2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「僕はジェダイだ。かつて父がそうであったように。」

概要

STARWARSスター・ウォーズ)』シリーズの主要登場人物で、旧三部作主人公

反乱同盟軍(新共和国軍)のエースパイロット、そしてジェダイ
愛機はXウィングスターファイター。

父親はアナキン・スカイウォーカー、母親はパドメ・アミダラ、双子の妹がレイア・オーガナ
ジェダイとしての師はオビ=ワン・ケノービヨーダ

親友であるハン・ソロとは後に義兄弟となる。

人物

ド辺境の田舎惑星タトゥイーンで育ったためか、素朴で素直な青年である。
好奇心旺盛で冒険を求める性分なので、進んで危ない橋を渡ることもしばしば。愚痴も叩くし弱音も吐く、ごく普通の等身大の若者である。

父親譲りのパイロットの才能と強いフォースの素質を持っており、物語が進むにつれてジェダイとして覚醒してゆくことになる。

旧来のジェダイは生まれたときから修行を開始するのだが、ルークは成人してから修行を開始した遅咲きのジェダイである。

  • 多くのジェダイが親元から引き離され騎士団の中で共同生活を送るのに対し、ルークは19歳になるまで義理の叔父叔母夫妻に愛情深く育てられた。ジェダイが親元から引き離されて修行するのは、「肉親への愛情が喪失への恐怖を生み、ゆくゆくは暗黒面に陥る可能性がある」とされているため。ゆえにジェダイは「執着」につながる一切の感情を持たないように訓練される。それは人間関係においても同様であり、ジェダイの結婚が禁じられているのはここらへんが理由だったりする。そして奇しくもそのことが本編で証明されている

演者 日本語吹き替え

演:マーク・ハミル


経歴

生い立ち(エピソード4以前)

映画エピソード3のラストで生後間もなくオビ=ワン・ケノービの手によって、シスの手を逃れるために砂漠の惑星タトゥイーンの叔父と叔母のもとに預けられる。

叔父のオーウェン・ラーズはルークが父親と同じ道を辿ることを心配し、ルークには両親の素性を隠して銀河帝国だけでなく惑星タトゥイーンで隠遁生活を送りルークを見守っていたオビ=ワンからも遠ざけ、自分と同じ農夫として育てようとした。
そのためルークは自分がジェダイの息子であることはおろか、双子の妹が存在することすらも知らずに成長した。

純朴すぎる性格の彼は宇宙のド田舎とされるタトゥイーンですらあまり目立たない存在であり、友人たちからはワーミー(青虫)ルークと馬鹿にされる鬱屈とした日々を過ごしていた。
反射神経とスピーダーの操縦には自信があったため、田舎育ちの若者らしく都会に出て得意の操縦技術を活かして一皮剥けたいという年相応の憧れがあり、伝え聞く帝国軍の悪行には良い感情を持ってはいなかったものの、帝国アカデミー(士官学校)に進学し戦闘機のパイロットになる事を夢見ていた。
だが地元の友人たちが先にタトゥイーンを出てアカデミーに進学していく中、叔父オーウェンが何かと理由をつけてルークをアカデミーから度々遠ざけようとする事に不満を募らせていた。

エピソード4~エピソード6において

叔父の農家の手伝いをする日々の中で、帝国の手を逃れたR2-D2C-3POをたまたまジャンク市で購入したことからレイアからのメッセージを発見する。メッセージをきっかけに久々に砂漠の変人ベンことオビ=ワンと再会、オビ=ワンと父が友人でジェダイであったことを教えられ、アナキンのライトセーバーを受け取る。

その後、育ての親である叔父夫婦が惨殺されたこと、デススターでオビ=ワンがダース・ベイダーに殺されたこと、(この時はお互いに自分達が双子の兄妹であることは知らなかったが)レイアと知り合ったことから反乱軍に加盟。

ハン・ソロがベイダーのTIEアドヴァンストx1の僚機であるTIEファイターを撃墜したことでチャンスができ、ケノービから手ほどきを受けたフォースの導きに従ってプロトン魚雷を撃ち込み破壊した。

その後3年間は独学でフォースの修行を積んでいたと思われ、ライトセイバー程度の物体であれば手元に引き寄せられるまでになっていた。正史(カノン)の小説ではオーダー66によって殺害されたジェダイの関係者から話を聞いたり、そのジェダイが遺したライトセイバーを入手して構造を調べたりといった活動が描かれている。そして氷の惑星ホスでケノービの霊体に対面し、ヨーダからの指導を受けるよう指示を受ける。

向かったダゴバで自らの暗黒面と対面するとともに、ヨーダからジェダイの修業を受ける。だがその半ばでレイアやソロの危機を予知、ヨーダの静止を振り切り修行を中断して救出に向かうが、一足遅くソロの救出に失敗。自身もベイダーに敗れ右手を切り落とされた上、父の仇であったはずのベイダーこそが実の父親であることを知らされる。
しかし果てしない絶望の中でも暗黒面に屈することはせず、ベイダーから逃れるため半ば自殺同然に身を投げるが、レイアとランド・カルリジアンミレニアム・ファルコンによって助け出され、九死に一生を得た。

その後失った右手を義手で補い、約1年間の孤独のジェダイ修行に打ち込む傍らでライトセーバーを自らの手で制作する。そしてソロを奪還するためにジャバ・ザ・ハットの宮殿に乗り込むとボバ・フェットらを退け、ジャバの犯罪シンジケートを壊滅させた。

レイアが自分の妹である事をオビ=ワンの霊体から聞かされた後、第2デススターの中で父親であるベイダーと対決する。パルパティーン(ダース・シディアス)の口車に乗りダークサイドに陥りかけるがそれを拒否し、ベイダーをライトサイドに帰還させる事に成功した。
そしてベイダーことアナキンはパルパティーンを倒すが自らも致命傷を負い、ルークを目に焼き付けるようにしてこの世を去った。
これらの戦いでの活躍などから、ルークは帝国壊滅に大きく貢献した英雄の一人として語られるようになった。

その後、フォースを操る素質を持つ若者達を見出し、次世代のジェダイとして訓練する活動を行っていたようだが…?

シークエル・トリロジー

エピソード7

エンドアの戦いから30年後。銀河帝国の残党で構成された組織ファーストオーダーから、野望の最大の障害になるとして命を狙われ、ある目的を遂げることも兼ねて姿を隠しており、自身の居場所を示す地図を友人に託している。
彼をよく知る者によれば、『最初のジェダイ寺院』を探しているとのこと。

エピソード8

ジェダイ騎士団の最初期の拠点と言われる惑星の一つであるオク=トーでついにルークと会うことが叶ったレイはライトセーバーを渡すが、あろうことかルークはライトセーバーを後ろに放り投げ、ライトセーバーは危うく海に落ちそうになる。

ルークはこれまでのジェダイの歴史や失敗から、ジェダイは自分を最後に居なくなるべきだと考えていたのだ。その後も「助けてほしい」とレイが頼んでも、「あの光る剣でファーストオーダーと戦えと?」と断固戦う事を拒否し、「出ていけ」と島から追い出そうとする。
しかし、レイから「ミレニアム・ファルコン」の名前を聞き、R2やチューバッカとも再会するが、ソロが殺されてしまった事を聞きショックを受ける。R2の説得(Ep4でのレイアからの助けを求めるメッセージの再生という、ファンにも効果絶大な説得で、ルークも「ずるいぞ」と苦笑することになった)によりレイに修行をつける事を決める。

始めはフォースについて何も知らないレイに、「目をつぶり、腕を伸ばせ」と言い、持っていた草でくすぐり「これがフォースだ」と嘯くなどからかっていたが、正規の方法を教えると彼女の心の闇やフォースの強さを感じ、かつての弟子であったカイロ・レンことベンと同様危険視するようになる。

カイロ・レンについて、そして何故ジェダイは滅ぶべきと考えるのかを説明する。
しかしフォースの力によってカイロ・レンと交信し、ルークがカイロ・レンを殺そうとしたことを自分に話さなかった事を知ったレイから、「彼をああさせたのは、あなたではないのか?」と問い詰められてしまう。

彼女の指摘は事実であり、ベンのフォースの素質はルークでさえも手に余るもので、危険視するあまり寝首を掻こうとしてしまった。直前に自分で思いとどまったものの時すでに遅く、まさに自分を殺そうとする瞬間を偶然目の当たりにしてしまったベンにとっては、離反するに十分な動機を与えるものになってしまったのである。

これが決定打となり、結果レイは彼を暗黒面から助け出そうと島を後にしてしまう。
また同じ過ちをしてしまったと悩むルークのもとにヨーダの霊体が現れる。ジェダイの遺跡を燃やすべきと考えつつも躊躇していたルークの代わりに、雷を落として全て燃やしてしまう。
そしてルークはヨーダから「あんな本など意味がない、多少の知恵はつくだろうがそれは大切ではない。大切なのは教えること。極めた業も、失敗も後悔も全て教えてやれ、失敗こそ最大の師だ。」とアドバイスを受ける。

関連イラスト

ルーク・スカイウォーカー
もうひとりの



関連タグ

STARWARS
オビ=ワン・ケノービ ヨーダ
レイア・オーガナ ハン・ソロ





























    これより先、この男に訪れる運命が記載されているため閲覧には注意されたし
























エピソード8の終盤、覚悟を決めたルークはファーストオーダーの追撃により壊滅同然にまで追い込まれて惑星クレイトの砦に立てこもるレイア率いるレジスタンスの前に、(レイとカイロ・レンの戦いで壊れたはずの)アナキンのライトセーバーを持ち現れる。
レイアには謝罪の言葉と共に額にキスをし、C–3POにはウィンクをし、そしてファーストオーダー軍と対峙する。

激昂したカイロ・レンの指令により、早々にファーストオーダー軍から集中放火を受けるが、傷1つ付いておらず、肩のホコリを払う動作をし余裕さを見せつけた。
そして機体から降りてきたカイロ・レンとの一騎打ちになる。

カイロ・レンの「反乱軍はこれで終わり、ジェダイも終わり、戦いも終わる」という発言に対し、「素晴らしいな、全て間違いだ。反乱軍はまた立ち上がる、そして最後のジェダイは私ではない。戦いは始まったばかりだ」と言いライトセーバーの刃をしまう。この発言に激怒したカイロ・レンに真っ二つに斬られた………



かに見えたが、戦っていたルークはフォースで作り出された幻影で、本体がオク=トーにある孤島から操作していたのだ。そしてルークは幻影を操るのに体力を使いはたし、その場で息絶え、かつてのらと同様にフォースと一体化した。2つの太陽を見つめながら…

そしてエピソード9では…



役者やファンの反応
「名選手が名監督になれるとは限らない」という現実を悪い意味で体現したエピソード8のルークの行動は世界中で大きな賛否両論を引き起こした。
役者のマーク・ハミルも当初は自分が考えていたルーク像とあまりにもかけ離れていたからかなかなかこのルークを受け入れることができず、「君が書いたルークの話は1から10まで俺は納得できないけど、ベストは尽くすよ」と語っている。
ただし映画公開後のインタビューでは「僕は間違っていた」と考えを改めており、このエピソード8のルークを肯定的に受け止める姿勢を見せている。



























ここから先、あるスピンオフ作品の重大なネタバレ





























「あんたはジェダイか?」



























ルーク・スカイウォーカー







「そうだ」




 


マンダロリアン」Season2最終話にて、モフ・ギデオンのクルーザーにてダーク・トルーパーの集団に取り囲まれ絶体絶命の危機に陥っていたマンドーグローグーたちの前に姿を現す。同作の舞台はエンドアの戦いから5年後の時点であり、旧三部作よりさらにパワーアップした堂々たるジェダイ・マスターの姿を見せつけた。その力はマンドーが一体相手でも手こずったダークトルーパーを数十体相手にしながらたった1人で無双し、しかも狭い通路に待ち受ける十数体の同機種をバッタバッタとなぎ倒し、最後の一体はフォースで握り潰すなど凄まじいもの。そしてマンドーたちと合流したルークは、グローグーの訓練を引き受けることをマンドーに伝え、彼を連れてクルーザーを後にした。

  • 彼の出演は同作における最高機密であり、脚本も直前まで別のジェダイマスターが出るとフェイクのものを使用し、カモフラージュを徹底していた。なお、その際にカモフラージュに使われたジェダイマスターはなんとマスター・プロ・クーン。おそらく、フィローニ監督が彼の大ファンであったから登用されたのだろう。なお、現場でのコードネームは「ボスプロ」。厳しい緘口令がニ年近く敷かれていたため、情報開示後もスタッフたちはコードネームで呼んでいるという徹底ぶりである。
  • 彼の正体がわかるまで、これでもかとさまざまなファクターを重ねがけるにくい演出のオンパレードがある。
    順番演出ファンの反応
    1Xウィングがクルーザーに着艦この時点で助けに来るのはジェダイと察しがつく展開なので「Xウィングに乗ってるジェダイって...!!」とざわめく
    2黒いフードを被った人影が通路をいくシルエットがどっかで見た形なので、大体察するけどまだ半信半疑
    3ライトセーバーでダークトルーパーなで斬り監視カメラのモノクロ映像なのでセーバーの色がわからないが、パワフルなフォームなのがわかる
    4緑のセーバーと右手の黒い手袋がドアップ大体のファンはここで正体を察して悲鳴をあげる
    5エレベーターから出てトルーパー相手に無双カメラワーク含め彼の父親が見せた無双にそっくり
    6右手をかざしてトルーパーを握りつぶす4同様右手のみ手袋と明確にわかるので、大抵のファンは推測が確信に変わる(でもまだ「まさか」とぎりぎり思ってる)
    7ブリッジに招き入れられ、フードを脱いで素顔を晒すファンは声にならない悲鳴をあげ、しめやかに限界化する

  • 分かりづらいって方は、海外の同志たちのリアクション集をどうぞ。海を越えても限界化したオタクの反応は万国共通だってことがわかるだろう。
 
  • なお、この作品においてルークを演じたのはマーク・ハミル本人である。なお、顔についてはディープフェイクという最新技術で合成した。簡単にいうと「AIを使って膨大な画像から最適な画像を選んで適時映す」という離業である。一方声の方はというと、昔のマーク・ハミルの声を合成した。精度に差はあるかもしれないが、実質これと言えるだろう。
    • 彼の出演についてはファヴロー監督フィローニ監督もすぐさま「出そう」と意見が一致したのだが、彼らはルークというキャラが持つ影響力を十分に理解しており(彼らの言葉を借りれば「出しすぎると話の中心を持っていってしまう」)、話の中心をこのドラマの主人公たちから奪わないギリギリのラインで出演させた。
    • また、演出に関しても「『ジェダイの帰還』直後のルークを完全再現する」という目標を立て実現に取り組んだ。これまでも亡くなった俳優の顔をCGモデル化して演者の顔に合わせたり生前撮りためておいたライブラリーから映像を切り抜いて背景と合成したりとさまざまな手法が取られてきたが、本作ではそれ以上を目指した。その実現のため、ルーカスフィルム、そして最強クラスのCGI技術を誇るILM社の持てる技術の全てを注いで制作された。加えてこれまで同作中で絶対に投入しなかった最後の切り札を最後の最後で使うなど、さまざまな面で総力戦を展開した。その詳しい経緯はDisney+で配信されているメイキング集に詳しいが、その内容はぶっちゃけこれと比べても遜色ないレベルのドキュメンタリー大作である。正直製作舞台裏を映画化しても十分ドラマになると思われる。
    • 彼らの奮闘の結果は...本編とそれを見たファンの反応を見れば、語るまでも無いだろう。あれだけXウィング登場からブリッジに登場するシーンまで「ルークか?!」「いや、まさか...」と散々言っていたファンたちが、フードを取った瞬間「やっぱりルークだ!」と狂喜するのではなく、「ルーク?!」「マジかよ?!」「『あの』ルークだ!!」と驚愕するということだけでも、その成果は自ずとわかるだろう。


 「マンダロリアン」の実質的な続編にあたる「ボバ・フェット」のエピソードでは、預かったグローグーにジェダイとしての訓練を授けている姿が描かれると同時に、次世代のジェダイを育てるためのアカデミー設立に励んでいる姿が描かれている。また、同エピソードでは父のパダワンだったアソーカ・タノと面識があることが判明した。オビ=ワン・ケノービ亡き後、"アナキン"時代の父を知る数少ない人物である彼女から、ルークがどんな話を聞いたのか気になるところである。
  • こちらではスタントなどもこなす必要もあるため、ハミルの他にグラハム・ハミルトンがルークを演じた。なお、顔についてはディープフェイクやハミルトンの顔をCGで合成した。
  • なおこっちでも台本ではルークのところが「プロ・クーン」とぼかされていた。そのためルークと共演することになったアソーカ・タノ役のロザリオ・ドーソンは「なんでプロ・クーンが出てくるんだろう?」と疑問に思いつつ撮影現場に行ったら、まさかのマーク・ハミルという状況に頭が真っ白になったそう。
  • なお、ハミル自身はかつてヨーダに教えを受けたルークがヨーダと同じ種族であるグローグーに教えを授けるという展開に大いに喜んでいるという。なお、ハミル自身、「マンダロリアン」の大ファンでもあり、脚本を読ませてもらって一気に引き込まれたらしい。
  • なお、「マンドーと共に行くか、ジェダイとなるか」という二者択一をグローグーに迫った点を「こんな子供に残酷な選択を...」「どっちにも兼ねた最初の一人になればいいじゃない!」と苦言するファンもいるが、見方を変えればこれもルークなりの優しさとも言える。先述の通りルークは19歳まで義理の叔父夫妻の下で愛情深く育てられており、肉親の愛情がもたらす良い影響を身をもって知っていた(もっと言えば、ルークは肉親の情愛で命を救われている)。加えて、グローグー自身がフォースの探求にそれほど熱心ではないことも薄々感じ取っており、それを踏まえグローグー自身の意志で自らの行くべき道を選ばせたとも言える。あるいは「スカイウォーカー」という血筋に縛られ、最後のジェダイとして周囲からの期待を一身に受け続け、ジェダイとなる以外に道のなかった自身の境遇ゆえに与えた選択肢なのかもしれない。なお、外見こそ幼児であるが、グローグーはこの時点で50歳であるため、ルークの倍ほどの年月を生きていることになり人生経験も彼以上にあると考えられるため、「こんな子供に...」とは言い切れないのも事実である。

関連記事

親記事

ジェダイ じぇだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ルーク・スカイウォーカー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ルーク・スカイウォーカー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1271476

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました