ピクシブ百科事典

竜崎麗香

りゅうざきれいか

山本鈴美香の漫画、及びそれを原作とする映像作品群『エースをねらえ!』の登場人物。
目次[非表示]

CV:池田昌子('73&'78版)/ 榊原良子('88&'89版)、演:松本莉緒('04ドラマ版)

概要

お蝶夫人の通称で有名な、県立西高校テニス部のエース。初登場の時点で二年生である。
立ち振る舞いに気品があり、高潔な精神とそれに見合った実力の持ち主であることが描かれている。登場シーンにはよく花が舞っている。

金髪ポニーテールをゴージャスな縦ロールにし、華やかな顔立ちもあってまるで貴族のような容姿であるが、れっきとした高校生である。

生徒会副会長を務め、テニスプレーヤーとしては超高校級の実力者。また、父親は庭球協会理事である。
生徒会活動が忙しかったためか、テニス部では優れた実力を持ちながらも役職についていなかった。

自分に憧れていた岡ひろみをテニス部に誘い、さまざまな葛藤から厳しく対応したこともあった。しかし、関東女子大会ではダブルスの相手役を務め、卒業後ものように可愛がっていた。

お嬢様キャラとしての影響

「よくってよ」「それではお暇しなくては」など、お嬢様言葉にルーツを持つ独特な言葉遣い、前出の髪型、「わたくしがなんとかしなければ」という強力なリーダーシップを持つ人物であり、その後のお嬢様キャラに大きな影響を与えることとなった。
特に「金髪・ドリルヘア(縦ロール)・大きなリボン」というインパクトのある髪型は、エースをねらえ!連載スタートから一年後に連載がスタートしたおにいさまへ…一の宮蕗子や、そこから更に一年遅れで連載がスタートしたガラスの仮面姫川亜弓などのキャラクターにも反映されている。

全てのお嬢様キャラクターは竜崎麗香に通ず。

作中での活躍

ここでは原作でのお蝶夫人の活躍について記述する。

初登場から、優れた実力とカリスマ性から、テニス部員以外にも一目置かれる存在として描かれる。
自身に憧れてテニスを始めたひろみのことを常に気にかけ、基礎的な技術のレッスンやラケット選びなども手伝った。その一方で、宗方仁に執着され、自身とも親しい藤堂との仲も深まっていくひろみに女性としての嫉妬も感じていた。また、才能を伸ばし続けるひろみに次第に追いつかれ、選手としての焦りを見せるようになっていった。
関東女子大会ではひろみとペアを組み、優勝。
大学進学後もテニスを続けていたものの、世界レベルに到達したひろみと、プレイヤーとして組むことは叶わなかった。物語終盤のウィンブルドンに向けた強化メンバー選考会ではひろみとともに選手候補に選ばれたが、肉離れが原因で候補から外れることとなった。
しかし緑川蘭子とともに、試合の場以外でもひろみを支え、「わたくしはひろみにとってテニスの母である」という強い信念のもと、彼女を選手として、そして愛すべき友人として、献身的に接し続けた。

将来は弁護士の道を選ぶことが示唆されている。

なお、彼女の最終的な実力については明確な描写がない。
原作では全ての試合でひろみに勝利、または引き分けとなっており、アニメや劇場版では全日本ジュニアの選抜後、特別試合で一回負けたのみである。
ひろみと、単純なライバルではなく、よき先輩後輩として互いに尊敬し、支え合う関係で決着したのは、お蝶夫人の気高さと愛情深さを象徴するような結末である。

メディアミックスによる相違

原典では彼女のバックハンドストロークは片手打ちだが、上戸彩主演でTVドラマ化された時は両手打ちとなっていた。

関連タグ

エースをねらえ! お嬢様 深窓の令嬢

関連記事

親記事

エースをねらえ! えーすをねらえ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「竜崎麗香」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23466

コメント