ピクシブ百科事典

目次[非表示]

もしかして?→おにぎり

概要

声:一龍斎貞友

フルネームは佐藤マサオ
実はこのフルネームは元々アニメオリジナルの設定であったのだが、原作においても『新クレヨンしんちゃん』以降、正式に逆輸入された。なお、原作ではじめて名字で呼ばれた際、しんのすけからは「マサオくんって名字あったんだ」と言われた。アニメでも2020年の「手編みのぼうしだゾ」でしんのすけに「佐藤さん」と言われた際、風間くんが「佐藤さんって誰だよ」とツッコんでいた。というより、他の園児にしてもネネちゃんチーターも名字の「桜田」、「河村」で呼ばれることはほぼない(まつざか先生が「河村君」と言う程度)。ボーちゃんに至っては本名不明である。
しんちゃんのツッコミ役。そのしんのすけには家の場所を間違われるのがお約束坊主頭がトレードマークで、ゆえによく「おにぎり(頭)」と呼ばれる。彼自身がおにぎりとして扱われることも。
個性派揃いなかすかべ防衛隊のメンバー内では良くも悪くも一番年相応な常識人。しかしそれが原因で「坊主頭以外これといった特徴のない普通の5歳児」というキャラ付けをされやすい(番外編などでもしかり)ため、結果的に先の坊主頭だけがアイデンティティーで、取り柄がなく何もできない人物のように描かれることもしばしば。アニメでは空気扱い・無視される回も目立つ。
心優しい性格であるが、怖がりで気が弱く非常に泣き虫。仲間内から泣き虫オニギリと言われたことも。もっぱら強調されるのは後者であり、仲間内でもそちらばかり認識されている模様。他メンバーが危険な事に首を突っ込もうとする際、一人それに対し消極的な姿勢を示した結果見捨てられてしまうことも。
そのためか、かすかべ防衛隊の中では損な役回りが多く、貧乏くじを引かされる率が群を抜いて高い
が、2018年以降のアニメ放送ではネネちゃん家に遊びに行ったときに出されたイチゴに不満を溢し怒り泣きしながら拘りを語った姿はネネちゃんすら一方的に困らされたり、リアルおままごとの台本を書くことになって演技をしたときに同じくネネちゃんにダメ出しされたときは「いちいちうっせえな…」と呟きながら憎悪の表情を露にするなど、彼もまた他のキャラクター同様に初期の原作やアニメから性格が変わっている部分もある。
また、気が弱い反面、調子に乗りやすく、図々しい一面や頑固な一面、空気の読めない一面を見せる事も。一方で、ふとしたきっかけで自信をつけると野性味と男気あふれる熱血漢に反転する、時たまワルや自信家、さらには毒舌家のようにふるまうなど、やや多重人格の節がある。だが不運は避けられないのか、はたまた調子に乗った天罰なのか、大概空回りに終わってしまう。

しんのすけ同様「アクション仮面」が大好きで、「少年忍者吹雪丸」も好きである。将来の夢は漫画家になる事で、既に本格的な画材を揃え、自作のマンガや紙芝居も描く程だが、肝心の作品の内容はというと明らかに自分をかっこよく美化しまくったキャラを主人公にして活躍させたり、明らかに普段自分を散々振り回してくる人をモデル(っというかほぼそのまんま)にした悪役を登場させるなど自己投影が強すぎる為、しんのすけ達からの評判は今ひとつ。もっとも、映画「爆睡!ユメミーワールド大突撃」など、自己投影抜きで単純に皆にウケない漫画を描いていたこともある。
カードや玩具のコレクションは、石をコレクションしてるボーちゃんに引けを取らない。また少々潔癖な部分もあり、一度潔癖過ぎて掃除中毒になってしまい野原家に預けてもらった事もある。
怖がりな割には虫などは基本的に平気なようでクワガタムシなどの動物の飼育したことがあるなど幼稚園児ながらブリーダー気質な一面もある。

ネネちゃんには特に頭が上がらず、彼女の「リアルおままごと」の犠牲になるのは専ら彼である。アニメではネネちゃんやリアルおままごとに対する過度のストレスが原因で、急性胃炎で入院した事もある。夕陽のカスカベボーイズではまさかの夫婦になっていた。

ものまねが得意という意外な特技もあったりする(特にまつざか先生のマネをしたときは完全に役にのめり込んでしんのすけとガチでケンカになりかけたり、よしなが先生が彼女に悪口を言われたと勘違いして教室に押しかけてきたほど)。

酢乙女あいがふたば幼稚園に転入して以来、彼女の虜となって恋心を寄せているものの、彼女はマサオに対する恋愛感情はなく、むしろしんのすけのことが好きで、彼女から好意を向けられるしんのすけに複雑な表情を見せたり、ヤキモチを焼くこともある。だが、マサオ本人は「それでも(自分に気がない上に奴隷扱いでも)いい」らしいので、彼女とさえ関われれば十分とのこと。
上記の男気あふれる性格に反転するのも、あいへの恋心で動かされることも多い。

アニメ版であいがしんのすけの為に作った弁当(しんのすけの嫌いなものが入っていた為、渡すのを断念した)を急遽代わりに食べることになったとき、弁当箱を開けたら「大スキ」(本当は「しんサマ大スキ」だが、名前の部分が蓋の裏にくっついていた)と海苔で書かれ、あいに告白されたと勘違いし、嬉しさのあまり気絶した。しかし、翌日でも、しんのすけに渡そうとした弁当が事態によって、またマサオに渡され箱を開けると、「しんサマ大スキ」と海苔で書かれていた時はショックで愕然としていたが、それを「マサオくんスキ」と強引に付け替え、自己満足していた(その執念深さに風間くんやボーは戦慄し、ネネちゃんからは「キモむなしい!」と本気でドン引かれていた)。

関連タグ

クレヨンしんちゃん かすかべ防衛隊
ヘタレ 不運 苦労人 貧乏くじ おにぎり

関連キャラ

本田速人:普段はヘタレだが、ふとしたきっかけで男気あふれる熱血漢に反転する点が共通している。
野比のび太:普段はヘタレな少年として描写されることが多いが、窮地に陥った際、持ち前の強い精神力を発揮し、主人公と共に困難に立ち向かう点が共通している。
小早川秀秋(戦国BASARA):臆病で優柔不断(そのくせ少々図々しい)性格と、その性格が仇になって、人間に振り回され、貧乏くじを引かされている点が共通している。
朝霧彩:当初はネネのようにうじうじしている相手に対してイライラする少女から目の敵にされるいじめられっ子だったが、次第に精神的な成長を果たし、いじめっ子だったその少女とも紆余曲折を経て和解するに至った。
左右田和一星馬豪意中の相手となるお嬢様(前者はとある国の王女様)に恋心を寄せるものの、彼女達はそれぞれ別の相手に好意を向けているため、報われないという共通点。

関連記事

親記事

かすかべ防衛隊 かすかべぼうえいたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マサオくん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 257200

コメント