2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

スポ根

すぽこん

スポ根とは、スポーツをテーマにした熱血ドラマ、アニメなどの作品のジャンルのひとつ。「スポーツ根性もの」の略。
目次[非表示]

概要

スポーツ」と「根性」を合わせた「スポーツ根性もの」を略した語。

スポーツをメインテーマにした創作のジャンルの一つで、『熱意と根性さえあれば、どんな苦境も打破できる』といった精神論をスポーツに掛け合わせることで、熱いドラマ性を演出する。

特に少年漫画では定番の題材として確立している。その名称から泥臭い響きも感じられるが、美少年や美少女の努力が描かれることも多い。

スポ根漫画とその他のスポーツ漫画の違いは明確ではない。スポーツ要素と根性要素を、恋愛や頭脳戦など他の要素と絡み合わせながら描かれることもあれば、スポーツをメインテーマとしながら現実離れした必殺技の応酬で能力バトルに近いもの、主人公の熱意努力ギャグにするようなコメディ仕立てのものなどもある。逆に音楽演劇といった文系要素をメインテーマにしたものでも、スポ根的な仕立ての作品も少なくない。

スポ根の元祖は、1952年に連載が始まった柔道漫画『イガグリくん』と言われる。同作は「主人公が努力を重ねて頂点を目指す」、「必殺技」、「ライバルキャラが友人に」などのスポ根のフォーマットをすでに確立していた。

スポ根ブーム

1960年代末〜1970年代のアニメや漫画界ではスポ根が流行した。そのきっかけとしてよく言われるのは、1966年に『週刊少年マガジン』で連載が始まった梶原一騎原作作品『巨人の星』である。その現実離れした努力と必殺技の応酬は結果的に超能力バトルものに限りなく近いものになっていき、試合中に死者まで出る異様な試合を描く『侍ジャイアンツ』、『アストロ球団』などの怪作も生まれた。一方、この時期には『キャプテン』や『ドカベン』など、非現実的・超人的な要素が殆どない、比較的リアルなスポーツを描いて大ヒットした作品も多くある。スポ根の隆盛は『アタックNo.1』、『エースをねらえ!』などの少女漫画にも及んだ。

しかし、1970年代後半から1980年代にかけて、古典的なスポ根は『すすめ!!パイレーツ』などのギャグ漫画や、『うる星やつら』のラブコメで茶化され、時代遅れと見なされる存在となっていった。

スポ根ブーム終焉後の1981年に連載されたあだち充の『タッチ』は、スポ根のストーリーの枠組みを踏まえつつ、恋愛をストーリーの軸に据えるラブコメ仕立ての作品として大ヒット。連載当時『タッチ』の軽いストーリーはスポ根のアンチテーゼと受け止められ、ラブコメの一種として見られていたが、実際には主人公の努力友情成長もきちんと描かれており、後のスポーツ漫画に多大な影響を与えたことから「新しいスポ根像を創出した」という評価もされている。

スポ根ものの漫画アニメには不可欠である、ダイナミックな肉体の動きの描写や叙情的な情景描写は、高度な作画技術を要するものであり、作画の向上に寄与した。

表記揺れ

スポーツ根性もの

関連タグ

エンターテインメント作品のジャンル一覧
根性 努力 熱血
スポーツ / 運動 / 競技 運動部 部活動 / 部活
スポーツ漫画 … 関連タグ・関連作品のまとめあり
野球漫画 サッカー漫画

『スポ根』に分類される作品一覧

※漫画に関しては『スポーツ漫画』の頁にも一覧あり。

野球

アストロ球団
男どアホウ甲子園
巨人の星
キャプテン
逆境ナイン
侍ジャイアンツ

サッカー

赤き血のイレブン

バレーボール

アタックNo.1
サインはV

テニス

エースをねらえ!
ベイビーステップ

ラグビー

スクールウォーズ

格闘技

あしたのジョー (ボクシング)
タイガーマスク (プロレス)
リングにかけろ (ボクシング)
はじめの一歩(ボクシング)

武道

空手バカ一代(空手)
柔道一直線(柔道)

フィギュアスケート

銀盤カレイドスコープ
ユーリonICE

その他

バトルアスリーテス大運動会 (陸上)
ドッジ弾平(ドッジボール)
プラオレ!(アイスホッケー)
BIRDIE_WING(ゴルフ)
ウマ娘プリティーダービー(競馬/徒競走)
競女!!!!!!!!(尻相撲)
蒼の彼方のフォーリズム(フライングサーカス)

関連記事

親記事

根性 こんじょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 357721

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました