ピクシブ百科事典

星一徹

ほしいってつ

星一徹とは、「巨人の星」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:加藤精三

巨人軍選手時代は、川上哲治が「幻の史上最高の三塁手」と評したほどの名選手であったが、太平洋戦争の折に徴兵を受けて戦場へと赴き、利き肩を負傷した。そして、以前の様な送球能力を失ってしまったが、妻星春江の励ましなどによって再起した。復帰後は、送球の遅さを補うために「魔送球」を編み出すが、球が当たらぬ事を読まれない行為の過ちに気付き、プロ野球界から去った。

息子星飛雄馬誕生後は、日雇い人夫として家族を養うも野球への未練を断ち切れず、酒浸りの荒れた日々を送っていた。そして、妻の死を経て、飛雄馬への猛烈な野球の英才教育に傾倒する原動力となっていった。

なお、彼がそこまで野球を愛し、自らの子をも巻き込む狂気とも言える行為に手を込めた背景には、巨人軍の同僚達が次々と戦火に倒れていく戦場体験(吉原正喜の戦死に立ち会ったとの事)をした事で、戦友らの無念を自らの子に託した面が大きい。

新巨人の星以後


新巨人の星では、当時50代後半ながら、燃え尽きた事を象徴するかのように、髪は白髪になっていたが、V9後の巨人を案じていた。息子の飛雄馬の復帰には当初は反対するが、右投手としての復帰後は『飛雄馬はもはや自分の作品ではない』とし、これまでと態度を一転、飛雄馬を支える選択を取る。その後は『右投手用ギブス』の作成や、当時の巨人軍にOBとしてアドバイスを行うなどの行動も見せる様になり、当初は飛雄馬からさえ怪訝そうに取られるほどであった。老境に入った故か、壮年期までの厳格さは影を潜めつつあり、長嶋茂雄に『過保護パパに成り下がってはいない』と言いつつも、戦術をコーチングするなどの行動を見せている。ここ以後の彼の最終的な行末は二通りある。


アニメ版『新巨人の星Ⅱ』での最期

アニメ版では、これまでの無理が祟ったか、1978年から心臓病を患うようになり、同年に娘の明子が子を産むと同時に息を引き取り、その人生に幕を下ろす。伴宙太がその最期を看取った。享年58歳。

原作版新巨人の星では

心臓病にかかること無く、存命である。



児童虐待

一徹の行動は昭和のスポコン漫画ではよくあるような事例であるが、現代の基準で言えば間違い無く児童虐待である。

事例

  • 日常的に体罰
  • ボールにガソリンをかけ、火をつけて千本ノック
  • 度を越したマラソン、筋トレの強要
  • 大リーグボール養成ギブスという拘束具の着用を強制する。


問答無用で「児童虐待の防止等に関する法律」第二条に違反しており、「10年以下の懲役又は30万円以下の罰金」は確実である。更に火の玉ノックに関しては、周辺家屋への火災の危険性もあり、消防法への違反も確実であろう。星家の経済状況的に罰金等はまず不可能であろうから、刑務所行きはほぼ確定である。


関連イラスト

進撃の巨人の星



関連タグ

巨人の星 新・巨人の星 巨人 魔送球 ちゃぶ台 星飛雄馬

pixivに投稿された作品 pixivで「星一徹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34997

コメント