ピクシブ百科事典

カイザー・シーホース

かいざーしーほーす

遊戯王OCGに登場する海竜族の効果モンスター。

カードテキスト

効果モンスター
星4/光属性/海竜族/攻1700/守1650
(1):光属性モンスターをアドバンス召喚する場合、
このカードは2体分のリリースにできる。

概要

1体でアドバンス召喚2体分のリリースを賄うことができる、俗に「ダブルコストモンスター」と呼ばれる効果モンスターの第一号。また、遊戯王OCGにおいて初となる「水属性ではない海竜族モンスター」であり、当時としては非常に珍しい「(リリースや融合などの)一切の召喚条件が無い海竜族モンスター」であり、そしてこれまた当時としてはたいへん貴重な「海竜族の効果モンスター」でもある。……当時の海竜族の層の薄さを浮き彫りにしてしまう存在と言える。

このカードが初登場したのはストラクチャーデッキの海馬編。当然、メインとなる用途は青眼の白龍のアドバンス召喚サポートである(このカードの収録されたストラクチャーデッキには、そのコンセプトから青眼の白龍が3枚も投入されており、そのリリース要員の確保を目的としているのかクロス・ソウル強奪なども収録されていた)。また、攻撃力がそれなりにあるため、普通に戦闘要員も兼ねることができた。

レベル4にしては中堅以上のステータスや海竜族である点などから、サポートカードの幅が狭いという軽視できない欠点がある。また、「光属性最上級モンスターのアドバンス召喚」という対象が極めて限定された効果であるため、活用できるタイミングが限られてしまっているのも難点。このカードの恩恵を受けられるモンスターなら、現在はフォトン・サンクチュアリを利用する方がリスクも小さいため、優先度は低くなりがち。それでも決して無価値なわけでもないので、光属性中心のデッキに忍ばせておけば、意外なところで活躍してくれるかもしれない。

余談だが、通常魔法カードのコンバート・コンタクトのイラストにはこのモンスターと共にブラッド・ヴォルス復讐のソード・ストーカーが描かれており、まるで対戦相手が海馬であるかのような構図となっている。加えてこちら側の手札にはネオスペースなどが見て取れ、まるで遊城十代を彷彿させる構成である。つまりこの状況はもしや……?

pixivに投稿された作品 pixivで「カイザー・シーホース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45

コメント