2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

野原みさえ

のはらみさえ

漫画・アニメ『クレヨンしんちゃん』シリーズのキャラクターで、主人公しんのすけの母親。
目次[非表示]

『優しくしてくれるパパばっかりに甘えんなーーっ!好きで嫌われ役やっているんじゃないわよ! 嫌われたっていいから自分の子どもを守りたいだけ! それが母親ってものなの!』

概要

声優ならはしみき

埼玉県春日部市在住の29歳。
ひろしの妻で、しんのすけひまわりの母親。
シロの飼い主の一人でもある。
作中での腕っぷしの強さや妻と母親としてのバイタリティの高さなどから、多くのファンから「日本最強の主婦」とも評されている。

九州熊本県阿蘇地方出身。
旧姓は小山で、よし治ひさえ夫妻の3人姉妹の次女として生まれる。
姉のまさえと妹のむさえと比べても特に母親に似ているとされている。

周り曰く「そこそこ美人」。明るく気が強い性格で、気の緩みがちな野原家の男子たちを牽引する。少々神経質で、それでいながら根は大雑把。普段は破天荒なしんのすけを叱りつけるのが役割だが、当人も失敗して色々とやらかすことは少なくない。他人(主にしんのすけやひろし)に厳しい一方自分にはかなり甘く、金銭面にはその傾向が特に強い。しんのすけから「アンタが言うのか?」、「おケチな癖に無駄遣いが多くて困る」など突っ込まれること多数(食品を大量に買込んでも食べないまま賞味期限が過ぎてしまったり、クリーニングの引き取り期限を過ぎて保管料を取られたり、下述のダイエット器具の衝動買いなど、一家で一番の消費家の様な描写がされがちだが、しんのすけやひまわりの悪戯の所為で無駄に出費した事も少なくないので、一概にそうとは言えない)。
また、宝石や貴金属への目利きはかなりポンコツであり、金持ちの令嬢である酢乙女あいがひまわりにプレゼントした高価な宝石類を単なるオモチャだと思い込み、本物だとは微塵も疑おうとしなかった。
最悪な例として、しんのすけがオマタにもらった金の勲章を、上述の宝石類と同様にオモチャだと思い込んだ上、「出しっぱなしにしたお仕置き」と100個以上をすべてゴミに出してしまい、オマタが身分を明かした後に本物だったと知り、大泣きして後悔する羽目になった事がある。娘のひまわりは彼女とは対照的に目利きはプロ級で、ポンコツな上に損をする事が多い母には呆れている。
一方、ネネちゃん母子と焼き肉屋で相席になった際にねねちゃんが間違って野原一家の焼き肉(安いコース)を取ってしまったことで、しんのすけがネネちゃんが取ってない場所のがオラたちの肉と述べたことにより、野原一家はネネちゃん母子の焼き肉(高いコース)を食べることになり、食後に安いコースの割に美味しかったと発言し舌は肥えている描写が有る。

昼寝のシーンも多く、たまにしんのすけに揶揄されるが、乳児を抱えた母親は夜泣きや授乳があるためこれは当然である。なんせ夜はまとめて睡眠がとれない。逆に午後に昼寝が出来るというのは、午前の間に家事を終えているということである。加えて困ったときに隣のおばさんが頼まれてくれるなど、日ごろの近所づきあいも良好であり、なんだかんだと主婦スキルは申し分なく夫であるひろしも認め誉めているエピソードもある。

人物

ひろしが自分以外の女性に色目を使うのを嫌っていて、「男ってどうしてこうなのかしら?」とやや差別的に言うこともあるが、自分もイケメンには弱い。これは娘のひまわりにも受け継がれている。ただ浮気願望の類いは無いらしく、青年誌連載時代から一度としてそういったシーンは無い。夫ひろしもそうだが、基本的に美形の異性は「見て楽しむもの」と思っているのかもしれない。ただし、しんのすけの家庭教師に雇ったイケメンに「惚れられている」と勘違いして心が揺れてしまった事がある。また、しんのすけが極度のピーマン嫌いと知っているはずなのに、ピーマン(をはじめとした野菜)を好きになるような料理を考えて作ろうと努力せず、しんのすけに無理矢理ピーマン(をはじめとした野菜)を食べさせようとしたり、玉ねぎを残したむさえを叱責するなど、好き嫌いに関しては快く思っていない。
もっとも、しんのすけは肉などの好きな食べ物と一緒にピーマンを口に含ませても噛んだ形跡の無いピーマンを吐き出す芸当をするほどピーマンの味と匂いに敏感(とはいえ、原因はみさえがピーマン(をはじめとした野菜)が入っていると一目でわかるような料理ばかり作っているからだが・・・)なため、好きになるような料理の努力をしても(しんのすけでも察知できないような工夫でもしない限り)無にする可能性が非常に高い。

