ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール

性別男性
生年月日1932年10月20日
没年月日2014年11月17日
血液型B型
身長165cm
体重60kg
出身地東京都
死没地東京都大田区
著名な家族・親族納谷光枝(妻)、納谷僚介(長男)、納谷悟朗(兄)、火野チカ子(義姉)
所属事務所マウスプロモーション(最終所属)
活動期間1950年代〜2014年

概要

役者を生ききった男

劇団河の会を経て、死去までマウスプロモーション(江崎プロモーション)所属だった。

兄は同じく俳優・声優の納谷悟朗。妻は元マウスプロモーションの代表取締役社長の納谷光枝。息子はマウススタジオ社長で音響制作・マネージャーの納谷僚介。

七人兄弟の六男であることから六朗と名が付いたが、数字を意識した名前は兄の悟朗と六朗のみとのこと。


立命館大学法学部出身。長らく京都に滞在していたことから、東京出身でありながら関西弁にも精通していた。

一回聴いただけでは年齢のわからない、少し神経質な印象の声質が特徴であり、様々な年齢層のキャラを巧みに演じ分け、キャリア中期以降でも比較的若いキャラクターを幾つか担当した。声優業の他にも、俳優として時折顔出し出演をした他、ナレーション業もこなした。

一方で自身の声については「変」とばっさり切っており、「声優でこんな声になっちゃいけないですよ」と自嘲している。そのためか顔出しインタビューには不慣れだという


大学卒業後は出版関係の仕事をしていた兄(悟朗とは別)を手伝っていたが、悟朗の「劇団稲の会」の公演パンフレットの仕事を手伝った縁で芝居を始める。

舞台での活動を始めてからしばらくして、突然悟朗から電話がかかってくる。しかし何故か無言で、六朗が「えっ?何?」と聞き返すと「似てねぇって」と返され電話を切られた。

これは当時『ウィリアム・テル』にて兄の悟朗が演じるテルの偽物が登場する回があり、テルに声が似た人間を選ぼうというという話となった。その選出のために「六朗の声を知りたい」とスタッフから頼まれた悟朗がアポ無しで電話をかけるが、戸惑う六朗の声を聞いたディレクターが「似てない」と首を横に振ったため、偽物役としては選ばれなかった……というものであった(なお、実際には悟朗が兼役で担当した)。しかし「せっかくなら」と別の役を振られ、これが吹き替えデビューとなった。

この時「似ていない」と言われた声だが、六朗は後に別の作品で悟朗の代役として出演したことがあり、晩年は兄弟の声もかなり似通うようになっていった。

悟朗の方がやや野太く力強い声質、六朗の方がやや細く繊細な声質であるが、ある現場で「悟朗と六朗の中間、5.5朗の声で」と指示を受けたことがあるという。


演じる役は好きにならないと演じられないと語り、基本的に全てに思い入れがあるという。その中でも水瓶座のカミュは代表作にして自身のお気に入りの役として知られている。当時は年齢(※役が決まった時点で既に50代であった)に見合わぬ美青年の役を貰ったことで役者仲間からはからかわれたが、それまで吹き替え作品の硬派なファンが多かった納谷にとって若い層のファンが増えるきっかけを作った。


思い出深い作品として若手時代に演じた「オーシャンと十一人の仲間」を上げており、端役などを11役も振られたため声の引き出しを苦労して編み出し「一人でこんなにたくさんの声は出ない」と苦笑いしながら演じたという。


また、あまり知られていないが、ディズニー作品のBHEV版において初めてミッキーマウスを演じた声優でもある。その後理由は不明だが降板し、青柳隆志が担当することとなった。


落語が好きで、よく後輩たちに落語の話なども聞かせていたという。

野球ファンでもあり、学生時代を過ごした京都に本拠地が近かったことから南海ホークスを応援していた。またイチローのファンで、メジャー移籍後はシアトルに毎年応援に行っていたという。


2013年に亡くなった兄の悟朗や、半年前に他界した妻の後を追うように2014年11月17日、肺炎のため82歳で逝去した事が翌日にスポーツニッポンで伝えられた。

亡くなった11月17日は奇しくも先立った兄悟朗の誕生日だった。

また近い時期には『クレヨンしんちゃん』で演じた園長先生の本名の元ネタである高倉健菅原文太も亡くなっている。


2015年6月発売の『ファイアーエムブレムif』のギュンターが、ゲーム作品における彼の遺作である。しかも共演者を見ると緑川光がいてファンの間ではハット卿、バーティオリバーハーヴィーで話題になったとか。


またクレヨンしんちゃんでは新幹線車内のシーンでこの時、堀川りょうと共演でヘンリーハット卿が話題になったとか。


また深見東州監修アニメ神頼みシリーズではナレーターとミラクルサイキッカーSEIZANではナレーターとゴールド(金の亡者)を担当でゴールドに関してはまるで激走戦隊カーレンジャーボーゾックXXミレーノ獣拳戦隊ゲキレンジャー臨獣拳アクガタ空の拳魔カタ侍戦隊シンケンジャー外道衆ナキナキテのような雰囲気だが改心した途端、まるで星獣戦隊ギンガマン知恵の樹モークのような雰囲気である。


またテレ東&Eテレきかんしゃトーマス81プロデュース以外(フジテレビ版では内海賢二が唯一賢プロダクション)のキャスト陣であり、戸田恵子を始め多くのキャスト陣が訃報のコメントした。ちなみに彼は彼女を始めフジテレビ版キャスト陣と他のアニメ作品と共演経験を持つ。


主な出演作

アニメ


イラスト未確認

緒方勉ドカベン

ナレーター@科学忍者隊ガッチャマンF

遊木サニー@とんでも戦士ムテキング

香月順一@魔法のスターマジカルエミ

氷川@プロゴルファー猿

ヘンリー@ひみつの花園

アルミはくしゃく@それいけ!アンパンマン(後任は二又一成)

ザーマス・ボンド@それいけ!アンパンマン

森光蘭烈火の炎

大間九ハイスクール!奇面組

ライシュッツ新・世界樹の迷宮2

アニメ神頼みシリーズ@ナレーター(OVA)

ミラクルサイキッカーSEIZAN@ナレーター、悪霊、ゴールド(金の亡者)(OVA)


ゲーム


特撮



吹き替え

チャッキーチャイルド・プレイシリーズ*6ウィリアム・H・メイシーエド・ハリス
センシティブな作品ウィリアム・H・メイシーエド・ハリス イラスト
ジョン・ハートジェームズ・ゴードンダークナイト トリロジー(ソフト・劇場版)ドナルド“ダッキー”・マラード(イラスト中央)@NCIS(ネイビー犯罪捜査官)*5
john hurtゴードンCommission - Cannibalism-200dpi
ミッキーマウス(初代)@ディズニーサイコロジャー・ラビット
TOON PATROL

*1 没後に公開された劇場版『オラの引越し物語 サボテン大襲撃』では生前の音声を流用したライブラリ出演。⇒後任は森田順平(2015年10月9日放送分以降)。

*2 後任は江原正士(没後に収録が行われた『ロード・ドント・スロー・ミー・ダウン』およびパチスロ『エウレカセブンAO ASTRAL OCEAN』の演出映像での担当)。

*3 後任は田中完(没後に新規に吹き替えで放送されたエピソード以降の担当)。

*4 後任は上田燿司(没後に収録が行われた劇場版『スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!』以降の映像作品)。

*5 後任は千田光男(シーズン5以降)。

*6 後任は島田敏(没後にDVD&BDが発売された『チャイルド・プレイ チャッキーの狂気病棟』での担当)。

*7 後任は山野井仁(『幽☆遊☆白書 100%本気バトル』)


関連タグ

声優 俳優 マウスプロモーション

納谷悟朗


外部リンク

関連記事

親記事

マウスプロモーション まうすぷろもーしょん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 181712

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました