ピクシブ百科事典

軍師黒田官兵衛伝

ぐんしくろだかんべえでん

『軍師黒田官兵衛伝』とは、重野なおきによる「黒田官兵衛」を主役とした、戦国時代四コマ漫画である。
目次[非表示]

概要

軍師黒田官兵衛伝』とは、重野なおきによる「黒田官兵衛」を主役とした、戦国時代四コマ漫画である。

信長の忍び』のスピンオフ派生作品であり、NHK大河ドラマ軍師官兵衛』の連動企画として「ヤングアニマルDensi」で連載されている。

あらすじ

1569年、織田信長が京への上洛を果たした頃、西は播磨国にて一人の天才が表舞台に上がろうとしていた。

男の名は「黒田官兵衛」。

「日本(ひのもと)一の軍師」を目指して、男は立つ!

登場人物

黒田家

黒田官兵衛:黒田官兵衛(軍師黒田官兵衛伝)

官兵衛伝の詰め合わせ


本作の主人公、「黒田官兵衛」。
若くして播磨国の大名・小寺政職の家老を勤めながら、「日本(ひのもと)一の軍師」を目指す。
頭は天才的に良いのだが、「事を急ぐ」性格をしており、しかも結構ドジ。
この性格が後々まで自身に災禍を招く事になる。
「祖父の代に目薬屋で財を成した」という逸話から、事あるごとに目薬「玲珠膏」を宣伝している。
(なお、メイン画像は目薬行商人姿の官兵衛である)
側室を持たなかった、という逸話から、正室・光(てる)とはめっちゃラブラブ。

官兵衛とその妻らくがき


竹中半兵衛に対抗心を抱いてる、ように見えて実は花押(サイン)を欲しがるほど憧れている。
小寺家を織田家配下とするべく使者になったのが縁で、羽柴秀吉や竹中半兵衛と縁を持つこととなる。

光(てる):光(軍師黒田官兵衛伝)


黒田官兵衛の妻(正室)。
史書に「才徳兼備」と記される程の才女であり、事あるごとに官兵衛に忠告、進言、という名の突っ込みをする。
常に冷静沈着でありポーカーフェイス、なのだが表向きに装っているだけで実はかなり感情豊か。
官兵衛からの熱いラブラブ攻撃に照れまくるのがお約束


部分的に欠けているのをこっそりと気にしている。
実はけっこう口が悪い
「日本(ひのもと)一の軍師」を目指す、波瀾万丈な官兵衛の人生を支えていく。

松寿丸:松寿丸(軍師黒田官兵衛伝)

黒田官兵衛の長男、松寿丸
後の「黒田長政」。
が嫁いで一年で産まれた(早っ)。
かなり空気を読まない発言をしてはを困らせるのがお約束。
あと逸話が残るレベルでかなりの音痴であったらしく、作中でいつもネタにされている。
信長への小寺家の人質の身代わりとなり、羽柴秀吉の正室:ねねに養育される。
そして「黒田官兵衛人生最大の危機」に巻き込まれることになる。

黒田職隆

官兵衛の父で、黒田家の先代当主。官兵衛と光の結婚を機に家督を譲り隠居していたが、その官兵衛が有岡城に幽閉されたことを受けて一時的に当主に復帰した。
親子だけあって、官兵衛同様「玲珠膏」を周りに勧めている。

栗山善助:栗山善助(軍師黒田官兵衛伝)

黒田家家臣、栗山善助
母里太兵衛と共に「黒田家の両翼」として名を馳せることになる。
「分別者」(真面目・律儀)と評されていた逸話の通りに、生真面目な性格で、官兵衛に突っ込みを入れたり、弟分である太兵衛の抑え役となっている。
「栗頭」で小柄に描かれているが、相応に強い。
あとキレると怖い。
官兵衛に絶対の忠誠心を持っており、「黒田官兵衛最大の危機」に際して活躍をする。

母里太兵衛:母里太兵衛(軍師黒田官兵衛伝)

黒田家家臣、母里太兵衛
栗山善助と共に「黒田家の両翼」として名を馳せることになる。
善助とは正反対に「無分別者」(乱暴・型破り)であったと言われる通り「黒田家最強の男」な猛将なのだが、名槍「日本号」の逸話でおわかりの通り大酒飲みでもあり、アル中レベルでいつも酔っ払っていて、酔っ払いネタで官兵衛や兄貴分の善助に突っ込まれるのがお約束
善助と同じく官兵衛に絶対の忠誠心を持っており、「黒田官兵衛最大の危機」に際して足を引っ張りながらも活躍をする。

織田家

織田信長:織田信長(信長の忍び)

織田家当主、「織田信長」。
信長の忍び』の織田信長と同一人物。
従ってめっちゃ甘党
しかし本作では官兵衛と関わる事で、苛烈で冷徹、且つ情に厚い為政者としての面が示される事になる。

織田信雄

信長の次男。父とは違い根っからの大うつけで弟・信孝からは内心「バカ兄上」などと見下されている。その愚昧ぶりは重臣たちも承知のため、清州会議ではそれゆえ後継者候補から外されている。
秀吉が勝家と争うようになると、大義名分として秀吉に当主として担ぎ上げられる。

織田信孝

信長の三男。信長の子の中では最も父に似た容姿をしている。次兄・信雄に比べれば器量は勝るものの、兄を差し置いて後継者にするとお家争いのもとになるとして清州会議では後継者候補から外される。
秀吉の野心に気づくとそれを制止しようと画策するが、性急さから熟慮に欠けるところがあり、ことごとく裏目に出ている。

柴田勝家

織田家筆頭家老。織田家に取って代わる野心は無く、そこに目をつけた信孝によってお市の方と婚姻し信孝方に引き込まれる。
あくまで織田家による天下統一を目指すものの、お市のことを考えて本拠地を長浜城から北ノ庄城に移したことで秀吉に見限られ、完全に敵対することとなる。

佐久間盛政

勝家の甥にして佐久間信盛の同族。
秀吉と勝家の対立が決定的になると信孝討伐に赴いた秀吉の隙を突いて大岩山砦、岩崎山砦を落とすも佐久間家の名誉回復に拘るあまり勝家の命令を無視して深入りし、二度目の大返しを決めた秀吉に敗れる。

明智家

明智光秀

織田家重臣として秀吉とともに信長を天下人とするべく邁進していたが、不満を感じていたところを何者かに唆されて本能寺の変を起こし信長を弑逆する。しかしその後は誤算が続き、山崎の戦いで敗れたところを落ち武者狩りに遭い致命傷を負うと最期に「生まれ変わったら僧侶として生きたい」と語り死亡する。

斎藤利三

明智家臣。山崎の戦いでは先鋒を務め、高山右近ら羽柴方の軍勢を圧倒する。敗北後捕らえられると、秀吉の「自分と光秀が信長を天下人にするため粉骨砕身していた日々は嘘だったのか」という問いに「決して偽りではない」と答えた後、処刑される。
春日局の父でもある。

溝尾庄兵衛

明智家臣。本能寺の変の後、誤算続きで狼狽える光秀を叱咤し支える。光秀が落ち武者狩りに遭ったときも行動をともにしており、光秀と最期とともにしている。

羽柴家

羽柴秀吉:羽柴秀吉(信長の忍び)

織田家家臣、「羽柴秀吉」。
信長の忍び』の羽柴秀吉と同一人物。
従って基本パシリ
あと宴会武将(おい)。
なのだが、本作では「羽柴秀吉がいかに戦国武将として有能であったか」を軸に語られる事になる。
官兵衛は後に「秀吉の軍師」となるため、実質的に「もう一人の主人公」となっていく。

竹中半兵衛:竹中半兵衛(信長の忍び)

「秀吉軍の軍師」、「竹中半兵衛
信長の忍び』の竹中半兵衛と同一人物。
従って本作でも吐血ネタ多し。
しかし本作は『信長の忍び』より後の時代の物語のため、病状は悪化している。
官兵衛憧れの人物であり、関わり合いを持つ度に官兵衛は舞い上がっている。
そして官兵衛を「次の秀吉の軍師」として認め、「黒田官兵衛最大の危機」に際し、「最後の計略」を為す事となる。


加藤清正

福島正則

羽柴家臣で秀吉の子飼い。人質時代の松寿丸に武術の稽古をつけていた。松寿丸が彼らの影響を受けて猛将を志したことから、官兵衛からは睨まれている。

石田三成

羽柴家臣で秀吉の子飼い。清正や正則とは仲が悪い。妻は『真田魂』に登場する山手殿の妹。
自身の算術に絶対の自信を持っており、鳥取城攻めでは因幡国での兵糧買い付けを任される。

小寺家

小寺政職

黒田官兵衛の主君。
なのであるが、小物で小心者で優柔不断で、織田家に付くか毛利家に付くかで周りの意見に左右されすぎて常に風見鶏となっていた。
官兵衛の才能を買い重用していたが、徐々に疎んじていき、悪知恵を働かせた結果「黒田官兵衛最大の危機」の元凶となる。

荒木家

荒木村重

織田家家臣。
数寄者であり、趣味は名物茶器収集。
コレクションを持ち歩き、いつもぞんざいに扱われてキレるのがお約束。
信長に軽く扱われるようになり不満を持った結果、織田家に反旗を翻す。
官兵衛は村重を説得すべく有岡城に向かった結果「人生最大の危機」に見舞われる事となる。

加藤重徳

荒木家臣で有岡城の牢番。
当初は職務に忠実で官兵衛ともほとんど口を利かなかったが、幽閉されても諦めない姿を見るうちに惹かれていき、救出に忍び込んだ善助を見逃してからは官兵衛生存のために陰ながら協力する。
官兵衛が国府山城に移り住んだ後に再会すると、次男の玉松を養子として預ける。

毛利家

吉川元春

弟の小早川隆景と共に「毛利の両川」と謳われた猛将。
勇猛果敢かつ、かなりの短気かつ頑固者で、いつも隆景になだめられている。
妻:新庄局が醜女(ブス)であったという逸話から、初登場時はこのネタをさんざんいじられた。ひでぇ。
但し良妻であったらしく側室を持たなかったという逸話もあることから、同じく側室を持たなかった官兵衛にシンパシーを感じていた。

小早川隆景

兄の吉川元春と共に「毛利の両川」と謳われた知将。
頭脳明晰で、冷静かつ非常に慎重な性格をしており、先走ろうとする元春の抑え役となっていたり、官兵衛の「事を急ぐ」性格と比べられたりもした。
兄と同じく側室を持たなかったという逸話から、官兵衛にシンパシーを感じていた。

吉川経家

毛利家家臣。
鳥取城に新城主として入城したことから、「鳥取の飢え殺し」の当事者となってしまう。
第2巻後半にて、「鳥取の飢え殺し」が何故起こってしまったのか、如何に経家が「悲運な武将」であったか、その顛末がわかりやすく記されている。

浦宗勝

毛利家家臣。毛利水軍5千を指揮して英賀へ侵攻するも、官兵衛の奇策の前に敗退する。

清水宗治

毛利家臣にして備中高松城の城主。
過去に隆景から大恩を受けたこともあって毛利家には忠実で、決死の覚悟で羽柴軍と対峙。羽柴軍による水攻めで窮地に陥ると隆景は和睦交渉で助命を願うが叶わず、見事な切腹を遂げる。

安国寺恵瓊

毛利家の外交僧。京を追放された将軍足利義昭の世話役も務める。
信長の没落と秀吉の台頭を予言しており、自らを「暗黒の預言者」と称している。

宇喜多家

宇喜多直家:宇喜多直家(軍師黒田官兵衛伝)

戦国まとめ


斎藤道三松永久秀と並ぶ「戦国三大梟雄」の一人、「宇喜多直家」。
暗殺を用いて宇喜多家を再興した、という逸話から、とにかく暗殺が大好き。
何かにつけて全ての事を暗殺に結びつけて考える。それも楽しげに。怖い。
宇喜多家の将来を託すため、官兵衛の調略に応えて毛利家から織田家へと寝返る事になる。
作中、病に没するが、その間際の物語や妻・お福とのやりとりなどの様は「怖くて楽しい宇喜多家」というタイトルとなっている。

思い出のかんざし


息子・八郎は律儀で誠実の子か育てる。

宇喜多忠家

直家の弟。八郎が当主を継いだ後は彼の後見人も務めている。兄の生前は事あるごとに暗殺用の仕掛けで脅されるなど不憫な役回りが目立っていた。
病弱の身であった兄やまだ幼少である甥の名代として軍を率いることも多く、備中高松城攻めでは先鋒を務めたが惨敗している。

福原助就

宇喜多家家臣にして福原城主。官兵衛の囲師必闕の計により城を落とされ逃走するも、最終的に平塚為広に討ち取られ、官兵衛史上最も見事に計略に引っかかった男として名を残してしまう。

余談:『信長の忍び』との繋がりについて

先述通り、本作は『信長の忍び』のスピンオフ派生作品であり、その世界観を同じくするため、織田信長羽柴秀吉竹中半兵衛たちは皆『信長の忍び』の登場人物と同一人物である。
千鳥助蔵たち「信長配下の忍びたち」は、黒田官兵衛たちと「縁を持たない」だけで、こちらの作品内でも存在しており、信長、秀吉、半兵衛は彼らの存在を知っているが、作中では話題に出していないだけである。
千鳥や助蔵たちが「いる証拠」として、発売中の単行本第1巻描き下ろし部分の第1話1コマ目に、千鳥がさり気なくいたりするので参考のこと。
また『信長の忍び』本編では長篠の戦いの直後に、官兵衛が小寺家の使者として信長の元を訪れており、この時に千鳥や助蔵とも顔を合わせており、二人に玲珠膏を薦めている。

関連リンク

軍師 黒田官兵衛伝 - Wikipedia

ヤングアニマルDensi『軍師 黒田官兵衛』
第1話と単行本未収録分まで公開中。

4コマ漫画家・重野なおき先生の 「#軍師官兵衛」 イラスト - Togetterまとめ
史実にネタバレというのもなんですが、いろいろネタバレ多め、注意。

関連タグ

重野なおき
四コマ
ヤングアニマルDensi

信長の忍び

戦国時代
軍師

関連記事

親記事

重野なおき しげのなおき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「軍師黒田官兵衛伝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 132110

コメント