ピクシブ百科事典

レイア・オーガナ

れいあおーがな

レイア・オーガナは、STARWARSの登場人物。
目次[非表示]

STARWARSエピソード4~6におけるメインヒロイン
アナキン・スカイウォーカーパドメ・アミダラとの間の長女で、ルーク・スカイウォーカーは双子の兄。

経歴

生い立ち

出産直後にパドメが亡くなったため、惑星オルデランの総督で子に恵まれなかったオーガナ夫妻の養子となる。
養子であることは公になっていたものの、父親がアナキン・スカイウォーカー(=ダース・ベイダー)である事も含めて実の両親の素性については聞かされていなかった(それでも兄ルークとは異なり、母親であるパドメのことを朧気ながら記憶している。恐らく、養父母から生前の母親について聞かされたり映像を見せられていたものと推測される)。
成長したレイアは養父であるベイル・オーガナの後継者として帝国元老院で最年少の元老院議員となり、実母であるパドメや養父であるベイルと同様に民衆への強い思いやりを持つ政治家となる。
同時に水面下では養父ベイルと共に反乱同盟軍の指導者となり、養父の同僚であった元老院議員のモン・モスマらと共に点在する反乱組織をまとめ上げて反乱同盟軍の体制を作り上げたり圧政に苦しむ人々を支援する事に尽力した。

エピソード4~6

そして反乱軍のスパイチーム「ローグ・ワン」が帝国軍の秘密兵器デススターの設計図を盗み出し、同盟軍の旗艦がデータを受信するが、直後にダース・ベイダーの指揮するスター・デストロイヤーによってこの旗艦は撃墜されてしまう。レイアの部隊は設計図データを記録したディスクを同盟軍基地に届けるべく、接舷していた彼女の外交船で決死の脱出を果たした。
しかし、ベイダーの執拗な追跡によって追い詰められ、逮捕される直前にどうにか惑星タトゥイーンに辿り着いたレイアはこの惑星で隠遁生活を送るオビ=ワン・ケノービに望みを託し、設計図をドロイドR2-D2に記録して(たまたま脱出ポッドに同乗したC-3POと共に)送り出す。
その後デススターに連行された彼女はドロイドのメッセージを受け取ったオビ=ワンと共にデススターへと侵入したハン・ソロや(当時はお互いに知らなかったが)兄ルークの手によって救出される。
そしてミレニアム・ファルコンで脱出した際に反乱軍基地がヤヴィン第4衛星にあることを突き止められてしまうが、ルークの活躍によってデススターは破壊されて辛くも窮地を逃れた。
密輸業者として自分の利益を優先させようとするハン・ソロとは最初はいがみ合う場面が多かったものの、戦争の中で度々行動を共にするうち次第に心を通わせるようになり恋に落ちる。
しかし、3年後惑星ホスから逃れてハンと共に彼の旧友ランド・カルリジアンの元を訪れた際にダース・ベイダーが息子ルークを引き寄せるための材料としてベイダーによって捕らえられてしまう。ハンはカーボナイト冷凍されてボバ・フェットに引き渡され、ランドの改心により脱出には成功したもののハンとは離ればなれになる。
その後の約半年間レイアは仲間であるルークやランドらと共に冷凍されたハンの身柄を運ぶボバの行方を追い、ジャバ・ザ・ハットの元へ冷凍されたハンが届けられたことを突き止める。
賞金稼ぎブーシに変装してジャバの宮殿に潜入したレイアは冷凍されたハンの元へと辿り着くが、ジャバには見抜かれており鎖で繋がれて奴隷にされてしまう。
その後ジャバの元へソロらを解放するよう交渉に現れたルークも捕らえられてしまい、あわやルークとハンが処刑されそうになるがルークと衛兵になりすまして潜入していたランドの機転により形成は逆転。レイアも自分を拘束していた鎖を利用してジャバを絞殺し、脱出する。
その後エンドア星系で建造中の2基目のデススターを守るシールド発生装置を破壊する任務の途中、原住民であるイーウォックと遭遇して和解に成功し、彼らの協力を取り付ける。
この時にルークから彼とレイアが双子の兄妹であることやダース・ベイダーが彼らの父親である事を知らされる。
その後レイアはハンや反乱軍部隊とイーウォックらと共にシールド発生装置を破壊し、第2デススターの破壊とそれに続く帝国の崩壊に大きく貢献した。

フォースの覚醒

銀河帝国と新共和国の間に結ばれた協定によって帝国に大幅な軍縮と莫大な賠償金が課せられる中、レイアは帝国残党の内部で暗躍する新勢力「ファーストオーダー」の脅威にいち早く気づき、新共和国に警戒を訴える。
しかし、協定によって帝国が無力化されたと信じる新共和国元老院の大部分の議員はこれを聞き入れず、レイアはファーストオーダーに対抗する軍事組織:「レジスタンス」を独自に結成。自らも将軍として陣頭指揮にあたっている。

余談

ジャバのペット。
slave leia


pixivも含め、イラスト投稿サイトでは、ジャバに捕えられて奴隷にされていた時の姿を描いたイラストが圧倒的多数を占めている。まあ、恰好が恰好だっただけに仕方ないね
レイアを演じたキャリー・フィッシャーは2017年12月23日ロンドンからロサンゼルスへ移動する飛行機の中で心停止、心肺蘇生法が行われ一時的に回復するも。27日に帰らぬひととなった
ルークを演じたマーク・ハミルは、彼女の死に「no wards」とTwitterで語っている。

因みに母親のデビー・レイノルズも女優兼歌手(代表作『雨に唄えば』)だったが、キャリーの後を追うように翌28日に脳梗塞で天に召された。

関連項目

STARWARS
ルーク・スカイウォーカー アナキン・スカイウォーカー パドメ・アミダラ
ハン・ソロ

pixivに投稿された作品 pixivで「レイア・オーガナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79961

コメント