ピクシブ百科事典

大リーグボール養成ギプス

だいりーぐぼーるようせいぎぷす

巨人の星に登場した悪名高き特訓器具…虐待だろ。
目次[非表示]

概要

巨人の星において、星一徹が息子である星飛雄馬に着用を強制したギプス。

とんでもない威力のバネが使用されており、作中の飛雄馬のセリフによれば「おれの腕力を十分の一以下にしちまう」とのこと。負荷かけ過ぎでは……?

装着した両腕部を禄に動かすことができず、食事もままならない程。
飛雄馬は日常的にこれを着用させられているが、アニメ版でクラスメイトに貸した際に怪我をさせてしまい、一徹に怒られている。
問題はそこじゃねえ!

明らかに児童虐待であり、警察と児童相談所が動くのは確実で一徹は即逮捕である。


派生品として、大リーグボール打倒ギプスと右投手用養成ギプスがある。


花形「全く意味が無い」

この大リーグボール養成ギプスだが、肝心の投手に求められる筋肉と全く関係ない部位に装着されている。
つまりスポーツ医学を持ち出すまでもなく何の役にも立たないのだ!!

機会があったらよく見てほしい。
大リーグボール養成ギプスは、「肘関節をまたいだ」形になっている。
つまり、押し戻される感覚はほんのわずかであり、「手首と肩を直接つなぐ」形(事実、インド版アニメではゴムチューブを使ってそのような形に変更されていた)と比べれば、その効果は無に等しい。

リメイク版である、新約「巨人の星」花形でも花形満に盛大に突っ込まれている。さらに成長期の体に無駄に筋肉をつけてしまった為に、体格に恵まれずにボールが軽いというピッチャーにとって(当時の常識では)大きなハンデを抱えてしまっている…馬鹿か!?

全てはスポーツ医学を無視し、意味もない根性論で虐待を繰り返してきた一徹の責任である。

一応のフォロー

『巨人の星』の連載当時はスポーツ医学などという概念は存在せず根性論がまかり通っていた時代であり、時代背景を考えずに現代の常識であるスポーツ医学という観点から一徹を非難するのはアンフェアではある。

また、体格に恵まれないと球が軽くなるというのは、当時の野球界では常識だったが、現代野球の常識ではボールの軽さと体格はほぼ無関係で、重いボールを投げるにはボールの回転、ひいては指先の感慨の方がはるかに重要である事が知られている。

都合よく当時の常識と現代の常識を使い分けるのは詭弁そのものである。
現代の常識を持ち出すまでもなく当時の常識ですら間違いだと分かっているから問題なのだ。

時代が下って『新・巨人の星』の時代になり、体格とボールの軽さはほぼ無関係という現代野球の常識が広く知られるようになると、球の軽さは本来右利きの飛雄馬を野球に有利な左利きに無理やり矯正した事が原因で、大リーグ養成ギプスはそのための道具だったと(後付けで)説明された…そっちの方が問題だろ!!

飛雄馬が本来の利き手である右で投げた球は左とは打って変わった速くて重い球、ただし上半身と比較して下半身があまりにも貧弱だったため超が付くノーコンだった…やっぱり必要無かったじゃねーか!!

余談

見た目のインパクトが凄いので様々作品でパロディ化されている。
あの野原しんのすけも、野球の練習の際に、主題歌までパロって大リーグボール養成ギプス(という名のベビー用のおんぶ紐in野原ひまわり)を使っている。

また、某プロテインの広告にも使われており、「昔は」という絵でギプスを着けた飛雄馬が、「今は」という絵でプロテインを飲んでる飛雄馬が描かれている。プロテイン飲んでたら野球選手として大成したかも。

ちなみに実はこのギプス、最初は「飛雄馬の身体能力を世間から隠す」という目的で着けさせたものだったりする。「幼いうちからちやほやされると、慢心し才能を伸ばせないまま消えてしまう」と危惧したようだが、でっかいお世話である。

……原作者・梶原一騎のサディズムを表現してくれたものとも読み取れる?
オズマ専用ギブスはほぼ上半身着用、束縛を連想させる。

誤表記

大リーグボール養成ギブス

pixivに投稿された作品 pixivで「大リーグボール養成ギプス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1408

コメント