ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「私達 俳優の使命は観客を虜にすること」
「素顔を晒して ありのままに演じることを人間と言うなら」
「だったら私は 人間じゃなくていい」


プロフィール

誕生日4月1日
身長157cm
好きな食べ物(公式)生クリームビスケットマシュマロ
好きな食べもの(非公式)なまここのわた松前漬け
好きな昆虫(非公式)オキナワオオカマキリヤエヤママルヤスデロイコクロリディウム
好きな映画晩春ローマの休日時をかける少女(1983)、花とアリス


※好きな昆虫に挙げられている奴らは検索しない方が無難。(少なくともロイコクロリディウムは、検索してはいけない言葉扱いされている)

概要

漫画「アクタージュact-age」における、所謂ライバル的ポジションのキャラ。
大手芸能事務所「スターズ」所属の若手トップ女優で、社長の星アリサ曰く「必ず大衆の心を虜にする私の最高傑作」。

夜凪景とはさまざまな面で対照的なキャラで、髪形(ショートロング)と髪の色(黒と白)を始めとして、(役者の)原石と世代トップというポジション、演技方法(後述)などの面で正反対。

演技方法については、夜凪が役の感情をがっつり掘り下げてそれになりきるのに対して、千世子は役の感情を一切掘り下げない。その代わりに誰よりも自分の魅せ方を把握し、悪く言えば上っ面の芝居、よく言えば自分自身の魅力を表現することで勝負するという方式をとっている。
夜凪がみせる周囲の役者を食いがちで暴走するリスクもある演技と違い、常にスタッフが求める通りの演技ができるため、かなり扱いやすい役者であるといえる。

人物

“天使”の異名を持つ若手トップ女優。scene.1から広告にて登場。ふわふわの白いショートヘアーに中肉中背、美人可愛い系少女。

昔(役者デビューの時)から映画の成功のことしか考えていないらしく、共演者の出演作を前もって全部チェックして実力を計り、いざ撮影中にNGを出されそうになったらカメラアングルを把握したフォローしたりと自分の出番中は監督に絶対OK出させるマンと化す。
台風の影響で撮影スケジュールが乱れた時は、絵コンテすら把握し始めて自分のシーンの撮影を1カット五分以上の長回しでこなしていくという役者の領分を超えた技を使い撮影時間を短縮、クライマックスでの夜凪との共演シーンのカットを阻止している。本人曰く、二日前なら改稿のしようがあったけど今更では遅く、三幕構成を守らないと観客を騙せないからだとか。
そこから二度目の台風が来たときには台風の中で夜凪とのクライマックスシーンの撮影を強行するという、どう考えても命知らずな行為に及んでいる(しかも夜凪の方も俄然やる気)。

映画の興行的成功、すなわちキャスト・スタッフの時間と労力・宣伝コスト・そして大衆の期待、それら全てを一人で背負う彼女は、だから強く美しい“天使”となったという。

そんなぶっ飛んだ役者の彼女であるが、からかい好きでお茶目な感じも垣間見えている。
夜凪のTシャツに共演者がサインをする流れになったとき、彼女が千世子のサインもほしいとお願いしたとき「(料金)高いよ?」と返したり、「夜凪さん、ちょっと反省か……デートしに行こうよ」と言って連れ出したりしている。


経歴

昆虫と他人の横顔が好きな変な子供だったという。本人曰く横顔については、「誰かから見られていると思いもしていない、そういう無意識の表情を盗み見るのが大好きだった」とか。(なので、どこぞの人間観察が好きな情報屋とは違う)

それをプロフィール帳の「好きなもの」のところに書いたら気味悪がられたことで、自分の横顔がどう見られているのかが(要するに他人の視線が)気になりだし、逃げるように作り物の世界に没頭した。
そして何らかの機会で星アリサと出会い、彼女から言葉をかけてもらったことで役者の道へと入ったようだ。

自分の身体・振る舞いを調整、自分を撮るカメラの性能を熟知して、エゴサーチから自分の印象を把握・軌道修正する。作り上げた仮面、見られてる自分を完全に把握できる女優という職業は天職のように感じている。
反面、その仮面が強固になっていくほど一人になっていくようにも感じたが、それでもよかったという。

そんな中、仮面があることを見抜いてくる人物が現れた。
見抜いた上で、その作り上げた仮面ごと自分を大切にしてくれる人が現れた。


関連イラスト

コーヒーフラペチーノ

  

百城千世子



関連タグ

アクタージュact-age 夜凪景 女優 

百合?(百合が苦手な方は閲覧注意)






















千世子ちゃんマジ天使



さすがに本編ではここまでやってない。ジャンプですから。

とはいえ、劇中のセリフ、扉絵、単行本収録のオマケなどで、燃料を投下しているのは間違いない。

例えば……

  • 撮影終了後の打ち上げにおいて、二人で線香花火を楽しんでいる←単行本三巻のオマケ絵
  • scene17の扉絵で百合の花を持っている
  • 夜凪の服に共演者がサインをする中、胸の部分にデカデカとサインを入れる
  • 「夜凪さん、ちょっと反省か……デートしに行こうよ」←(人物欄でも言ったけど)大事なことなので二回言いました


夜凪の側も、

  • 千世子を観劇に誘おうとするが、思春期の男子中学生みたいにLINEのメッセージを送ることに躊躇する
  • 「千世子ちゃんを綺麗とか糞とかそんな目でみないで!!」(黒山の、「千世子は媚の精度が高すぎて誰からも綺麗に見える、俺から言わせれば糞だけど」という発言に対して)

また、彼女の回想の中でも度々千世子が出てきていることから、千世子が夜凪に対していかに大きな影響を与えた人物であることが分かる。

ちなみに、ツイッターで作品名を検索すると、サジェストに百合と出てくるほどには需要があるようだ。

関連記事

親記事

アクタージュact-age あくたーじゅあくとえいじ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「百城千世子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 191160

コメント