ピクシブ百科事典

リンクモンスター

りんくもんすたー

「遊戯王 オフィシャルカードゲーム」シリーズに登場するモンスターカードの一種。素材となるモンスターをリンクの数だけフィールドから墓地に送る事で、その合計の数と同じリンクマーカーを持つリンクモンスターを召喚することができる。カード枠は紺色。
目次[非表示]

リンクモンスターは、リンク召喚によって呼び出されるモンスターの総称である。
リンク召喚という召喚方法は『遊戯王VRAINS』で初登場。
綴りは「Link」であるが、テキスト上では「リンク」とされている。

概要

紺色のカード(ハニカムらしきものがデザインされている)。
レベル・ランク・守備力を持っていないのが特徴。特に守備力を持たない点は、守備表示に変更できず、常時攻撃表示しか取れないため、ルール的にも大きな影響がある。
また、これらの要素に関わるカード効果を受ける事はない。無いからといって0扱いにはならないので注意。

召喚素材となるモンスターカードの数を、召喚するリンクモンスターのLink数と一致させることで召喚できる。シンクロ召喚と似ているが、基本的にレベルは不問なのでエクシーズモンスターも素材に使える。(素材指定に反している場合は当然使えない。)
テキストには最低限の素材の条件が決められているものの、リンクモンスターを素材とする場合、そのモンスターのLink数分の素材として軽減できる。「カイザー・シーホース」などの“アドバンス召喚時に2体分のリリース扱いとなる効果”やアニメでよく見られた“2体分のエクシーズ素材となる効果”と同じようなものだと思えば判りやすいだろう。(実際アニメ『VRAINS』でも同様の説明がされている。)

例えばLink4のリンクモンスター「ファイアウォール・ドラゴン」を召喚する場合には、

  • Link数と同数のモンスター4体
  • Link3のモンスター1体とそれ以外のモンスター1体
  • Link2のモンスター2体
  • Link2のモンスター1体とそれ以外のモンスター2体
といった組み合わせでリンク召喚が行える。

いろいろと条件はあるが特殊召喚なので、1ターンに何度でも出来る。

リンクマーカー

リンクモンスターが有する特性の1つ。
イラストの周囲に八方向の矢印があり、Linkの数だけ持っている。
矢印の向いた方向は新マスタールールにおいて導入されたエクストラモンスターゾーンと同じになり、エクストラデッキからの特殊召喚を拡大する事が出来る。
ただし、矢印が相手のモンスターゾーンに向いているものもあるため、場合によっては利敵行為に繋がる点に注意が必要である。

リンクモンスターの持つ効果はリンクマーカーと連動しているものが多い。
リンクマーカーが指し示しているモンスターゾーンは「リンク先」、そこにモンスターがいる状態を「リンク状態」と呼ぶ。
また、複数のリンクモンスターのリンクマーカーが向き合っている状態を「相互リンク」と呼ぶ。

アニメVRAINSにおいて

アローヘッド確認、召喚条件は(リンクモンスターに応じた条件を満たすモンスター●体)
~は(A)、(B)、(C)をリンクマーカーにセット、サーキットコンバイン!

リンク召喚に必要なモンスターが揃った時に、OCGにおけるリンクモンスターカードのイラストの外枠を模したような「サーキット」を呼び出し、サーキットに付いている8つの矢印を示す「アローヘッド」のリンクマーカーに、リンク素材となるモンスターをセットする、という流れになっている。
この際、該当のリンクマーカーが赤く変化する演出がされている。

なお、ここでのサーキットは「回路」という意味。
リボルバーを始めとするハノイの騎士は「未来回路」と表現している。

リンクモンスター一覧

リンク2
アカシック・マジシャン
星杯神楽イヴ

リンク3
エクスコード・トーカー
エンコード・トーカー
デコード・トーカー
パワーコード・トーカー

リンク4
ファイアウォール・ドラゴン
ヴァレルロード・ドラゴン

関連タグ

遊戯王 遊戯王VRAINS 遊戯王OCG
通常モンスター 効果モンスター 儀式モンスター 融合モンスター シンクロモンスター エクシーズモンスター ペンデュラムモンスター エクストラデッキ

pixivに投稿された作品 pixivで「リンクモンスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2273

コメント