ピクシブ百科事典

母里友信

もりとものぶ

日本の安土桃山時代から江戸時代初期にかけての人物。武将。通称は太兵衛・多兵衛(たへえ、たひょうえ)。黒田氏の家臣。名槍「日本号」の逸話でも知られる。
目次[非表示]

生涯

播磨国飾磨郡妻鹿の国人・曽我一信の子として生まれた。幼名は万助
父・一信は播磨国の小寺氏に仕え、また黒田職隆の与力的な立場にあったとされる。その関係で職隆の子・黒田孝高(官兵衛)に出仕した。後に母里姓を与えられて母里太兵衛に名前を改めた。
筆頭家老栗山利安とは義兄弟である。

その後は、黒田家が関わる主だった合戦にて獅子奮迅の活躍をしていくことになる。またある時は荒木村重によって主君・孝高が捕らえられた際には、危険を承知で安否確認のために有岡城に潜入するなどの忠誠心の高さが伺えるエピソードも残っている。

そして、慶長20年(1615年)に死去。享年60。

人物・逸話

  • 槍術に優れた武将であり、生涯に挙げた首級は76と黒田家中で一番であった。そこから黒田二十四騎の中でも特に重用された黒田八虎の一人として名を連ねる。
  • 友信を語る上で描欠かせない逸話として黒田節の逸話がある。これは黒田長政の使者として福島正則の元を訪れた際に、酒の飲み比べを勧められた。最初のうちは固辞したが、あまりにしつこく勧められたばかりか、家名を貶める発言までされたので受けて立つ事となり、見事に飲み干す事と出来た。この際に「勝てば好きな物を褒美に与える」と事前に言われていたのでここぞとばかりに名槍「日本号」を所望した。正則は自分が言った手前もあり渋々これを了承し、褒美として与えたのであった。


創作上における母里友信


国盗り物語 - 1973年NHK大河ドラマ、演:高津住男
軍師官兵衛 - 2014年NHK大河ドラマ、演:速水もこみち

軍師黒田官兵衛伝

巨漢で豪快な武将。忠誠心は高いが感情の起伏が激しいため、官兵衛の悩みの種である。
素手でをへこませるほどの怪力と優れた槍術を有し武力は最強の「10」だが、大のアル中であり、酒が切れると途端に弱体化する。

関連タグ

戦国武将 日本号
黒田官兵衛 黒田長政

pixivに投稿された作品 pixivで「母里友信」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 264

コメント