ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

CV:???(※CSで追加された、とある回のEDでは公開されている)

しんこちゃんとは、『クレヨンしんちゃん』のキャラクター。

原作漫画には登場しないアニメオリジナルキャラクターである。


初登場は2008年12月5日放送の『謎のしんこちゃんだゾ』。


風貌は茶髪(後ろ髪がカールしている)で、水色のワンピースのような服を着ており、顔は野原しんのすけやその妹・野原ひまわりとそっくり。

年齢はしんのすけと同じ5才と思われる。


しんのすけと初対面の時点から、なぜか野原家の事情やご近所さんのことなどにやたら詳しかったり、しんのすけの交友関係も知っていたりとミステリアスな人物。

さらにはシロの扱いにも長けており、ひまわりとも小細工なしで仲良くなっている。


周りを気にする事のないマイペースな性格で、登場のたびにしんのすけと同様に周りを振り回している(流石にしんのすけと相対した時は、彼のペースに巻き込まれていたが)。

大人びた言動だが、時にしんのすけのような言い間違い、書き間違いをするなど、年相応の一面を見せる。

しんのすけ・ひまわりと同じく笑う時に後ろを向く癖があるほか、ひまわり同様に宝石などを好む。


ちなみにしんこが出没する際には常にソフトクリームのような渦巻き状の黒い雲が発生している(雲の位置はしんこのいる場所に連動して移動している描写がある)。

またさよならという言葉が嫌いらしく(本人曰く「さようなら」と「オナラ」の音が似ているから)、挨拶なしにトイレに入ったまま突然いなくなる事が多い。しんこが消える際にはトイレの水が流れる音が聞こえ、それと同時に雲も消失する。ただし『しんこちゃんまたまた!だゾ』の回ではとある理由により、普通に玄関を出て帰っていった。


2009年4月30日放送の『さいごの?しんこちゃんだゾ』の回で初めてしんのすけと対面。その際「実は5年後の未来からやってきたひまわりの友達で、野原みさえに怒られすぎているので、みさえがひまわりの本当の母親か確かめにきた」と自身の身分や目的について語った。

そして、しんのすけの「5才児は母ちゃんに叱られる運命、そのうち叱られなくなる」という発言を聞いた後、未来に帰って行った……


……と思いきや、2009年10月30日放送『しんこちゃんたびたびだゾ』にてシロに似た2匹の子犬「ジュ」「ニア」を引き連れて再登場(犬語翻訳機という珍妙な発明つき)。

みさえには「整理整頓」、ネネちゃんとあいちゃんには「仲良く」、しんのすけに「妹を大切に」というメッセージを伝えた。

また、この回ではアジトのような場所(「ラベンダー」という喫茶店)があることが描かれた。喫茶店の「マスター」も登場し、しんことなんらかの関わりがあることが示唆されたが、詳細は不明のまま終わった。


その後長らく登場していなかったが、2023年3月4日放送『帰ってきたしんこちゃんだゾ』で久しぶり(現実時間で約13年ぶり)に登場した。

コンテストの落選が続きカメラマンの夢を諦めかけていた小山むさえの前に現れ、初対面(?)にもかかわらず「むさえはカメラマン以外何も出来ない」とこき下ろしながらも「諦めないで続けるのが大事」とむさえを励ました。

その後むさえは心機一転して、野原家の庭でしんのすけ、ひまわり、しんこ、ジュ&ニアの写真を撮るも、後で確認すると何故かしんことジュ&ニアの姿だけ写真から消えているという、相変わらずのミステリアスなオチがついている。

今後の再登場に期待である。また、2代目しんのすけの声優の小林由美子が演じるしんのすけとは初共演でもある。


ちなみにしんのすけはしんこから聞いた「5年後のひまわりの友達」という話を他の人に教えていないようで、みさえ等の人物にとっては「突然現れて突然消える、ちょっと変わった子」という認識のままである。



考察編集



以下はあくまで視聴者による作中描写からの考察で、公式の見解ではありません。閲覧の際は注意してください。




しんこ自身はひまわりの「友達」と言っているが、実際には未来のひまわり本人の可能性が高い

例えば名前を聞かれた時に「ひま……。な子供のしんこです」と答えたり、防衛隊メンバーとの会話でしんのすけの事と思い込み「おに……。ぎり頭のまさおくんじゃなくて?」と慌てて返したりといった描写がある。これ以外にも、独特の笑い方などしんのすけやひまわりとの繋がりを示唆するような言動が見受けられる。


また、飼い犬の名前を繋げると「ジュニア」となり、容姿や「わたあめ」もあわせて、シロの子供達であるかのような印象を受ける(ちなみに『オラの花嫁』の世界線ではシロ太、シロ吉、シロ子、シロ美、シロ太郎、シロ次郎、シロ丸、シローネ、シローン、シロットというシロの子孫が登場している)。


『しんこちゃんたびたびだゾ』では野原ひろしカフェ・ラベンダーと称する建物に連れ込んでいるが、そこがタイムマシンの役割をしている模様(そこにいる「マスター」とも関係がありそうだが、詳しくは言及されていない)。


みさえのことは知っているにもかかわらず、ひろしと初めて対面した時に「ひまわりちゃんのお父さんですね?」とわざわざ確認しており、ひろしのことはあまりよく知らないようである。またひろしが交通事故に巻き込まれそうな所を助けており、ひろしの動向を気にかけていることから、例えば未来ではひろしの身に何かがあって、彼の顔を知らなかったひろしを守って未来を変えようとしたという可能性が考えられる。


現代日本を舞台とするクレヨンしんちゃんの本編の5年後までにタイムマシンが実用化されて子供が自由に(?)使えるほど普及するというのは一見あり得ないようにも思えるが、『オラの花嫁』における荒廃した未来でさえも約20年後までにとある人物によってタイムマシンが開発されているため、何もない未来ではもっと早めに実用化できてもおかしくはない。

というか、原作では(番外編扱いであるが)北与野博士という人物により、しんのすけが5歳の時点で既にタイムマシンが完成し、7年前へのタイムスリップに成功している。

北与野博士はアニメには登場しない原作漫画のみのキャラクターだが、しんこが彼の力を借りているという考察もある(偶然にも、北与野博士もしんこちゃんもそれぞれの媒体でしか登場しないキャラクターである)。


いわゆるタイムパラドックスを気にせず、現代の人物や出来事に積極的に関与していることから、本編世界の直接の未来ではなくパラレルワールドから来たとも考えられる。


ちなみに、アニメオリジナルストーリーとして描かれた「ひまわり」の名前を決めるまでの話し合いにて、みさえが「みさ」、しんのすけが「おしん」という名前を提案している。「しんこ」という名前はここから取られた可能性もある。


以上の事はあくまで推測であり、確定事項ではない。


登場回編集

  1. 2008年12月05日 第651話 DVD9期第3巻「謎のしんこちゃんだゾ」
  2. 2009年1月23日 第656話 DVD9期第4巻「また!しんこちゃんだゾ」
  3. 2009年2月27日 第659話 DVD9期第5巻「またまたしんこちゃんだゾ」
  4. 2009年4月03日 第661話 DVD9期第5巻「さいごの?しんこちゃんだゾ」
  5. 2009年10月30日 第683話 DVD9期第9巻「しんこちゃん、たびたびだゾ」
  6. 2009年11月20日 第686話 DVD9期第10巻「仲良くして!だゾ」
  7. 2010年1月05日 第690話 DVD9期第11巻「しんこちゃんまたまた!だゾ」
  8. 2023年3月4日 第1171話「帰ってきたしんこちゃんだゾ」


余談編集

  • オラの花嫁』の連動企画として放送された特別編「カスカベタイムパトロール隊」シリーズでは野原家のトイレがタイムマシンになっていて、水を流す音と同時にタイムスリップするなど、しんこちゃんシリーズを思わせる描写があった。
  • 『仲良くして!だゾ』ではあいちゃんに容姿が似ていることが言及されているが、酢乙女家と関係があるのかは不明。二次創作では「しんのすけとあいちゃんの娘」として登場する作品もある。

関連タグ編集

野原ひまわり 野原しんのすけ 未来人

関連記事

親記事

野原ひまわり のはらひまわり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 225700

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました