ピクシブ百科事典

エースをねらえ!

えーすをねらえ

山本鈴美香のテニス漫画。またはそれを原作としたアニメ、ドラマなどの関連作品。
目次[非表示]

山本鈴美香作のテニス漫画。

概要

1973年から1975年、および1978年から1980年まで「週刊マーガレット」にて連載、アニメ化もされ人気を博し、日本にテニスブームを巻き起こした。
スポーツ漫画スポ根漫画)の代表格の1つで、現役時代の松岡修造試合のたびに必ずコミックスを持参したほどのバイブルとしても最近は有名である。

日常描写と厳しい特訓リアル試合描写、敗北勝利、複雑に絡み合う人間関係、試練困難をいかに乗り越え、人間として成長するかがテーマ。お蝶夫人こと竜崎麗香など、インパクトの強いキャラクター達や名言の数々は、普遍的なネタとなっている。

内容

名門、県立西高テニス部に入部した主人公岡ひろみが、コーチ宗方仁に才能を見出され、様々な試練逆境を乗り越え成長する物語である。
宗方は岡を、限界を超えたパワーテニスに導くべく猛特訓を始めるが、宗方の肉体は既に病魔に侵されており…。

少女漫画におけるスポ根作品の代表格であるが、荒唐無稽な必殺技の類は登場しない。竜崎麗香と組んでのダブルスの試合中に、宗方が塩を舐めさせる(痙攣予防)、「ありもしない必殺技などというものに頼るな」と作中でのマンガ的要素の否定、近年では常套技術となったバウンドの上がり端を捕えるライジングショットの描写など、2010年代に「リアルなテニス漫画」として読んでも十分通じる面を含んでいる。

主なキャラクター


映像化

テレビアニメ

1973年10月から毎日放送ホスト・NET系列局他で放送開始されたものの、視聴率不振が元で、わずか半年で打ち切りに追い込まれてしまった。

だが、再放送で再評価された事から、再び製作・放送される事になり、1978年10月から1979年3月にかけて、日本テレビ系列局およびテレビ朝日系列局約2局(ただしいずれも後に日本テレビ系列に「再」ネットチェンジ)、フジテレビ系列局約2局で放送された。
ただし、毎日放送・NET版の続編ではなく、最初から作り直された上、宗像コーチの死まで描かれたため、内容はかなり端折られている。ちなみにタイトルは「新・エースをねらえ」。

アニメ映画

1979年9月に東宝系の映画館で封切られた。
テレビアニメ版の再編集版ではなく、こちらも1から作り直された。故に端折られ具合が相当なものになっていた。

OVA

1988年3月からリリースされたが、後に日本テレビなどでテレビ番組として放送された。
宗像コーチの最後の日々と死、そしてひろみがそれによる失意から這い上がっていく様子を描いた。
原作第2部の半分程度をアニメ化した、とみてよい。
タイトルは「エースをねらえ!2」。

さらに1989年には、ひろみの周りの人たちにかなりスポットを当てた(が、そこにひろみも絡んでいく)オリジナルストーリー「エースをねらえ!ファイナルステージ」が製作・リリースされた

なお、アニメに関しては全てトムス・エンタテインメントが製作を手掛けた。

テレビドラマ

2004年1月から3月にかけて、テレビ朝日系列局(および四国地方の日本テレビ系列局約2局)で放送された。その後同年9月には、2時間特番という形で続編も放送されている。

なお、先述のように現役時代に強い影響を受けた松岡修造が、アドバイザーとしてこのテレビドラマ版に関わっている。

関連タグ

山本鈴美香 スポーツ漫画 松岡修造

pixivに投稿された作品 pixivで「エースをねらえ!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83165

コメント