そんなみさえだが、家族に対する愛情は強く、息子や娘を罵倒した者は誰であろうと問答無用で食って掛かるなど夫同様の強い正義感の持ち主。(この時原作ではみさえの理性が切れた音が頭の中でする)ちなみに家族や知り合い以外で他人に怒るケースはひろしより多い(映画はひろしの方が多い)。また、上述のようにしんのすけが極度のピーマン嫌いと知りながらしんのすけに無理矢理ピーマン(をはじめとした野菜)を食べさせようとする描写やのへそくりや内緒の買い物を快く思っていない描写が多々あるが、他人がそんな自分と同じ事をしようとしている状況や敵が夫に口を割らせた状況を目の前にしても、自分を律する事が出来る精神が全くない訳ではなく、踊れ!アミーゴ!でアミ―ガ・スズキが本物のひろしに向かって「そっくりさん」と言い、それを聞いたひろしが本物だと理解してもらうためにへそくりや写真集の事などを打ち明けた時にはひろし(本物)に対して怒るどころかむしろ本物だと確信していたり、逆襲のロボとーちゃんで洗脳されたロボひろしがしんのすけに無理矢理ピーマンを食べさせようとした時には洗脳されたロボひろしを応援するどころか、本物のひろし(尚、好き嫌いに関してはひろしも同感である)と共に「私達にピーマンを食べさせて」と訴えながらしんのすけの身代わりになろうとしたりもした。

太り気味で体重が増え続けているのが悩みの種で、ダイエット器具や食品をよく購入するがすぐに押し入れに詰め込んでしまい、雪崩が起きることもしばしば。この乱暴な詰め方はよし治曰く「妻に似た」とのこと。
アニメではひろしに「自分が使えばすぐに痩せる」と挑発されて対抗心を抱き成功したエピソードも有るが、女性が理想とするくびれのある痩せかたではなく男性が理想とするムキムキな体格になってしまった。

口より手が出やすい性格のようで、しんのすけやひろし、むさえを叱るときはだいたいゲンコツが飛ぶ。視聴者の中には「暴力振るいすぎじゃないか」という声もあるが自業自得な事も多い。

原作ではキレた時にたびたび超サイヤ人になることがあり、かめはめ波まで撃っている。
また、「おんどりゃぁああーっ!!」と変顔を披露しながら叫ぶが、アニメでは「おんどりゃぁぁ……」と低く唸ってからキレて叫ぶという違いがある。
その一方でアニメ版では幼稚園の1km程度の親子マラソンをめんどくさがるエピソードもある(自転車での送り迎えと外出の多い彼女なら体力的には然程苦では無い筈だが、それとこれとは別なのだろう)。

趣味・趣向

主婦となった今でも、やはり年齢ゆえか乙女が残っている。子供時代は魔女っ娘ものが好きだったらしく、現在でも劇場版などでたまに魔女っ娘の姿になっている。
特に劇場版で変身した『セクシーみさえX』はもはや別人というべき変貌っぷりでその名の通り二児の母とは思えぬ、ナイスバディの魔女になってしまうという始末。しかもメガネ付き。・・・どこのビッチ魔女だ。ちなみに本人はSF・ファンタジーの類は嫌いらしく、パラレルワールドと言う単語を理解できないぐらいである。(ただし、本人曰く魔法少女だけは特別らしい。)

みさX


これが変身したみさえである。もう一度言うが別人ではない、みさえ本人だ。

野原みさえ


信じられないだろうが、これも変身したみさえである


3分ポッキリ大進撃


さらに(この変身したみさえのみ福圓美里氏が演じている)

