ピクシブ百科事典

魔法カード

まほうかーど

「遊戯王 オフィシャルカードゲーム」シリーズに登場するカードの一種。手札から魔法・罠ゾーンに置いて効果を使用し、基本的に発動後は墓地に送られる。カード枠は緑色。
目次[非表示]

概要

遊戯王OCGに登場するカードの種類。基本的に自分のメインフェイズに使用可能なカードで、その効果でデュエルにさまざまな影響を及ぼす。その効果はプレイヤーにダメージを与えたり手札を補充したり、フィールドのモンスターを強化・弱体化・破壊するなど多岐にわたる。

読みに関しては「まほうかーど」なのだが、アニメ版では稀に「マジックカード」と読む場合も存在する。

魔法カードの種類

魔法カードには6つの種類が存在している。

  • 通常魔法 - 魔法カードの中で最も一般的なカード。効果を発動したあとはすぐに墓地に送られる。アイコンは無し。
  • 永続魔法 - 発動後も自分の魔法・罠ゾーンにとどまり、フィールドを離れない限り効果を発揮し続ける。アイコンはマーク。
  • 装備魔法 - フィールドのモンスター1体を対象に発動し、そのモンスターに装備させる。永続魔法のように場に残り、装備したモンスターに効果を及ぼし続ける。アイコンは十字。
  • 速攻魔法 - 他の種類の魔法カードとは異なり、自分ターンならいつでも手札から発動できる。さらに、セットすれば相手ターンでも使用可能になる。ただしセットしたターンは発動できない。アイコンは雷のマーク。
  • フィールド魔法 - 他の魔法カードとは異なり、「フィールドカードゾーン」に置いて使用する。存在する限りフィールドの全てのモンスターに効果を及ぼし続ける。フィールド魔法カードは1枚しか表側表示で存在できない。アイコンは手裏剣のようなマーク。
  • 儀式魔法 - 儀式モンスターの降臨に必要なカード。詳しくは儀式モンスターの記事を参照。アイコンは燭台のマーク。

魔法カードに関するルール

速攻魔法を除き、魔法カードは自分のメインフェイズに使用できる。
魔法カード発動の手順は以下の通り。

1.魔法カードの発動を宣言し、手札から魔法・罠ゾーンに魔法カードを表側表示で置く。
 「オレは手札から魔法カード、『死者蘇生』を発動!」
2.発動のためのコストや対象を選択する必要があれば、その指示に従う。
 「オレは墓地の『ブラック・マジシャン』を選択!」
3.魔法カードの効果を処理する。
 「『ブラック・マジシャン』を墓地から特殊召喚。蘇れ、ブラック・マジシャン!」
4.これで効果の処理が終了。魔法カードを墓地に置く。

このように処理する。ただし、永続・装備・フィールド魔法の場合は発動後も場に残り続ける。
セットしてある状態からの発動も同様。ただし、速攻魔法だけはセットしたターンには発動できない。

なお、モンスターの通常召喚とは違い、1ターンに何回でも使用可能である。

関連イラスト

強☆欲
賢者の石-サバティエル


謎はすべて解けた
早杉 舞子ちゃん



関連タグ

遊戯王 遊戯王OCG
罠カード
通常モンスター 効果モンスター 儀式モンスター
エクストラデッキ ペンデュラムモンスター

pixivに投稿された作品 pixivで「魔法カード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35621

コメント