ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

巨人の星』の主人公星飛雄馬の父一徹怒りのあまり、ちゃぶ台をひっくり返すのだが、巨人の星と言えばちゃぶ台返しと言われるように、毎回のお約束ネタのように扱われた…というのは全くの誤解であり、作中でこれを披露したのは1回だけであり、なぜそのような誤解になったかと言えば、アニメEDでこのシーンが毎回のように流されたため間違ったイメージとして流布される結果となった。
さらに言うと、両手でちゃぶ台をひっくり返すのも間違い。EDで使われたシーンをよく見ると、ちゃぶ台自体はひっくり返っていない。
つまり一般的にイメージされるのは左の絵だが、巨人の星で実際に起きたのは右の絵である。

おまけ
らき☆すた


なお巨人の星の数年後に放送された『寺内貫太郎一家』では貫太郎が怒ってちゃぶ台返しをするのが定番のオチであった。

同様の誤解に「思いこんだら」を「重いコンダラ」と間違えたのは「主題歌で『思いこんだら』という歌詞が流れてるシーンで整地ローラーを曳いているから」というのがあるが、こちらも歌詞のシーンでは整地ローラーは曳いていない(12話本編では歌詞とシーンが被っているが、言い換えれば全編で一回きりである)。

意味が転じて・・・

ちゃぶ台がひっくり返る→卓上の食器や食べ物がめちゃくちゃになる・・・この様を『台無しになる』事や『一度出来たものを意図的にぶちこわす』といった用法で使う事もある。
前者は特に創作作品においては「これまでのストーリーの積み上げを台無しにする」「これまでの設定をひっくり返す」と言う意味で使われる事が多い。
後者に関しては任天堂宮本茂が有名であり、より良い物になるようにする目的で度々「一からの作り直し」を命じてきたと言われている。

関連タグ

ちゃぶ台 巨人の星 星一徹

関連記事

親記事

ちゃぶ台 ちゃぶだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ちゃぶ台返し」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 562544

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました