ピクシブ百科事典

野原ひまわり

のはらひまわり

クレヨンしんちゃんに登場する野原しんのすけの妹。

概要

CV.こおろぎさとみ

作品初期は野原家におらず、作中でみさえが妊娠、出産して生まれた。
名前は一般公募で決まった。アニメではしんのすけが命名したという設定。
母親に似て光りもの(宝石貴金属)が好き(なお、宝石の模造品をすぐに見破る強い鑑定眼の持ち主。ちなみに光りものの対象は寿司鼻水なども含まれている)。イケメンに目が無いなど0歳児にしてはたくましい。また、「温泉わくわく大決戦」では指宿の巨乳を気に入っていた事から年相応におっぱいも好きな模様。

茶髪・水に濡れてもすぐ元通りになるほど強力なクセ毛で、渦巻き状の前髪がチャームポイントだが、ドライヤーは嫌い。
赤ちゃんらしく周囲の状況を気にかけない行動で大人たちを翻弄するが、しばしば0歳児にしては高度すぎる判断力を見せる。
赤ちゃんなので移動する際ははいはいしかできない。そのため、急ぐ際はシロにまたがって移動することが多い。また、はいはいしかできないはずなのだがケツだけ星人ができる。
しんのすけの下ネタで喜ぶなど独特の感性もある。またしんのすけ同様、読者・視聴者の方を向いて笑わない。
あのお兄ちゃんにしてこの妹あり。
赤ちゃんなので基本的には喋れないものの、偶に意味のある言葉…らしきものを発する事がある。「世界の国おもしろブック」では気に入った物の名称を即座に習得する能力を発揮している。尚、よほど気に入った為か対象の名称しか喋らなくなってしまった。

なお、体力も赤ちゃん離れしており、ヒモで繋がれたみさえを引っ張る怪力を持つ他、「嵐を呼ぶジャングル」ではしんのすけ達かすかべ防衛隊が行方知れずとなった大人達を探しに孤島のジャングルへ向かったきり、戻って来なくなった際に痺れを切らして自らも食料とオムツ持参でシロと共に兄の跡を追って島中をハイハイで進んだり、に落ちたりしてもピンピンしていた。普段はシロに乗って移動力の低さをカバーしている事を考えても、充分にすごい。更に飢えていた防衛隊メンバーにミルクを分け与えるなど他者を思いやる心も持ち合わせている…ホントに赤ちゃんかお前…!?
また、ヒーローや白熊などに変身した事もあり、「オトナ帝国の逆襲」ではしんのすけやシロと共に敵から逃げる際、しんのすけに背負われながら迫り来る敵の位置を的確に教え、追っ手を振り切ることに成功していたが、やはり驚異的な身体能力は健在であった辺り、知能面・戦闘力は野原一家の中でも相当高いのかもしれない。

しんのすけとは些細な事で喧嘩する事はあれど、劇場版ではしんのすけと息のあった連携プレーを披露するなどしんのすけとは固い絆で結ばれている。


しんのすけ達同様、歳を取らない永遠の0歳児だが原作では2歳や5歳(兄同様、アクション幼稚園に通う)のエピソードも存在する。オラの花嫁では大人になったひまわりが登場した。

劇場版では「暗黒タマタマ大追跡」で初登場して以降全作品に出演しているが、基本的に赤ん坊ゆえ目立った活躍の機会はしんのすけ、ひろし、みさえなどに比べると少な目であるが2016年の「爆睡!ユメミーワールド大突撃」では赤ん坊という特徴を最大限に活かした活躍を見せた。


「新クレヨンしんちゃん」では5歳になった姿(これ自体は「旧」末期の番外編にも登場している)が描かれ、ができたことが明かされた。

関連タグ

クレヨンしんちゃん 大人ひまわり
しんこちゃん:ひまわりの未来の姿ではないかという節がある少女。
トゲピー:ポケットモンスター(アニポケ)の声優ネタ及び赤ちゃんキャラ繋がり。サトシのピカチュウとカスミのトゲピーの光景は人によってはまさにしんのすけ&ひまわりを連想させる。

関連記事

親記事

野原一家 のはらいっか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「野原ひまわり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 663519

コメント