2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

コンダラ

こんだら

手動式整地ローラーの俗称。『巨人の星』の視聴者の誤認から広まったのではないかといわれている。
目次[非表示]

概要

手動式整地ローラーを指す俗称。俗称の表記・発音ゆれとして「コンダーラー」や「コンダーラ」、「コンダラー」ともよばれる。

pixiv内では殆どが手動式整地ローラーのイラストで占められている。(部分一致含む)

ちなみに、メイン画像のように「枠内に入り、ローラー部分を背にして引きながら走る」というのは誤った使用方法だったりする。
正しくはローラー部分を進行方向に向け、枠外から押して進むもの。引っ張った場合、勢いがつきすぎたローラーに轢かれてしまう危険が。また足跡が残らないよう引いて進む場合も、枠内には入らないのが基本(緊急時に逃げられないから)。

ときめきメモリアル2」及び「ときメモオンライン」では、野球部の奥義として「重いコンダラ」が登場している。

俗称の経緯

以下の2つのどちらかが由来ではないかといわれている。また、俗称の語尾が「~するもの」を示す英単語の語尾"~er"や"~or"と似ているためこの俗称に拍車をかけ、時と共に広まったといわれている。

巨人の星』の主題歌

『巨人の星』の主題歌「ゆけゆけ飛雄馬」の冒頭の歌詞にある

〽思い込んだら 試練の道を(以下略)

の「思い込んだら」の部分をぎなた読みしてしまい(そもそも元ネタ自体、小節を利かせた為に「おっもっいー、ぃこんだーらっ」と発音している)「重いコンダラ」と視聴者が誤認し、広まった。
なお、実はOP映像自体には整地ローラーは登場しない(該当箇所は吹雪の中うさぎ跳び)。
……のだが、

『巨人の星』第12話の1シーン

おそらく「重いコンダラ」が広まってしまった発祥と思われるのは第12話のクライマックスに登場する1シーンである。
飛雄馬が整地ローラーを1人で曳けと言われ、曳こうと力を入れている場面のBGMが「ゆけゆけ飛雄馬」であり、ちょうどこのタイミングで「おっもっいー、ぃこんだーらっ」と流れていた。
絵面的にもインパクトが強く、おそらくこれが誤認され広まったのだろうと推測される。

関連タグ

巨人の星 スポ根 野球
重いコンダラ:表記揺れ

アイカツ!/アイカツスターズ!:特訓でコンダラを使用するシーンがある
遊戯王ラッシュデュエル魔法カード「ヘビー・コンダラー」が登場する
まちカドまぞく:第1期第6話のサブタイトルに『あすへの決意!!重いコンダラ止まらない』と言うものがある。これに関連してか、EDで夕焼けの中、重いコンダラ=手動式整地ローラーを引くシャミ子吉田優子)が描かれている。

参考リンク

巨人の星のオープニングに整地用ローラーは登場しないのに、なぜあれが「コンダラ」と呼ばれるようになったのか(Togetter)

関連記事

親記事

巨人の星 きょじんのほし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「コンダラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80123

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました