2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました。

詳細

クレヨンしんちゃん」にて野原家の家屋が焼失、再建中に暫定的に住んだ集合住宅。二階建ての見たまんまのボロアパートである。
1階が大家の部屋で、2階に住人たちが住んでいる。また、原作では風呂なし、共同トイレであるが、アニメでは各部屋にトイレがあったり屈底親子がここの住人となり一部の住人が登場しないなど、原作とアニメで大分設定が違っている。

ココの住人達は皆個性的であるが親切な人たちばかりで、野原一家が暮らしているうちに親しくなっていった。野原家の新居が完成してからも住人達はよく登場している。

住人達

大家:大屋主代(アニメでは大家主代)
またずれ荘の大家で、趣味は入れ歯を積み上げること。ストレス発散に住人たちをいびる目的で抜き打ち部屋で検査をしたり朝早くに住人たちをたたき起こして強制的に雪かきをさせるなど意地の悪い一面が目立つが、シロを連れてきてしまったしんのすけを見逃したりひまわりの面倒を見てやったりと根はいい人である。
かつて交通事故で夫と娘を亡くしたトラウマから子供嫌いになっていたがひまわりを預かったことで克服した。そしてこのまたずれ荘は夫の遺産で建てたものだという。因みに、またずれ荘を建てる前は助産師として働いており、急に産気づいたよしなが先生から無事赤ん坊を取り上げた。

201号室:役津栗優
普段は地味だがメイクを変えることでいろいろな役になりきることができる役者志望の女性。しかし素顔は大人しく内気な性格。「劇団四毛」主宰者の演出家・しじみこう太を尊敬しており、オーディションを受けるも一度目は落選、しんのすけとの特訓の末に2度目のオーディションで見事合格し、劇団の寮に入るためまたずれ荘を去った。
アニメでは203号室に住んでいる。

202号室:野原家
新居ができるまで野原一家が住んでいた部屋。アニメでは野原家引っ越し後はむさえが住んでいる。

203号室:四郎
浪人生。読み方は「しろう」ではなく「よんろう」である。極度のあがり症で、大学入試の日に道を間違えたり下痢になったり会場で居眠りしてしまったりで3浪してしまっており、今回もダメなら名前と同じ4浪目になってしまうが、見事合格し「東京カスカビアン産業大学」に入学した。
野原家とはしんのすけといざこざを起こした際に部屋の壁が開いてしまってから交流が多くなり、一緒に食事を取ることも多くなった。
また、原作では受験勉強を理由に免許を所持していなかったが、アニメでは持っている。しかし、取ってから一度も運転していなかったため運転はへたくそ。
アニメでは201号室に住んでいる。

204号室:スーザン小雪(玄武岩男)
大手下着メーカー・ゲンブ創業者。その前はグリーンベレー隊員、更にその前は埼玉一の交通法規を守る暴走族「16号の黒豹」初代総長とスゴイ経歴の持ち主だが、現在は過去を捨ててオカマバーで働いている顔の大きい乙女系のおじさん。 現在はニューハーフ喫茶「男たちの挽歌」に勤務しているが、「無乱ルーズ」という喫茶店で雇われママをしていたこともある。そして現在は独立し喫茶店を経営している。
アニメでの登場は2022年12月10日放送回と大分遅く、野原一家がまたずれ荘に住んでいた頃に未登場にされたため、何処に住んでいるかは不明。また、映画「踊れ!アミーゴ!」で彼に似た人物が登場した。

205号室:にがりや京助汚田急痔(原作)
張り込みのため205号室を借りたタウン警察署麻薬取り締まり課の刑事コンビ。刑事であることを隠すため普段は親子を装っている。しかし、とっさに思いついた設定でにがりやは顔が原因で妻に逃げられ、さらには腕を骨折した父親、汚田は金遣いが荒く彼のせいでカード破産、さらに5分に一度一発ギャグを発してしまう「一発ギャグ発作病」という奇病を患っているせいで失業中の息子という設定になっていた。しかし、実際はにがりやは離婚しておらず、汚田は金遣いがうまくレンタルビデオ屋で延滞料金を取られたことはないという程几帳面な性格である。
アニメでは厚子、アツミ母娘がこの205号室に住んでいるため204号室を借りている。

屈底親子(アニメ)
18歳のギャルママ屈底厚子とその娘、屈底アツミの二人は明らかになっているが、夫にトラック運転手のアツシがいると言うが今のところ未登場。厚子はみさえの子供に対する躾に感銘を受けたことからみさえを「先輩」と呼んで尊敬している。アツミは2歳ながら「イケテル」が口癖であったりと、この年で既にコギャル化している。
アニメではこの205号室に住んでいるが原作ではまたずれ荘の住人ではなく、またずれ荘の近所のアパートで暮らしている。

206号室:オマタ
みさえは「母国の家族に貢ぎ、不景気で仕事が見つからず困っている」と思っていたが、実際は真逆でモロダシ共和国の王子であり、かなり裕福な生活を送っていた。
父のオオマタに婚約者を勝手に決められたことを快く思わず、自分で婚約者を探すため無断で訪日した。
因みに、日本とモロダシ共和国では美男美女の基準が正反対らしく、神田鳥忍に一目惚れし一時期交際していた。しかし忍にはプロレスラーになる夢があったため結婚を拒否。そこでオマタは「1分以内に自分を倒せなかったら結婚する」との条件で忍と戦うが、58秒でダウンとなったため二人は泣く泣く別れた。しかしオオマタはオマタの強い意志に感心し自分で婚約者を探す事を許可、婚約者を見つけるための旅に出た。そして42巻で結婚している。
アニメには登場しない。

新しい住人
本名、部屋は不明。『新クレヨンしんちゃん』第4巻から登場。三十路にもかかわらず結婚もせずに自堕落な生活を送っていたために実家を追い出され、仕方なく一人暮らしをしようと入居したがもともと甘やかされて育っていたため一日で部屋をゴミ屋敷にしてしまい大家に怒られ、指導される中これを機に彼をとことん使ってやろうと企む大家に家事を叩きこまれていくうちに更生したが今度は四朗の髪の毛が落ちただけで激怒し、さらにはバリカンで丸坊主にしようとするほどの潔癖症になってしまい、大屋にも「住人に甘すぎる」と説教する始末で大屋自身も「住人達はこういう気持ちなのかな…」と思っていた。

関連タグ

クレヨンしんちゃん
アパート

関連記事

親記事

クレヨンしんちゃん くれよんしんちゃん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 176398

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました