は、やむなく東軍側の武将として戦う事になるも、その戦いで武功を挙げた事が汚名返上となる形で、家康から罪を許される事になり、所有領も15000石にまで加増される。
戦後は、家康の命で「豊臣家への敵意なし」という書簡を持って、使者として大坂城へ向かう事になり、そのまま大坂城へ残る道を選んだ治長は、主導権を握っていた三成が斬首された事もあって、以前よりも強い発言権を持った。

方広寺の事件から大阪の陣

慶長19年(1614年8月における方広寺の鐘銘を巡る事件において、交渉役を務めた片桐且元は、豊臣家を存続させる為に

  • 「秀頼の江戸での参勤」
  • 「淀の人質として江戸に移住」
  • 「秀頼の大坂城からの退去及び国替え」という三択を提案する。
治長もいずれかを選ぶべきだと説得し、聡明であった秀頼も三択のいずれかを選ぼうとしていたが、淀殿や反徳川派の家臣達は激怒して、あろうことか交渉役を務めていた且元を謀反人と見なしてしまう事になり、命を狙われかけた且元は大坂城を退去。
これが原因で一部の武将も豊臣家を見限り、事態を知って呆れた家康も、もはや交渉の余地は無いと見なし、後の大坂の陣へと発展する宣戦布告を行う事になった。

且元追放後、治長は実質上豊臣家を主導する立場となるも、徳川軍との徹底抗戦を主張する淀は、大坂城に残されているを使って、真田信繁毛利勝永後藤又兵衛長宗我部盛親といった大勢の浪人達を招きいれ、武器の調達等も行わせていた。
但し毛利島津といった主だった元西軍の大名達が一切味方につかず、更には総大将に任命される予定であった織田信雄ですらも徳川勢に走ってしまった事から、徳川軍に勝利するのは絶望的と見た治長は、何とか和議によって事を収めようとしたのだが、人生の巻き返しを狙っていた浪人達や主戦派からは疎まれてしまう。
やむなく治長は、指揮官として「大坂・冬の陣」に参戦するも、圧倒的な徳川軍の軍勢の前に豊臣軍は追い込まれてしまい、更には新開発された大砲によって大坂城にまで直接被害が及んだ事から、淀や秀頼を説得して、和議に持ち込む。

冬の陣終結後、和議の条件として大坂城の外堀を埋める事を承諾するも、これが大きな仇となり、防衛の要となっていた真田丸が取り壊され、内堀まで埋められてしまった事で、治長は周囲に激しく非難されてしまい、発言力を半ば失った治長は、木村重成を始めとする主戦派に主導権を奪われてしまい、そのまま「大坂・夏の陣」を迎える事になる。
圧倒的不利な戦況の中、一時は信繁や勝永の活躍によって敵・総大将の家康を追い詰める事になるが、その首を討ち取るまでには至らず、浪人達は次々と討死。結局戦いは豊臣軍の敗北で終わり、治長は秀頼の妻で家康の孫娘でもある千姫と淀の妹である常高院)を大坂城から脱出させ、千姫には「此度の戦の責、全てはこの大野治長にあり、首謀者である自らの切腹を条件に、秀頼公と淀殿の助命を求む」という嘆願書を託す。
千姫と初の脱出後、淀や秀頼、大蔵局、何人かの兵士や女中達と共に大坂城の倉庫にまで追い詰められるが、「落城寸前にまで抵抗し続けた以上、もはや助命は認められない」と、家康に判断を任された徳川秀忠の指揮によって、倉庫に鉄砲の弾丸が撃ち込まれる形で助命嘆願は拒絶され、最後は母・大蔵局や淀、秀頼と運命を共にする形で自刃した。

人物

武将として取り分けて優秀という訳ではなかったらしいが、秀吉が東海道地方へ鷹狩りに出かけた際、それに同行している事から、少なくとも主君である秀吉からはそれなりの信頼を得ているようである。
一方、茶人としての一面もあったとの事で、かの有名な千利休の弟である古田織部に師事し、奥義を極めるまでに茶道を学んだとされている。

秀吉の重臣である石田三成からは嫌悪されていたとされており、前述通り、徳川家康の暗殺計画の首謀者の一人として疑われたのも、三成の謀略ではないかと家臣達の間で噂されていた程である。特別な出自でない身でありながら大名にまで出世していき、伏見城の普請や後継者となる秀頼の側近を任され、淀殿からの信頼まで得ていた等から、自らを豊臣家の重臣と信じていた三成にとって、治長は嫉妬の対象であったとしてもおかしくは無いのかもしれない。

暗殺の容疑を掛けられながらも、関ヶ原の戦いでの功績を認めて許した家康からは、豊臣家最後の忠臣として高く評価されており、治長の死後、徳川の記録『春日社司祐範記』では、「大野修理沙汰して最後に切腹なり。手前の覚悟比類なし」と賞賛さえ贈られている程。

茶々(淀)との関係

大野治長に関して最も有名となるのは、茶々こと秀吉の側室である淀との関係性である。
淀とは、乳兄妹として共に育った間柄で、更には彼女が浅井から柴田、豊臣と渡っていく際も、それに従う形で共に渡っているので、豊臣家の家臣達からは、淀と密通しており、彼女の生んだ鶴松、秀頼の二人は治長との間に出来た子ではないかと噂され、記録等にも残っている。
実際に治長と淀との信頼関係は非常に厚かったとされており、治長に家康の暗殺容疑が掛けられてしまった際も、必死に否定して治長を庇ったとされている。
正室や他の多くの側室達が誰も秀吉の子を身篭らないにも拘らず、淀だけが子供を二回も身篭り生んでいた事も当時より怪しまれており、一説によると、秀吉は幼少期におたふく風邪を患ってしまった後遺症で、生殖能力が失われてしまったのではないかとされている。
また、治長は小柄な秀吉とは対照的にかなり大柄な体格をしていたらしく、同じく大柄な体格だったと言われている秀頼と共通している。
もう一人の父親説には、石田三成が挙げられているが、三成は軍監として朝鮮出兵に参戦している事から辻褄が合わず、否定されている。

因みに一部の記録では、治長の父親である大野定長は、織田家の家臣であったと記載され、定長の長男である治長と織田家の血を引く淀とは、単なる幼馴染み以上に深い繋がりがあったとされている。

関連タグ

茶々/淀殿 豊臣秀頼 豊臣秀吉 太閤記 真田丸

pixivに投稿された作品 pixivで「大野治長」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4747

コメント