ピクシブ百科事典

木村重成

きむらしげなり

日本の戦国武将。
目次[非表示]

概要

大坂の役で豊臣方についた武将。
色白で、女性のような端整な顔立ちに男らしいキリッとした眉毛をそなえた超絶イケメンだったらしい。
性格の方もイケメンだったらしく、木村重成でぐぐるとイケメンエピソードが結構出てくる。

出生から大坂の役まで

幼少時から豊臣秀頼の小姓として仕えていたため、秀頼とは幼馴染の間柄だった。
妻の青柳との関係の始まりは、青柳の一目惚れとされる。大坂夏の陣より少し前に結婚を迎えるが、戦国期の武将としては比較的珍しい恋愛結婚だったという。

最期

大坂の役にて秀頼に従い、豊臣勢につく。大坂夏の陣において勝ち目の無い戦いであると悟った重成は、青柳と最後の杯を交わすと、二度とが脱げないように紐を硬く結び、紐の端を切り落としてから出陣した。髪には香を焚き込めており、首実検の折に徳川家康に賞賛されたとも言われる。
その最後の戦いでは長宗我部盛親と共に敵本隊たる徳川家康・徳川秀忠軍の側面を突くべく八尾・若江方面に出撃し、若江で藤堂高虎の一部隊を敗走させるが、朝よりの進軍と戦闘で兵の疲労が甚だしい事を憂いた家臣よりの後退の進言を「私は大御所の首も、将軍家の首もまだ取ってはいない」と退け、次に井伊直孝勢と戦い奮戦の末に戦死を遂げた。享年23。
残された青柳は尼になり、重成の一周忌を終えると自害してしまったといわれる。

関連タグ

戦国武将 武将
豊臣秀頼 長宗我部盛親 真田信繁(幸村)、後藤基次(又兵衛)
藤堂高虎
イケメン

pixivに投稿された作品 pixivで「木村重成」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28330

コメント