ピクシブ百科事典

ちゃぶ台

ちゃぶだい

小型の食事用座卓。大正から昭和にかけて広く用いられた。

解説

お茶の間でお馴染みの食事用の座卓。

基本は方形か円形で、それほどの広さはなく、短い脚は折り畳み式となっている。

読みは「ちゃぶだい」がほとんどだが漢字では「卓袱台」「茶袱台」「茶部台」など。様々。

語源ははっきりせず、有力説では中国語でテーブル掛けを意味する「卓袱」とされる。

明治期に東京で使われ始め、大正から昭和にかけて地方でも一般化、お茶の間の一家団欒の光景を象徴するものになった。

しかし、昭和後期になってダイニング・キッチンと居間の分離が進み、(食堂と居間の機能を兼ねる)お茶の間という住空間自体が過去のものとなっていった。ダイニングキッチンでは脚の長いダイニングテーブル椅子の組み合わせが、居間においてはソファーセットや大型の(長方形の)座卓、電気式のこたつがよく使われる。

その一方で、軽便で容易に片づけられる合理性が再評価され、くつろぎの空間に使われることがある。

関連タグ

生活 家具 テーブル お茶の間 食卓
昭和 懐かしい ノスタルジック レトロ あふれ出る昭和臭 昭和レトロ
レトロフューチャー ちゃぶ台返し
星一徹巨人の星メトロン星人 サザエさん ゲゲゲの鬼太郎
となりのトトロ 三丁目の夕日 ほむホーム(コミカライズ版)

関連記事

親記事

食卓 しょくたく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ちゃぶ台」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 193739

コメント