ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

スタジオぴえろ制作のオリジナル魔法少女アニメで、ぴえろ魔法少女シリーズの第3弾。1985年6月7日から1986年2月28日にかけて、金曜夕方6時台前半の時間帯において日本テレビ福岡放送で全38話が放送された。また、先の2局を除いた日本テレビ系列局(ただし秋田放送日本海テレビ高知放送は放送せず)の他、TBS系列局約1局、フジテレビ系列局約4局(うち約1局は放送当時)、テレビ朝日系列局約2局(ただし2局とも放送当時)でも放送日時を差し替えた上で放送している。


魔法の天使クリィミーマミ」によって確立された「現実の姿と魔法によって生み出された虚像の狭間で揺れ動くヒロインの心を描く」というコンセプトを究極的に突き詰め、魔法少女アニメであるにもかかわらず、魔法少女という要素を徹底的に排除し日常描写に重点を置いた演出により、シリーズ中で最も作風のコンセプトが際立った作品となった。


ちゃお」(小学館)の1985年5月号から1986年3月号までコミカライズが掲載された。内容はアニメとかなり異なり、魔法があまり出て来なかった。いいのかそんなんで?(もっともミもフタもなく言いきってしまうと当時における小学館のメディアコミカライズにはよくある事なので気にしても仕方がなかったりする)

作画担当は、のちに『エンジェルリップ』で第44回小学館漫画賞児童部門を受賞し、さらにのち『Dr.リンにきいてみて!』を描いたあらいきよこ。なお、あらいは本作に引き続きパステルユーミのちゃおコミカライズも担当している。


また『怪盗セイント・テール』(立川恵)のネタ元(オマージュ元)のひとつである事はあまりにも有名。


ストーリー編集

香月舞は小学5年生で11歳のマジシャンを夢見る少女。祖父が主宰するマジック劇団「マジカラット」の手伝いをしている。こてまり台に引っ越してきた際、偶然鏡の妖精トポと出会い、「願いの叶う魔法」をもらい、魔法のブレスレットで天才マジシャンマジカルエミに変身する。魔法で魅せるマジックで観客を魅了し、ステージは大成功する。そして、このステージを見ていたテレビ局のプロデューサーにエミはテレビに出演させられ、アイドルデビューすることになる。こうして、普通の小学生とアイドルという忙しい二重生活が始まる。

【懐古シリーズ】マジカルエミ


登場人物編集

香月舞 / マジカルエミ(CV:小幡洋子

トポ(CV:龍田直樹

香月順一(CV:納谷六朗

香月陽子(CV:青木菜奈

香月岬(CV:三田ゆう子

結城将(CV:水島裕

小金井武蔵(CV:伊倉一恵

松岡(CV:速水奨

マジカラット編集

中森晴子(CV:峰あつ子

中森洋輔(CV:八奈見乗児

松尾明(CV:大滝進矢

塩沢進(CV:亀山助清

弘田ユキ子(CV:岡本麻弥

ジャパンTV編集

小金井滋(CV:郷里大輔

国分寺円(CV:千葉繁

その他編集

エミリー・ハウエル


主題歌編集

オープニングテーマ編集

「不思議色ハピネス」

作詞:竜真知子/作曲・編曲:山川恵津子/唄:小幡洋子

エンディングテーマ編集

「あなただけ Dreaming」(エンディング)

作詞:竜真知子/作曲・編曲:山川恵津子/唄:小幡洋子


外部リンク編集

魔法少女シリーズ公式サイト

関連記事

親記事

ぴえろ魔法少女シリーズ ぴえろまほうしょうじょしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 969565

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました