2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました。

詳細
目次[非表示]

担当声優/女優

TVアニメのパイロット版(1984年)小山茉美
エイケン版TVアニメ(1984年)松島みのり
トムス・エンタテインメント版TVアニメ(2005年~2006年)矢島晶子
OVA(1998年)松井菜桜子
『3ねんDぐみ ガラスの仮面』(2016年)大久保瑠美
テレビドラマ(1997年)松本恵/中村愛美(完結編)


概要

有名映画監督の姫川貢と大女優の姫川歌子を両親に持ち、容姿端麗頭脳明晰な「演劇界のサラブレッド」と呼ばれている。

美貌才能と家柄に恵まれ、世間や周囲からは「何一つ不自由なく成長したお嬢様」と思われがちだが、実際は子供の頃から「親の威光に依らず自身の実力で評価されたい」と渇望し、名声の裏側で、人知れず血のにじむような努力を積んで周囲に自分を認めさせてきた。
演劇の鬼ともいうべき性格であり、役の本質をつかむためにはあらゆる手段を模索し、どんな苦労や負担も厭わない。
完全な天才肌である北島マヤとは対照的な「努力する秀才」タイプであり、技術ではマヤに勝っているという自負はあるものの、その差を軽く飛び越えてしまう彼女の才能に4度も敗北感を味わっている。

初期は意地悪な言動を取ることもあったが、やがて『自分の唯一のライバル』とみなすようになる。それと共にある種の友情ともいえる絆も(本人は無自覚なようだが)芽生えていった。
彼女が精神的に打ちのめされ演劇を放棄していたときには、その身を案じながらも「私の前から消える事は許さない」と一種の怒りにも似た感情と共に叱咤激励。その後、立ち直ったマヤが再び紅天女を目指すことを聞いたときには心からの笑顔とともに「(マヤが自分と肩を並べる様になるまで)待ってるわよ」と言葉をかけた。

また、乙部のりえが卑怯な手段を使ってマヤを陥れ、芸能界から失脚させたことを知った際には「役者の風上にもおけない」と激怒し、あれ程嫌っていた親の七光りを使ってまで役を手に入れて彼女と同じ舞台に立ち、『小細工なしの本物の演技』による鉄槌を下して仇討ちを果たした。

マヤを誰よりも理解し、誰よりも近い立場にあるがゆえに、マヤの才能の大きさに人一倍の戦慄と驚嘆の情を抱き、世間的にはマヤに先んじた評価を受けているものの、亜弓自身は1度も上に立ったと感じたことはない。もちろん、マヤ自身も亜弓に劣らぬ努力を重ねているのだが、亜弓が苦労の末に獲得とした「役との一体感」をなんの苦も無くものにしてしまう天性の才能、それが大きな壁となって彼女の前に立ちはだかっているのである。

それゆえマヤを誰より近しい存在と思いつつ、内心では多大な嫉妬心と羨望が人知れず渦巻いてもいる。
紅天女の試演で滞在していた梅の谷を去ろうとした時、壊れかけたつり橋を通ろうとするマヤに気付いて結果的に助けたものの、その直前、自分を圧倒する彼女さえいなくなればという思いに救助を躊躇してしまう。
実力だけを頼りにしてきたはずの自分が、自らが軽蔑していたはずの「役者の風上にもおけない」卑怯な手段を使おうとしたこと、そんな醜い感情を持っていたことに打ちのめされた亜弓は、負け犬のまま終わりたくないという思いで踏みとどまる。
そして、マヤと本音をぶつけ合い、キャットファイトに至るまでの激しい喧嘩を繰り広げた末に、改めてお互いをライバルと意識し合い、正々堂々と戦い抜くことを誓って奮起した。

最初は主人公北島マヤライバルポジションだったが、話が進行するにつれ作者の美内すずえの思い入れが深まっていき、所謂「もう一人の主人公」となっている。

関連タグ

ガラスの仮面 女優
北島マヤ 月影千草 桜小路優 姫川歌子
百城千世子…どちらかというと努力タイプの女優。ライバルが天才肌という共通点も。

関連記事

親記事

ガラスの仮面 がらすのかめん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 94064

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました