ピクシブ百科事典

政宗さまと景綱くん

まさむねさまとかげつなくん

重野なおき戦国4コマシリーズの一つ。
目次[非表示]

概要

 重野なおきによる4コマ漫画。奥州の独眼竜と称される伊達政宗と、竜の右目の名で親しまれる側近・片倉景綱の破天荒な生きざまを描いたギャグあり涙ありの歴史漫画である。
 本作は『信長の忍び』と同一世界線を舞台としており、『信忍』のセルフパロディギャグマンガ『戦国雀王のぶながさん』に先行登場した政宗と景綱をほぼそのまま流用している。『信忍』は1560~70年代が舞台なのでまだ政宗は出ていないが、徳川家康が「将来畏れることになる人物」として背景に1コマだけ登場していたことがある。

 なお、本作は版型こそ『信忍』やそのスピンオフである『軍師黒田官兵衛伝』『真田魂』と同じだが、ヤングアニマル白泉社)系列で連載中のそれらとは異なりリイド社の『コミック乱ツインズ』(連載開始の2012年~2016年8月までは今は亡き『コミック乱ツインズ 戦国武将伝』)に掲載されているため、書店で探す時には注意が必要。

あらすじ

 時は戦国。100年に渡る戦乱により世は乱れ、室町幕府は既に何の機能も果たしてはいなかった。ここ奥州(東北)もその宿命からは逃れられず、盗賊が跋扈し民草はいつ終わるとも知れぬ戦いに巻き込まれて行った。
 そんな最中、奥州探題として名高い伊達家に、一人の少年が生まれた。梵天丸と名付けられたその少年は、病で失った右目と引き換えに、掛け替えのない仲間を得る。その男の名は、片倉小十郎。やがて伊達政宗、片倉景綱と名乗ることとなるその男たちは、欧州の地に大いなる革新を齎していくのだった…主に料理研究とSMプレイで…。

主要人物

伊達政宗

 本作の主人公。もともとは気弱で引っ込み思案な少年だったが、病で腫れた右目を景綱が切り落としたのを契機に豪胆かつ破天荒な男へと変わっていく。愛姫が料理に失敗したのをきっかけに極度のグルメとなり、お菓子御馳走を作るのが大好きな料理オタクと化す。

片倉景綱

 政宗の参謀で、輝宗から託された若殿を星一徹ばりに鍛え上げる鬼教官。知勇に優れているが、抜け目が無く、事あるごとに政宗をいじり倒すドS野郎。しかし心の奥底では政宗に忠誠を誓っており、政宗もそのことを信じている。

喜多

 景綱の腹違いの姉で政宗の養母であり初Hの相手でもある女性。母親からあまり愛されなかった政宗を「斬り落とした目玉を食べられる」と称する程溺愛している。アイデアマンで頭の回転が速いが婚期には恵まれない。実はアラフォー

愛姫

 政宗の正室。坂上田村麻呂直系の子孫であることを鼻にかけまくっていたお転婆姫だが、景綱の奇策がきっかけで政宗と仲を取り持たれた。気風が良く、芯が強いが、まだ若いため感情に流されやすすぎるところもある。

伊達輝宗

 政宗の。おっとりした性格で鬼嫁・義姫にデレデレ。

義姫

 政宗の。かなりキツい性格で巨乳。政宗を冷遇している。

伊達成実

 政宗の従弟で槍の達人。「決して下がらない」性質を持つ毛虫百足が大好きな虫オタク。かなり単純な性格で、景綱からはいいように扱われている。

最上義光

 義姫の兄で政宗の叔父。敵国・最上の領主で、をこよなく愛する食べる専グルメ武将。策略家でありながら筋骨隆々の肉体を持ち、190㎏のを持ち上げる程の怪力を持つ。腹黒い男だが、妹のことは結構大事に思っている。内政にも長けており、政宗にとって最大のライバルとも言える。

関連項目

創作戦国 安土桃山時代 東北勢

pixivに投稿された作品 pixivで「政宗さまと景綱くん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2412

コメント