ピクシブ百科事典

宇喜多秀家

うきたひでいえ

日本の大名。宇喜多直家の嫡子。豊臣秀吉の養子を経て豊臣政権の五大老の一人となったが、関ヶ原合戦の後に領土を没収され八丈島に流刑となった。
目次[非表示]

宇喜多秀家(1572年-1655年12月17日?/元亀3年-明暦元年11月20日?)は、日本の戦国時代から江戸時代前期の人物。

概要

備前国岡山城城主の宇喜多直家の長男。幼名・八郎。
初名は家氏だったが、後に豊臣秀吉より偏諱を受けて秀家と名乗る。

秀吉からは彼が織田信長の家臣であった次期より寵愛を受けていたとされており、天正9(1581)年には、秀吉の斡旋によって父の遺領を相続する事を信長から許されている。
翌年の備中高松城攻めの講和後には、備前・美作・備中3国57万石を秀吉より安堵されており、秀吉が溺愛していた養女で彼の親友とも言えた前田利家の娘である豪姫と結婚。その後も秀吉に従軍し、小田原攻め、文禄の役では総大将、慶長の役では監軍として出陣するなど戦功をあげて累進していく。
文禄3(1594)年には権中納言に任ぜられ、更に慶長3(1598)年には、まだ20代後半の身でありながら「五大老」に列せられる等、秀吉存命時期における秀家に対する異例なまでの厚遇ぶりは、養子でありながら酷く冷遇されていった豊臣秀次小早川秀秋とは全くの対照的であったとさえ言える。

宇喜多騒動

武将としての実力は優秀であった反面、父親と対照的に政治に関してはかなりの問題があり、秀吉に過度なまでの厚遇を受けていた結果、すっかり彼の傍にい続ける事を望むようなった秀家は、自分がちゃんと統治しなければならない自国の政治を家臣達へ任せっきりにしてしまい、これが原因で次第に秀家は無自覚の内に信頼を失ってしまう事になる。
更に秀家は、長年宇喜多家に仕えてくれた家臣達を蔑ろにして豪姫と共に前田家から来た家臣達ばかりを贔屓し、日蓮宗徒の多い宇喜多家家臣達に対する妻と同じキリシタン改宗への強要、国の財政が疲弊しきった状態でも鷹狩りや猿楽等の娯楽に金を費やす贅沢三昧な生活を繰り返す等、当主としての問題行動は悪化していく一方となり、秀吉の死後に起きた元・前田家家臣である中村次郎兵衛の専横を巡る問題で、彼の処分嘆願を無視した結果、遂に家臣達の不満を爆発させ、大阪城の宇喜多屋敷を占拠する「宇喜多騒動」を勃発させてしまった。
事態の重さから、秀家は渋々と前田家出身の家臣達を帰国させたが、もはやそれだけでは戸川達安を始めとする宇喜多家に仕えてきた家臣達の怒りは収まらず、大谷吉継でも説得が出来なかった事で、五大老の筆頭格である徳川家康が裁断。内乱という最悪な事態だけは回避できたものの、父の代から仕えてきた家臣達からは、この騒動を機に見限られてしまう事になり、秀家は嫌っていた家康に助けてもらうしかない形で、多くの有能な家臣達を失う事になった。

関ヶ原の戦い

お家騒動の裁断をしてもらったのが原因で、秀家は豊臣家でも影響力を強めていく家康の存在に不満を抱きながらも殆ど逆らえない身となっていたが、前田利家が家康の対策に関する会議が行われた際は、お家騒動の汚名返上に焦っていた事もあってか、率先して家康の討伐に名乗り出ており、利家の死後に石田三成が襲撃された事件の際は、佐竹義宣と共に彼の救出に一役買っている。
その後、失脚した三成が家康の打倒を呼びかけてきた際は、秀吉への恩義を理由に迷わず同意(結果的に、内乱寸前の窮地を救ってもらった家康への恩を仇で返している)。武将としての実力を見込まれていた秀家は、西軍総帥に擁され、西軍最多となる1万7000の兵を持って出陣し、東軍主力を相手に優勢に戦を進めていく。
しかし、兼ねてより家康と通じていた秀秋の裏切りの煽りを受けた結果、敗退してしまい、島津義弘を頼って薩摩国に逃れた。

流罪

慶長8年、島津・前田両家からの嘆願で死罪を免れ、3年後には八丈島に配流された。
この際、嫡子・孫九郎らもつき従い、秀家は剃髪して休復(久福、休福とも)と号した。
困窮した生活の末、明暦元年に死亡。享年83歳。当時は既に江戸幕府四代将軍家綱の治世で、関ヶ原の当事者としては最も遅くに没した。寛永2(1625)年に死亡したという説もある。
一族は明治以降東京に移り住んだが、一部は八丈島で墓の管理をしている。

創作物での宇喜多秀家

采配のゆくえ

名門故のプライドが高く、居丈高な性格。

信長の野望

直家死後の宇喜多家当主として登場。若すぎたせいか、他の五大老に比べていまいちパッとしない能力値に設定されている(毛利輝元よりはマシだが)。家臣は小粒揃いではあるが、突出した能力を持つ者はおらず、周囲の勢力も既に固まってしまっているため結構上級者向け。

2ちゃんねる

「宇喜多備前中納言八郎秀家、豊臣家の御危機を聞き、八丈島より  泳  い  で  参  っ  た  !!!

の名フレーズでお馴染のネタ。
戦国時代板の大坂の陣総合スレ発祥の長文コピペ。
「あの時秀家がいれば勝っていた」という発言に「あの時秀家は八丈島だよ」「八丈島から泳げってのかw」という至極まっとうなやりとりの後投下された長文にスレ住民が大爆笑。
その後八丈島から秀家が泳いで大坂城に入れば大坂の陣を勝てていたというコンセプトでたてられた
「泳 げ よ 宇 喜 多 秀 家」スレッドでも、この長文が貼られた事で再評価される。
しまいにはアンサイクロペディアにまで書かれる始末で、もはや「宇喜多秀家といえばコレ」と言わんばかりの鉄板ネタと化した。

戦国大戦

うきた ひでいえ 。


Ver2.0「1582 日輪、本能寺より出ずる」より、豊臣家の武将として参戦。
直家が亡くなり家督を継いだ直後で、豊臣秀吉に仕えることになって間もないころの姿で描かれている。

スペックは、コスト1.5、武力5/統率5の槍足軽で、特技は「豊国」。
素のスペックはさほど目立っていないが、計略は利便性が高い。
その持ち計略「日輪の大車輪」は、使った日輪の仕様数に応じて武力と槍を延伸しつつ、更にオートで行われる車輪槍撃の間隔も短くなっていく。

「俺が父ちゃんを
    勝たせてやっからな!」


戦国武将姫MURAMASA

7月から暑さ全開!


金髪ツインテタレ目ロリっ娘で、八丈島に流された後の、日焼け跡が眩しいビキニ姿で登場する。一人称は「宇喜多」で、性格は頑張り屋さん。
八丈島を開発するイベント「宇喜多の夏日記」で主役を務めた。嵐が来てせっかく掘った井戸が埋まっても、建てた小屋が飛ばされても、釣り用のイカダが流されても、何度でも諦めずに頑張り続ける姿がプレイヤー達の心を打った。一方で公式twitterでは豪姫に会えない寂しさに一人泣く姿が呟かれており、そのいじらしさに輪が掛かっている。
その後のイベント「宇喜多の夏日記2」では小早川秀秋の謝罪を受け入れて和解したようだが、時期的に宇喜多が八丈島に居る時点で秀秋は既に・・・
また、「島流し」と称される多重アクセスプレイヤーに対する一時アクセス停止ペナルティーの画面にも登場し、「宇喜多と一緒に船を待とうね!!」と呼びかけてくる。因みにプレイヤーの流された先も八丈島である。多重アクセスに対するペナルティーと言うといかにも仰々しいが、サーバーの調子が悪いとクエストやイベントで進むボタンを普通に押しているだけで流してくる事もあるので割と簡単に見ることができる。覚えの無い島流しに憤慨するプレイヤーも覚えのある島流しに恐縮するプレイヤーも癒してくれる。
なお、akinatorもこの宇喜多を知っている。


戦国無双

武器:刀剣(4まで) 大太刀(4Empries) 声:山田真一(2) 岡本寛志(3以降)

南西砦で、何事かあったようだな 明石よ、様子を見て参れ!」(3猛将伝:ガラシャ脱出戦より)
秀家の前に立ちはだかるか! たたっ斬る!」(4Empries特殊台詞)

2では父・直家と同じ師将モブグラフィックで唯一の差別点は能力と武器の違いでしか無かったが、3以降は若武者ボイスとなった。

4Empriesでは父・直家と同じく固有のデザインで登場し、武器の変更と3Empriesには無かった特殊台詞が父と揃って追加された。

真田丸

演:高橋和也
劇中では、養父の秀吉や豊臣家への忠誠心が極めて熱い熱血漢として描かれ、「太閤殿下に死ねと命じられたら、喜んで命を捧げる」と言い切るほど。

ラヴヘブン

乙女パズルゲームの攻略キャラクター。初期レアリティはRでの登場。
異世界の危機を救うため、主人公により召喚された。好奇心が旺盛で、未知の物と出会うと喜々として接触する。趣味は家臣増やし。

pixivに投稿された作品 pixivで「宇喜多秀家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 240995

コメント