・・・どうしてこうなった。

独特の角張った顔の輪郭が印象的だが作品初期では縦長で丸っぽい顔の輪郭や細い目で今とはかなり顔が違っていた。前髪もなかったのでまったくの別人にしか見えない。
実際は若作りできるくらい顔立ち自体は悪くない。太り気味というが、30目前にしては二児を産んだとは思えないくらいの外観である(一般的に子供を産むと体形が崩れると言われている)。
貧乳がコンプレックスであり、巨乳や谷間等に憧れていて夢の中でグラマラスになった自分を妄想する事が少なくない。
パーマがかかった髪型(これは連載当時の主婦に流行っていたらしい)であるが、ストレートな髪質にすると実は背中まで届くロングヘアーだったりする。その為上記の変身した姿でロングヘアーなのは設定上間違ってはいない。しんのすけを身篭っていた頃はまだロングヘアーであった。アニメではアップスタイルだったこともある。

同情しちゃう?その髪型 の巻


また、アニメで藤原紀香風の髪型にしたもののしんのすけによって後頭部の髪を刈り上げられてしまい、最終的におばさんパーマのようなベリーショートになってしまった事がある。この場合ギャグ補正によって次の回では何事もなかったかのように元の髪型に戻るのがお決まりなのだが、なんと髪が伸びて元の髪型に戻るまでの10話の間この髪型のままだった(後半の5話は髪が伸びている様子が分かる)。

戦闘能力

野原一家の中では1番の撃墜数を持つ。基本は素手による力技で、怒った時はさらにパワーアップする。滅多に出ない技として「頬への平手打ち」がある。作中ではひろしに浮気疑惑が持ち上がった際、目に涙を浮かべて放っていた他、しんのすけの反抗的な態度の度が過ぎる際に勢いで放ってしまった例がある。ある意味これが一番の激怒時だろう。
直接手を出さずとも、睨みや怒鳴り声だけで相手に圧力をかけられる。
映画では何人もの男を投げ飛ばす。海を着衣水泳でバタフライで泳ぐ。ケツだけ歩きができる。大型バスの窓枠をつかんで並走する(その勢いでフォルクスワーゲンビートルが行き交う道路を走り抜けている。足は大丈夫なのか…)。等、一般の成人女性はおろか、男性すらも超えているパワーと身体能力を見せる。

またしんのすけのイタズラで怒りが爆発するとスーパーサイヤ母ちゃんになったり、なんとか波的な気功技を使用した事もあった。
バーゲンやタイムセールなど何か物が懸かったものでは、常人を遥かに超えた運動能力を発揮し、その様子は野原一家を驚かせる。
ゲーム作品では尻の力を活かして障害物を壊したり、アイテムをくれるお助けキャラとして活躍する。

二つ名

  • 妖怪ケチケチオババ(あるいは、その類)
  • 妖怪ケツデカオババ( " )
  • 妖怪スネ毛オババ( " )
  • 妖怪人間ベラ
  • 妖怪昼寝オババ( " )
  • 中年怪獣コジワ
  • 怒りんぼう怪獣シワクチャン
  • ムネナインダーZ
  • おケツデカみさえ( " )
  • ケチケチおばさん( " )
  • ケツデカおばさん( " )
  • 妖怪三段腹オババ( " )
  • 小じわオバサン
  • 妖怪見栄っ張りオババ( " )
  • 胸なしオババ
  • 妖怪ケチケチしみったれペチャパイケツデカの三段腹オババ( " )
  • 妖怪嘘つきババア( " )
  • お昼寝三段腹オババ( " )
  • ズンドーウーマン
  • スケスケおパンツのみさえ

他・・・

能力

  • グリグリ攻撃(しかし、しんのすけの「ぐりぐりはずし」でかわされてからは使用頻度が減った)
  • げんこつ攻撃(夫と長男にたんこぶを作る率百パーセント)
  • 台所のあらゆる物を凶器に変える能力(主に映画で発揮)
  • ケツがでかい(物を壊したことも)


他、しんのすけが躓いて落下しそうになった食器類を全身を使ってまとめてキャッチするという神業も持っている。

その他

妹のむさえが野原家に居候に来たことがある。

酒癖が悪く、特にヤケ酒の時は最悪でしんのすけをもドン引きさせたことがある。また、桜田もえ子と共に飲んだ時はとても手に負えなかった程。

一応自動車免許は作中で取得したが運転は下手で、道路を逆走したことがある。そのためか運転は専らひろしがしている(所謂ペーパードライバー)。代わりによく自転車に乗っているが、目的の多くは幼稚園のバスに乗り遅れたしんのすけを幼稚園まで送るため。

野原家が持っていた車が廃車になったのもみさえが原因。
アニメだと初代のハッチバック(EFシビックに近似)はJAF隊員の指摘によるとボディ損傷からのオイル漏れでエンジンが焼き付き、2代目の「オッサン・アンジェリーナ(※)」もみさえがバックでぶつけてしまったのがそもそもの廃車要因となっている。
アンジェリーナの後はE160カローラフィールダー近似のステーションワゴンとなったが、これも「ボローラ」となるのは時間の問題であろう。(なお、みさえはピンクの軽にしようとしたが流石にひろしが恥ずかしがったこと、ひろしはミニバンや大型SUVに感心を示したがサイズ故みさえが難色を示したことから営業に妥協案として本車を勧められた。)
とはいえ、2019年のアニメ放送で隣のおばさんと工場直売巡りをするというエピソードが有り問題なく運転していて出掛ける際にひろしが車を使うのを嫌がる素振りも無かったが、同年後日の放送でひろしが洗車するエピソードの時に傷を付けてしまっており狭いところの駐車がまだまだ苦手なのか設定を思いだした故の描写なのか判断が難しいところである。

ちなみに、彼女が結婚する前のエピソードである「青春時代の父ちゃん母ちゃんだゾ」では、しんのすけによく似た話し方をするガキンチョにからかわれたり、作中世界で放映されていた『クレヨンしんちゃん』を視聴すると言うメタネタが登場した事も。(みさえも『クレヨンしんちゃん』のみさえに対して名前が似てるなどとコメントしていたが、まさか、彼女が未来でアニメと全く同じ筋書きを辿るとは思わなかっただろう。)

BALLAD_名もなき恋のうたでは彼女をモデルとした川上美佐子が登場。原作とは異なり、姉さん女房と言う設定だが、気が強い性格などみさえの要素も色濃く残っている。


ちなみにスリーサイズはバスト78cm、ウエスト58cm、ヒップ120cmである

日産プリメーラのパロディとされる(特にグリル周りは90年代の日産車によくあるパターンであった)が、テール周りの造形も勘案すると全体的にP10/P11プリメーラというよりはN14パルサーに近似している。
なお、アンジェリーナ購入ディーラーには「ブリシラ(プレセア)」や「ベリーベリー・ブルーベリー(当時のブルーバードのキャッチコピーがまんま「ベリーベリー・ブルーバード」)」など、明らかに日産車が元ネタであるといえる要素が多々ある。

関連イラスト

免許証よ!
母の日


※意外とR-18のイラストが多い為マイナス検索を行う事をオススメする。

関連タグ

クレヨンしんちゃん クレしん 臼井儀人 みさえ
野原ひろし 野原しんのすけ 野原ひまわり 野原シロ

貧乳 大人気ない 専業主婦

葛城ミサト:同じ29歳。しかもこっちもシンちゃんの保護者である。中の人上尾先生でもある。

フグ田サザエ野比玉子さくらすみれ:それぞれ専業主婦として何かと比較対象されている同じ国民的長寿アニメの若いママさん方。みさえ同様、気が非常に強く身近なトラブルメーカーに手を毎日散々焼かされている反面、自身もやや身勝手な言動で夫をはじめとする周辺人物を振り回すなど、共通点もいろいろ多い。なお、中の人は中者(第2作第2期)上尾先生でもあり、後者マサオくんでもある。

ゴウダ:普段はみさえ同様、家族思いの良き母親で、(団地の管理人曰く)「あどけない顔立ちだが下半身は凶暴」と称されるほどの健康美人。しかしキレるとみさえ以上の鬼嫁に豹変し、夫の浮気に直面すると、怒り任せに大暴れして夫を病院送りにしたり、部屋を半壊させてしまうほどの凶暴性を秘めている。

関連記事

親記事

野原一家 のはらいっか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「野原みさえ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「野原みさえ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18541892

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました