ピクシブ百科事典

酢乙女あい

すおとめあい

酢乙女あいとは、『クレヨンしんちゃん』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:川澄綾子

アクション幼稚園(アニメではふたば幼稚園)ひまわり組の園児。
高飛車でいかにもわがままなお嬢様という性格であるが、勘違いをすぐに詫びたり、素直に負けを認めたりする一面もある。また金や権力を使って人気取りをするようなことはなく、あいが一時的に貧困に陥った時も園児たちからは好かれていた。パーティーに呼んだかすかべ防衛隊の面々が衣服を汚してしまった時は、自身も同じようにドレスを汚している。

世田谷区の一等地から『庶民の生活を知る』ために春日部に引っ越し、ふたば幼稚園に転園してきた。登場初期は通園時(車から出る時)にBGM(モーリス・ラヴェルの『ボレロ』)をかけて通園。

多くの男子園児(主にマサオなど)を恋の虜とし、自分にぞっこんになった彼らを面白半分に弄んでいたが、それに飽きを感じていた矢先に、ただ一人自分のアプローチにまったく興味を示さなかった野原しんのすけ に躍起になり、虜にしようと紛糾するも、「オラ、子供には興味ありません」と言われ、逆にしんのすけに恋をした。

以後はしんのすけを「しん様」呼び、彼の一挙手一投足(奇行)を褒めちぎるほどに慕う(でも割とツッコむ事もある)。
逆にネネちゃんとは犬猿の仲で度々張り合っている。しかし、お互いに気遣う程度の友情は持ち合わせており、稀に利害が一致し、意気投合した折には抜群のコンビネーションを見せる事もある。

色々な稽古を掛け持ちしているが、黒磯 の弱みを握ってはサボる時がたまにある。特にアニメではこの展開を利用したオリジナル回がたびたび登場する。
良い家のお嬢様だけに運動神経抜群で思考能力に優れており、しんのすけが惚れている女子大生大原ななこ とフェンシングで決闘したことがある。

ネネちゃんとはまた違うベクトルでマイペースなその性格は時にしんのすけをも翻弄(原作ではしんのすけをもってして「なんてマイペースな奴…」と呆れさせた)する程で、しんのすけからは若干苦手意識を抱かれているが、それでも普通に友達の一人としては親しまれており、あいがパリに留学しようとした際には「(いなくなると)寂しくなるゾ」と呟いた事もある(その一言を聞いた事であいは即刻留学を撤回した…が実はしんのすけが「いなくなると寂しい」と言ったのは黒磯の方だった)。
またしんのすけの意思とはお構いなしに、本人は将来はしんのすけと結婚する方向で話を進めており、そのために野原家を三度に渡って訪れ、みさえ、ひろし、ひまわりを懐柔しようとしたがほぼ失敗に終わった。それ以来、しんのすけのみならず、みさえとひろしからも苦手意識を抱かれ、会うことを避けられるようになったものの、唯一ひまわりだけは光物で釣り上げられて「ねーたん」と慕っている。またアニメ版では、みさえは息子とあいが結婚すれば将来的に楽になると考え、やや前向きな姿勢を見せている。

あいがしんのすけ一筋になったのをきっかけに、それまであいの虜になっていた男子園児達は軒並み目が覚めるも、マサオだけは未だにあいに惚れ込んでおり、それをいい事にあいからは半ば下僕兼ペットの様な扱いを受けている。
しんのすけを慕う姿に、マサオは嫉妬する場面があるが一方で「たとえ、あいちゃんに利用されているだけであっても、それだけでも幸せ」とある意味哀れな答えを見出し、その為か現在はそれほどでもなくなっている。

他の園児が決められた青いスモックを着ているのに対し唯一、赤い私服を園内でも着ている(話によってはスモックを着てる場面もある)。

アニメ版

オリジナル回が多数描かれており、原作よりも出番が増えている。
全く実を結ばないしんのすけへの恋路に苦悩し、いっその事しんのすけの事を諦めようと留学を決心したり、イケメン芸能人に恋をしてしんのすけを見限りかけたこともあったが、いずれも最終的にしんのすけへの想いを貫いている。
また、しんのすけからも原作よりは(友達として)好印象を抱かれ、普通に仲良くしている場面も少なくない。
しんのすけだけではなく、他の面々にもご馳走やらお菓子やらを振舞うが、それは「しん様のついでで仕方なく」とネネちゃんの口論で吐露しており、一同を呆れさせた。

ピクシブでの扱い

やはりしんのすけとのカップリングイラストが多く、成長したあいちゃんなるイラストも多数存在する。

関連タグ

クレヨンしんちゃん

早乙女愛…名前の元ネタとなった『愛と誠』の登場人物。

関連記事

親記事

アクション幼稚園 あくしょんようちえん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「酢乙女あい」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1283453

コメント