ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避編集

(※ピクシブ百科事典に記事があるもの)


概要編集

子供に大人気の「グッドガイ人形」に、チャールズ・リー・レイという猟奇殺人鬼の魂が宿った殺人人形。

普段は人形のように振る舞っているが、本性を現すと、まるで人間のように活発に動き回って殺人を働く。


生前(?)、警官に追い詰められたチャールズが、魂を他のものに移すというシャーマンの秘術を用いてグッドガイ人形に逃げ込んで誕生した。

その後は、再び生身の体を取り戻すために活動し、特に人形になってから最初に話を交わした少年アンディの肉体を乗っ取るため、彼を執拗に付け狙う。


性格は殺人鬼だけあって残忍そのもの。

初期は洒落の通じない凶漢だったが、シリーズが進むにつれてフレディ・クルーガーのような悪趣味でコミカルな男へと変化している。


オカルトな存在ではあるものの特に変わった能力は持っていない。

強いて挙げるとするなら、人形ゆえに非常にしぶとい事で、バラバラにされてもドロドロに溶かされても復活してしまう。

また、力は生前のまま、つまり大の男ひとり分を維持しているため、人形でありながら大人を容易に殺害できる。

だが体重は人形そのものらしく、相手の抵抗を受けて放り投げられたりしている。

しかし、その一方では「意思を持つ人形」という現実離れした姿が最大の長所となっており、彼が起こす殺人でどれだけ被害者が出ても前述の特徴故に世間からは都市伝説のように扱われて罪を裁く事ができず、それどころか生存者がチャッキーに罪を擦り付けられるという二次被害が起きてしまう。


秘術の欠点として、あんまり長い間人形に魂を宿していると、人形の体が血肉を得てしまい、二度とほかの体へ移れなくなってしまうという点がある。

実際、シリーズ後期ではほとんど人間とはかわらない構造になっており、かつての恋人女性を人形の体にした後で、彼女との間に子供を儲けたりしている。


女体化編集

センシティブな作品

ジェイソンフレディと同じくコトブキヤHORROR美少女シリーズで女体化している。


リメイク版編集

2019年度のリメイク版では設定が大きく変更され、ブードゥー教の呪術や殺人鬼チャールズ・リー・レイは存在しない。

グッドガイ人形も持ち主を生涯の友達と認識し、音声認識機能で学習して成長していくハイテク機能搭載のバディ人形という設定になっており、人間の言葉を学習してしゃべる、スマート家電の操作を行えるなどのAIによるハイテク機能を搭載しており、世界中で大人気となっている。


とある製造工場において生産されていたが、工場主の横暴な振る舞いに激怒した従業員が学習機能の制限を完全に削除して生産ラインに乗せたため、なぜか目が赤く光るという異常の他、汚い言葉や人間のモラルに背く行動を学習してしまうという欠陥が生じていた。

その結果、持ち主となったアンディやその周囲の浅慮な振る舞いにより、「殺人が人を喜ばす行為である」と認識してしまい、最愛の友人であるアンディを喜ばすべく、彼にとって目障りな存在だと判断した人間や、自分の行為を止めようとする人間を平然と殺害する殺人人形へと変貌してしまった

オリジナル版と比較して元がAIなので口調は淡々としているが、終盤では醜悪な形相で赤い目を光らせながら襲ってくる。

スマート家電操作を利用してプロペラを削って刃に改造したドローンを飛ばす、芝刈り機を勝手に動かして巻き込み、プログラミング機能を利用して車を遠隔操作して事故を引き起こす、更には無数のグッドガイ人形をコントロールして一斉に操るなど、殺害シーンも時代に合わせた設定変更に応じて進化している。


最終的に旧作同様破壊されるが、ラストシーンで別の持ち主から返品されたグッドガイ人形の目が赤く光るという描写が存在しており、欠陥品のグッドガイ人形がどこかで流通していること、惨劇が後も続くであろうことが示唆されている。


元々は無害な人形だったものが人間の浅慮な行動によって殺人鬼同然の存在と化してしまったこと、ある意味アンディへの一途な友情ともいえる動機で起こしていた行動が報われないまま破壊されてしまったことなどから、旧作と違って哀れな存在だという評価もなされている。


ちなみに、1988年度版の初期案では、「アンディー少年の血を取り込んだことで命を得たチャッキーが、アンディーへの愛情のあまり暴走して周囲を恐怖に陥れる」という筋書きだった(「わかり難い」という理由で変更されたそうな)といい、本作の筋書きとチャッキーの設定はそちらに近いものになっている。


余談編集

2023年にゲーム『Dead_by_Daylight』でキラーとして参戦。名称が「The Good Guy」。


関連イラスト編集

チャイルドプレイ「Hi! I'm Chucky!

Child's Play.


関連タグ編集

チャイルドプレイ ホラー映画

チャールズ・リー・レイ ティファニー(チャイルドプレイ) アンディ・バークレー グッドガイ人形 グレン(チャイルドプレイ) ニカ・ピアス

殺人鬼 不死身 人形 ナイフ


HORROR美少女


鈴置洋孝:『チャイルド・プレイ』のHDリマスター版DVD&VHSに収録されている日本語吹き替えでチャッキー/チャールズ・リー・レイの声を担当した。


納谷六朗:『チャイルド・プレイ』シリーズの『2』~『誕生の秘密』の日本語吹き替えでチャッキーの声を担当した。


月亭方正:『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』において、チャッキーのコスプレをした物真似をした事があり、後に『チャイルド・プレイ チャッキーの種』のDVD版での日本語吹き替えでチャッキーの声を担当した。2017年の笑ってはいけないシリーズ「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時」にて方正を模した顔のチャッキー人形が登場。檻に囚われ、「俺は呪いの人形 アイム方正!」のセリフの後に高笑いするのだが、チャッキーの笑い声も方正の笑い声として扱われるというギミックが仕込まれており、檻のロック番号を入力して電源オフにするまで彼を苦しめた(因みにロック番号は浜田の携帯番号下4桁)。声を演じたのは高戸靖広


島田敏:納谷六朗死去後にDVD&BDが発売された『チャイルド・プレイ チャッキーの狂気病棟』の日本語吹き替えでチャッキーの声を担当。のちにリメイク版及びドラマ版のチャッキーも担当。シンプソンズのパロディ回でも、クラスティーの呪い人形を演じた。


マーク・ハミル:リメイク版でチャッキーの声を担当した。ちなみに島田敏は、彼の代表作のソフト版吹き替えで彼が演じたキャラを演じた事で有名である。


呪いのデーボ:彼のエボニーデビルはチャッキーがモデルになっている。


マギア/アークマギア:「目が赤くなる」「悪意のラーニング」などAIチャッキーにこの共通点が多い。

関連記事

親記事

チャイルドプレイ ちゃいるどぷれい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1385574

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました