ピクシブ百科事典

ルーク・スカイウォーカー

るーくすかいうぉーかー

『スター・ウォーズ』エピソード4~6の主人公
目次[非表示]

STARWARSスター・ウォーズ)』シリーズの主要登場人物。反帝国軍(新共和国軍)のエースパイロット、そしてジェダイ。愛機はXウィングスターファイター。
父親はアナキン・スカイウォーカー、母親はパドメ・アミダラ、双子の妹がレイア・オーガナ。親友であるハン・ソロとは後に義兄弟となる。

経歴

生い立ち(エピソード4以前)

映画エピソード3のラストで生後間もなくオビ=ワン・ケノービの手によって、シスの手を逃れるために砂漠の惑星タトゥイーンの叔父と叔母のもとに預けられる。
叔父のオーウェン・ラーズはルークが父親と同じ道を辿ることを心配し、ルークには両親の素性を隠して銀河帝国だけでなく惑星タトゥイーンで隠遁生活を送りルークを見守っていたオビ=ワンからも遠ざけ、自分と同じ農夫として育てようとした。
そのためルークは自分がジェダイの息子であることはおろか、双子の妹が存在することすらも知らずに成長し、オーウェンが自分を帝国アカデミーに進学させようとしない事に不満を漏らしていた。

エピソード4~エピソード6において

青年期に帝国の手を逃れたR2-D2C-3POをジャンク市で購入し、レイアからのメッセージを受け取ったことからケノービと知り合い、父がジェダイであったことを教えられ、アナキンのライトセーバーを受け取る。
その後、家族が惨殺されたこと、デススターでケノービがダース・ベイダーに殺されたこと、(この時はお互いに自分達が双子の兄妹であることは知らなかったが)レイアと知り合ったことから反乱軍に加盟。ハン・ソロがベイダーのTIEアドヴァンストx1の僚機であるTIEファイターを撃墜したことでチャンスができ、ケノービから手ほどきを受けたフォースの導きに従ってプロトン魚雷を撃ち込み、破壊した。
その後3年間は独学で修行を積んでいたと思われ、正史(カノン)の小説ではオーダー66によって殺害されたジェダイの関係者から話を聞いたり、そのジェダイが遺したライトセイバーを入手して構造を調べたりといった活動が描かれている。そして氷の惑星ホスでケノービの霊体に対面し、ヨーダからの指導を受けるよう指示を受ける。
向かったダゴバで自らの暗黒面と対面するとともに、ヨーダからの修業を受ける。その半ばでレイアやソロの危機を知り、ヨーダの静止に拘らず向かった際、ベイダーに右腕を切り落とされ、ベイダーの息子であることを知らされる。ベイダーの手を逃れ、ランド・カルリジアンミレニアム・ファルコンによって助け出され、九死に一生を得た。
その後義手を与えられ、ライトセーバーを自らの手で制作する。そしてソロを奪還するためにジャバ・ザ・ハットの宮殿に乗り込み、ボバ・フェットらを退け、ジャバの犯罪シンジケートを壊滅させた。
レイアが自分の妹である事をオビ=ワンの霊体から聞かされた後、第2デス・スターの中で父親であるベイダーと対決する。パルパティーン(ダース・シディアス)の口車に乗りダークサイドに陥りかけるがそれを拒否し、ベイダーをライトサイドに帰還させる事に成功した。そしてベイダーはパルパティーンを倒し、自らも致命傷を負う。
これらの戦いでの活躍などから、ルークは帝国壊滅に大きく貢献した英雄の一人として語られるようになった。
その後、フォースを操る素質を持つ若者達を見出し、次世代のジェダイとして訓練する活動を行っていたようだが…?

エピソード7

エピソード6から30年後。銀河帝国の残党で構成された組織ファーストオーダーから、野望の最大の障害になるとして命を狙われ、ある目的を遂げることも兼ねて姿を隠しており、自身の居場所を示す地図を友人に託している。
彼をよく知る者によれば、『最初のジェダイ寺院』を探しているとのこと。

人物

ド辺境の田舎惑星タトゥイーンで育ったためか、素朴で素直な青年である。好奇心旺盛で冒険を求める性分なので、進んで危ない橋を渡ることもしばしば。愚痴も叩くし弱音も吐く、良くも悪くも等身大の若者である。
父親譲りのパイロットの才能と強いフォースの素質を持っており、物語が進むにつれてジェダイとして覚醒してゆくことになる。旧来のジェダイは生まれたときから修行を開始するのだが、ルークは成人してから修行を開始した遅咲きのジェダイである。

日本語吹き替え


関連項目

STARWARS
オビ=ワン・ケノービ ヨーダ
レイア・オーガナ ハン・ソロ

pixivに投稿された作品 pixivで「ルーク・スカイウォーカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 464233

コメント