ピクシブ百科事典

ジェイソン・ボーヒーズ

じぇいそんぼーひーず

ホラー映画『13日の金曜日』シリーズに登場する架空の殺人鬼。
目次[非表示]

概要

精神異常(ソシオパス)を抱えた凶悪な連続殺人鬼
主にニュージャージー州のブレアーズタウンに存在するクリスタルレイクキャンプ場周辺で活動し、キャンプ等に訪れた若者達や監視員達を手当たり次第に殺害している。

『Part1』にて発生した母・パメラ・ボーヒーズによる連続殺人とその死を皮切りとする形で、殺人に手を染める様になった。
トレードマークとなっているホッケーマスク当初は被っておらず、元々は下記のイラストのように麻袋に片目分の穴をあけて顔を隠していた。

ジェイソン(初期)



ホッケーマスクは三作目において悪戯好きの少年であるシェリーを殺害して奪い取り、それ以降着けるようになった。

現在知られているホラー映画のキャラクターの中でも最も知名度の高い殺人鬼であり、題材とした映画も10作以上も渡って製作され、更にはジェイソンをモデルにしたパロディ的なキャラクターも多数存在する。

人物

誕生日は1946年の6月13日だがその日は金曜日ではなく木曜日である。
ボーヒーズ家の長男として生を受けたが、先天性の病気で奇形児として生まれてしまい、これが後に殺人鬼と化す最大の要因となっている。

幼少期はどちらかと言えばガリガリにやせ細った少年であったが、現在は2m近くの巨体に100㎏以上の体重を持った巨漢となっている。
ただし、内臓に関してはが異常に小さいのに反し、通常の2倍の大きさの心臓となっており、この事が胴体を切り裂かれたり、頭部を斧で叩きつけられても、ある程度の時間が経てば蘇生してしまう異常なまでの生命力の所以となっている。また、長時間水中にいても平然としている事から、肺活量に関しても凄まじい事が伺われる。

殺人の際には、ピッチフォークナイフ等、様々な凶器を用いているが、筋肉に関しても異常発達している事から化け物染みた怪力も落ち合わせ、鉈で大柄の男性を真っ二つにしたり、両手で男性の頭蓋骨を握りつぶすといった芸当もやってのける。
また、動きに関しても非常に機敏かつ俊敏であり、『Part3』では鉈を振りかざしてきた相手の攻撃を簡単にかわして、即座に棒切れ一つで反撃している。

『Part4』となる『完結編』のラストで、一度は人間としての死を迎える事となるが、『Part6』で復活して以降のジェイソンは、実質ゾンビとして蘇った為、これまではただ異常に頑丈な人間だったのに対し、以降は文字通り不死の存在となっている。
動きは生前に比べるとやや鈍くなっているが、怪力に関してはむしろ以前よりも増しており、男性を逆エビに折るパンチ一発で相手の首を吹っ飛ばす等の力業による殺人がかなり増え、8作目の『PART8:ジェイソンN.Y.へ』では瞬間移動(?)を体得し、10作目の 『ジェイソンX』では400年後の未来で金属細胞と融合した「メタルジェイソン」と化し、宇宙船内で殺戮を行っている
どうしてこうなった…


劇中の様相

生い立ち

11歳の時、地元のクリスタルレイクで行われたキャンプに参加したが、その異形な顔立ちから同じキャンプに参加していた子供達からは酷い虐めを受けた末、頭に麻袋を被せられた上でクリスタルレイクに落とされてしまう

この時、肝心のキャンプ指導員達は性行為に夢中になっていて、監視が疎かな状態となっていた(これがなければ、ジェイソンが後に最恐最悪の殺人鬼と化す事はなかったのかもしれない)。
結局子供達は最後までジェイソンの身に起きた真実を隠し通し、有耶無耶のまま、ジェイソンは事故で溺死した事にされてしまうのだった。

しかし、ジェイソンは死なず生還しており、その後は獣を獲ったり作物を盗む形で生きるなど、野生児に近い生活を送る事になる。
何故、パメラの元へ戻らなかったのかは不明であるが、一説では事故のショックで記憶喪失になっていたのではないかとされている。

殺人鬼への変貌

シリーズ一作目ではジェイソンの母親であるパメラ・ボーヒーズによる殺人が繰り返され、ジェイソン自身は一人も殺していない。

一作目のラストでパメラは主人公であるアリス・ハーディに鉈で首を切断され死亡したが、この時、母親が殺される光景をジェイソン本人が目撃している(前述の「記憶喪失説」が事実だとすると、この時にジェイソンは母親の記憶を取り戻した可能性が高い)。

二作目の冒頭となる前作より数ヶ月経った日、母親を殺されたジェイソンがその仇討ちとして、アリスの自宅に乗り込んで彼女を惨殺し、遺体をクリスタルレイクにまで持ち帰る。
最初に使った凶器はアリス宅にあったアイスピックであり、また殺されたアリスの死体は、二年後には白骨化した状態でジェイソンの自宅に放置されている。
アリスへの復讐を機にジェイソンは殺戮を始めていく事になった。

1週間に渡る連続殺人

二作目冒頭でアリスを殺害してから5年後、ジェイソンはクリスタルレイクのキャンプ場に訪れた若者や周辺にいる人間達を対象として、約1週間に渡った連続殺人を実行する事になる。

1日目(二作目)、キャンプに訪れた若者達を監視していた「予言者」を自称する狂人・ラルフを絞殺する。

2日目(二作目)、最初の連続殺人を実行。キャンプ場周辺を警邏し自らの自宅である掘っ立て小屋まで追跡してきた警察官を殺害し、その夜にキャンプ場に訪れていた若者達も次々と殺害する。
最終的には被害者の一人であるジニーによって鉈で胴体を切り裂かれるが、死亡までには至らず、後に麻袋を外した状態で報復している。

3日目(二作目、三作目)、ジニーは救出されるものの、彼女と共に生存したはずのポールは行方不明になっており、おそらくはジェイソンに殺害されてしまった可能性が高い。
三作目の冒頭は、二作目のラストからその日の夜となり、森林地区でダイナーを営む夫妻の自宅に侵入し、衣服を盗んだジェイソンは、その直後に夫妻双方も殺害する。

4日目(三作目)、自身が潜んでいた納屋のあるキャンプ場に、高校生のグループやバイカー達が現れた事で、二度目の連続殺人を実行。彼等を次々と殺害していき、被害者の一人であるシェリーを襲った際は、彼の所有物であったホッケーマスクを奪い、以降はそれを被っている。
ラストで被害者の一人であるクリスに頭に斧を叩き込まれ、それでもクリスに襲い掛かろうとするも、力尽きて倒れる。

5日目(三作目、四作目『完結編』)、唯一生存したクリスは駆け付けた警察に保護されるが、ゾンビ化したパメラに襲われる悪夢を見たクリスは完全に発狂してしまう。その夜にて、連続殺人の犠牲者達と共に死体安置所へ運ばれたのだが、ほぼ直後に蘇生。検視医や看護婦を殺害して姿を消す。

6日目(四作目『完結編』)、クリスタルレイクへと戻る道中にてヒッチハイカーを殺害する。

そして7日目(四作目『完結編』)、戻ったクリスタルレイクの前作とは異なるキャンプ場で、三度目の連続殺人を実行。そこへ訪れた若者達を次々と殺害していく。
そして、以前殺した被害者の遺族であるロブやキャンプ場付近の小屋で暮らしていたジャービス一家も襲い、ロブとジャービス夫人の二人は殺害されてしまうが、被害者の一人であるトミー・ジャーヴィスが自分の頭を坊主頭にして現れ、それを見たジェイソンはかつての自分自身と面影を重ねて錯乱。最後は鉈を側頭部に叩き込まれ、前のめりに倒れて鉈が小さな脳を貫通した結果、遂に絶命した。

かくして、ジェイソンの一週間に渡る連続殺人は終わりを迎え、三度目の連続殺人から生き延びたトミーとその姉であるトリッシュは、無事に警察に保護されて、病院へ搬送される事になった。

その後、ジェイソンの遺体は棺桶に入れられる形で埋葬される。享年40歳。

復活

ジェイソンの死から十数年後、殺した張本人であるトミーがジェイソンへの恐怖によるトラウマを克服するために墓からジェイソンの遺体を掘り返して火葬しようとするが、腐乱したジェイソンを見た瞬間にトラウマが再来してジェイソンの遺体に折れた鉄柵を何度も突き刺す。
しかし直後、ジェイソンの遺体に刺さった鉄柵に雷が落ちてジェイソンは復活し、トミーが火葬のために用意したホッケーマスクを被ったジェイソンは、殺人鬼として完全復活する。

ジェイソンVSレザーフェイス

アメコミのオリジナル展開で、「悪魔のいけにえ」シリーズに登場する殺人鬼・レザーフェイスとの対決が描かれる展開。本作では言葉を喋り、1人称は「俺」である。

レザーフェイスとは不幸な出会いとささいな誤解のせいで殺し合いになるものの、その不死身っぷりもあってか、圧勝する。
戦闘中での会話から、彼にも愛する家族がいる上に生きている事、自らと同じく決して幸せな人生を歩んで来た訳ではない事を知ると、町の酒場の連中はレザーフェイスの素顔を見た際に酷い暴言を投げかけたと同時にジェイソンの過去のトラウマを掘り返してしまう。

「バケモノ同士もっと殺し合え」「お前らバケモノはそうして殺し合っているのがお似合いだ」

それが原因でジェイソンの怒りの矛先は自分達が本当に怒りを向けるべき相手として酒場の連中へ怒りを向ける。
彼なりのけじめとして素顔を見て罵った酒場の連中を1人残らず皆殺しにした。
自業自得である。

全てが終わった際にはレザーフェイスを手に掛ける事はなく、背中越しにただ一言だけ声を掛けて去って行った。

「俺達が戦っても他の連中を喜ばせるだけ、家族を大切にしろ」

この事から見るに情けが全く無い非情な殺人鬼ではなく、彼独自の価値観に従っているのが解る。
かなりシニカルな性格で家族を大切にする者にはそれなりに敬意を払う一面もあるようだ。

なお。本作は当然ながら物凄いプレミア価格が付いておりファンのあいだではコレクターアイテムとして知られている。

殺人に使用した武器

殺人に使うのは鉈(マチェーテ)や手斧(ハチョット)がほとんどで、他にはアイスピックに弓矢や農具、ナイフ、鉄パイプなどがあるが、チェーンソーを使った事は一度もなく逆にチェーンソーで反撃された事なら二度ある

ジェイソン・ボーヒーズ【PART2】



似た武器を上げるなら回転鋸式の芝刈り機がある。
かなりジェイソン=チェーンソーのイメージが広がっているが、これは『テキサス・チェーンソー』のレザーフェイスや『志村けんのバカ殿』内でのコント、チェーンソー絡みのCMやバラエティでの名称などによるものだと思われる。

/ブォォォォン\



因みに、『13日の金曜日』シリーズとは別に、『ジェイソン』という映画が存在し、トレードマークのホッケーマスクを被った殺人鬼が登場していたがシリーズとの関連性は全くない。

余談

作中で度々流れる「キ、キ、キ、キ…」「マ、マ、マ、マ…」というSEは「kill」「mum」の意味である(因みに両方合わせると、「Kill mum」直訳で「殺してママ」となる)。

2015年4月15日に発売された『モータルコンバットX』に追加キャラとして登場した。

3種の戦闘スタイルを持ち、それぞれ
「SLASHER(スラッシャー):メイン武器が鉈」
「UNSTOPPABLE(アンストッパブル):一度KOされても最大体力の約2割で復活」
「RELENTLESS(リレントレス):霧に紛れて後ろに回り込む」
と原作を忠実に再現している。勿論FATALITYもある。

ジェイソンに殺害された被害者の数は200人近くに上り、ホラー映画内での殺人鬼としては、圧倒的な殺害数を誇る。

HORROR美少女シリーズではジェイソンが女体化していた。

センシティブな作品センシティブな作品



関連イラスト

静止した日
ジェイソンくるーヾ(゚д゚)ノ゛


ママ…
Friday the 13th


13日の金曜日だぁああ!!
13日の金曜日



関連動画

ジェイソンの殺害シーン集(※ネタバレ、グロ注意)

関連タグ

13日の金曜日 ホラー映画
殺人鬼 不死身 怪力 息子  手斧 ホッケーマスク 奇形児 風紀委員 マザコン
ジェイソンさん JasonVoorhees

ジェイソンマスク:ジェイソンが被っているホッケーマスクの通称。ジェイソンのキャラクターを象徴するアイテム。
ジェイソン:登録タグとしてはこちらのほうが多い。
クリスタルレイク:ジェイソンの活動拠点。
偽ジェイソン:文字通りジェイソンの偽者。
パメラ・ボーヒーズ:彼を世界で唯一愛してくれた存在。
KM:シリーズにおいて一度はジェイソンを無傷で倒した数少ないキャラ。

関連キャラ・作品
貞子:生い立ちや人を殺すようになった経緯が似ており、度々二人のカップリング絵が描かれる(J貞)。
金田一少年の事件簿:作中の事件の一つである「悲恋湖伝説殺人事件」にて、犯人がジェイソンに扮して殺人を行っている。
朝倉義景:戦国時代の武将。セガのATCG戦国大戦で、ジェイソンを髣髴とさせる風貌のイラストで描かれている。
フレディVSジェイソン:二人が本気の殺し合いをしたスピンオフ作品。ジェイソンが鉈でフレディを刺した後湖に落下、ヒロインのローリーがフレディの首を吹っ飛ばしたが、どちらも生きていた。
fridaythe13thgame:13日の金曜日シリーズを題材としたホラーゲーム。
フレディ・クルーガーエルム街の悪夢シリーズに登場する、人の夢の中で殺人を繰り返す殺人鬼。こちらはジェイソンと違って非常にコミカル。
スプラッターハウス:ナムコのアクションゲーム。初代アーケード版で主人公リックがジェイソンにそっくりな外見をしている。みんなのトラウマ
アレッサ・ギレスピー:生い立ちがジェイソンと似ているホラー映画のキャラ。
13日の怪人:ジェイソンをモチーフにした特撮怪人。
仮面ライダーマルス:兜がジェイソンのホッケーマスクを意識している。
秘密結社ヤルミナティー:主人公の一人タブーのキャラはジェイソンを意識して作られている。

関連記事

親記事

13日の金曜日 じゅうさんにちのきんようび

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェイソン・ボーヒーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2417803

コメント