2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「助けてオビ=ワン・ケノービ…あなただけが頼りです…」

概要

STARWARSエピソード4~6におけるメインヒロイン
アナキン・スカイウォーカーパドメ・アミダラとの間の長女で、ルーク・スカイウォーカーは双子の兄。

経歴

生い立ち

出産直後にパドメが亡くなったため、惑星オルデランの総督で子に恵まれなかったオーガナ夫妻の養子となる。
養子であることは公になっていたものの、父親がアナキン・スカイウォーカー(=ダース・ベイダー)である事も含めて実の両親の素性については聞かされていなかった(それでも兄ルークとは異なり、母親であるパドメのことを朧気ながら記憶している。恐らく、養父母から生前の母親について聞かされたり映像を見せられていたものと推測される)。
成長したレイアは養父であるベイル・オーガナの後継者として帝国元老院で最年少の元老院議員となり、実母であるパドメや養父であるベイルと同様に民衆への強い思いやりを持つ政治家となる。
同時に水面下では養父ベイルと共に反乱同盟軍の指導者となり、養父の同僚であった元老院議員のモン・モスマらと共に点在する反乱組織をまとめ上げて反乱同盟軍の体制を作り上げたり圧政に苦しむ人々を支援する事に尽力した。

エピソード4~6

そして反乱軍のスパイチーム「ローグ・ワン」が帝国軍の秘密兵器デススターの設計図を盗み出し、同盟軍の旗艦がデータを受信するが、直後にダース・ベイダーの指揮するスター・デストロイヤーによってこの旗艦は撃墜されてしまう。レイアの部隊は設計図データを記録したディスクを同盟軍基地に届けるべく、接舷していた彼女の外交船で決死の脱出を果たした。
しかし、ベイダーの執拗な追跡によって追い詰められ、逮捕される直前にどうにか惑星タトゥイーンに辿り着いたレイアはこの惑星で隠遁生活を送るオビ=ワン・ケノービに望みを託し、設計図をドロイドR2-D2に記録して(たまたま脱出ポッドに同乗したC-3POと共に)送り出す。
その後デススターに連行された彼女はドロイドのメッセージを受け取ったオビ=ワンと共にデススターへと侵入したハン・ソロや(当時はお互いに知らなかったが)兄ルークの手によって救出される。
そしてミレニアム・ファルコンで脱出した際に反乱軍基地がヤヴィン第4衛星にあることを突き止められてしまうが、ルークの活躍によってデススターは破壊されて辛くも窮地を逃れた。
密輸業者として自分の利益を優先させようとするハン・ソロとは最初はいがみ合う場面が多かったものの、戦争の中で度々行動を共にするうち次第に心を通わせるようになり恋に落ちる。
しかし、3年後惑星ホスから逃れてハンと共に彼の旧友ランド・カルリジアンの元を訪れた際にダース・ベイダーが息子ルークを引き寄せるための材料としてベイダーによって捕らえられてしまう。ハンはカーボナイト冷凍されてボバ・フェットに引き渡され、ランドの改心により脱出には成功したもののハンとは離ればなれになる。
その後の約半年間レイアは仲間であるルークやランドらと共に冷凍されたハンの身柄を運ぶボバの行方を追い、ジャバ・ザ・ハットの元へ冷凍されたハンが届けられたことを突き止める。
賞金稼ぎブーシに変装してジャバの宮殿に潜入したレイアは冷凍されたハンの元へと辿り着くが、ジャバには見抜かれており鎖で繋がれて奴隷にされてしまう。
その後ジャバの元へソロらを解放するよう交渉に現れたルークも捕らえられてしまい、あわやルークとハンが処刑されそうになるがルークと衛兵になりすまして潜入していたランドの機転により形成は逆転。レイアも自分を拘束していた鎖を利用してジャバを絞殺し、脱出する。
その後エンドア星系で建造中の2基目のデススターを守るシールド発生装置を破壊する任務の途中、原住民であるイーウォックと遭遇して和解に成功し、彼らの協力を取り付ける。
この時にルークから彼とレイアが双子の兄妹であることやダース・ベイダーが彼らの父親である事を知らされる。
その後レイアはハンや反乱軍部隊とイーウォックらと共にシールド発生装置を破壊し、第2デススターの破壊とそれに続く帝国の崩壊に大きく貢献した。

エピソード6以後

「お前は正しかった。私には善の心が残っていた。妹にもそう言ってやれ」。この父の遺言通りルークは妹にダース・ヴェイダーはライトサイドに帰還し、アナキン・スカイウォーカーに戻ったことを伝えた。
しかし、レイアはルークが言うからには事実なのだろうとは認めたものの、率直な感想は「少しでも良心が残っていたと抜かすなら、どうして実の娘を拷問している時に目覚めなかったのか」であった。何よりも育った惑星を、育ての両親を、数えきれない友人を目の前で吹き飛ばされた時、抗議しようとする彼女の肩をしっかりと掴み抵抗を許さなかったベイダーの手の感触を忘れることは出来なかった。もっとも、とうに死んだ父のためルークと言い争う意思もなく、直接その思いを告げることはなかった。
皇帝は打倒したものの、帝国の艦隊や各地の軍閥はまだまだ健在であったため、ルークは自分と同じく父の素質を受け継ぐレイアにジェダイへの訓練を施すことになる。だが、レイアは自らがフォースに触れるにつれはっきりと自覚してしまう、自らの暗黒面を。「父への怒り、憎しみ、恐怖は消すことが出来ない」「フォースの訓練を続ければ自分は暗黒面に堕ちる」と確信するに至る。そして、それも嘘ではなかったが、政治家に専念したいと告げ修行を辞退したのである。この時からレイアは自分やその子供から第2のベイダーが生まれるのではないかと恐れるようになっていく(具体的な修行シーンはEP9で始めて描かれたもののEP7の時点でレイアがルークの最初の弟子であることは明かされていた。とはいえ、流石に自主退学であるため数に入れられていないのかしばしば彼女の息子のほうが一番弟子と記載されることがあった)。

それこそレイアが産休を取っていられる程帝国との戦争が終わりに近づいた頃、彼女はソロとの息子を身籠ることになる。その子は胎児の頃から「フォースの塊そのもの、人間とは思えない」と感じられるほどの素質を持っていた。なお、この前後からレイア・オーガナ・ソロとの記載も一部見られる。
更にそこから一筋の暗黒を感じ取ったレイアはルークに相談するものの、彼女の真の心配を知らぬルークは「人間に多少暗黒面があるのは当たり前」と答えるのみだった。
偶然ではあるが、帝国がついに降伏した日に出産し、その子は暗黒面から守ってくれるようにと偉大なジェダイの名を与えられベン・ソロと名付けられる。
その後、彼女は母としても政治家としても帝国とベイダーを再び生み出さぬために活動してくことになる。

その後、銀河帝国と新共和国の間に結ばれた銀河協定によって帝国に大幅な軍縮と莫大な賠償金が課せられ、帝国は完全に無力化されたかに思われた。だが、帝国残党の内部で銀河協定に反発し暗躍する新勢力「ファーストオーダー」が台頭。レイアはその脅威にいち早く気づき、新共和国に警戒を訴える。
しかし、協定によって帝国が無力化されたと信じる新共和国元老院の大部分の議員はこれを聞き入れず、更にはレイアの政敵の策謀によって彼女は自身がダース・ベイダーの娘である事を元老院で暴露され、謂れなき非難と共に政界を去る事になる。
レイアにとって最悪な事に、彼女は自分の父であり息子ベンにとっては祖父に当たるダース・ベイダーの存在をこの時までベンにも伝えていなかった。そのためレイアが政界を去った時の報道により、息子ベンに祖父の存在をあまりにも大きすぎる悪評と共に突き付ける形になる事への影響を危惧する。しかしこの事件と同じ頃、伯父ルークや彼に師事する他の兄弟弟子と共に銀河の辺境で修行の旅をしていたはずの息子ベンはレイアの知る由もない所で既にファーストオーダーの黒幕にして新たな暗黒面の使い手たるスノークから接触を受けており…。

ちなみに新共和国元老院議員達の名誉の為書いておくとレイアへの非難の中心となったのは「ダース・ベイダーの娘であったこと」そのものではなく(そもそもレイア自身が反乱軍の中核メンバーかつ立役者であったことは周知の事実であっただろうし)、「そのことを黙ったまま新たな役職『主席議員』に立候補したこと」だった。クローン大戦時代に最高議長に非常事大権を与え、次々とその権限を強化する法案の通過を許した結果、共和制の廃止にまで至った事への反省から新共和国元老院では最高議長職を廃止。代わりに議会の進行を担う議長職が置かれるが、その権限は大きく制限されていた。しかし、帝国時代と同様に中央集権体制で銀河を統治すべきと唱える「セントリスト」と各加盟惑星の自治権強化を推し進める「ポピュリスト」という2つの党派の対立が激化すると多くの議員が問題の起きるたびに対立党派の揚げ足取りに終始するようになり、議会が麻痺状態に陥った。その結果かつての最高議長と同様に強い権限を以て元老院の職務を進める役職を求める声が上がり、議長に代わる新たな役職「主席議員」の創設とその選挙が決定される。一方でこの流れに危機感を抱き「主席議員」創設に反対する議員も多く存在し、レイアはその急先鋒として権限の集中を押しとどめる「良心的な主席議員」になりうる候補者と期待されていたのである。
そのような状況でレイアの隠された出自が暴露された結果、「レイアもパルパティーンのように、主席議員となった途端豹変して権限の集中を押しとどめるどころか新たな皇帝となるのではないか」と強い恐怖を抱く者が多く現れたことも無理もない話ではあると言える。
付け加えると日本では立候補にあたって政治家が出自まで明かす義務はないが、米国では文句なしのアウトであり、あちらの銀河ではれっきとした犯罪だった可能性が高い。現に神話の英雄ルーク・スカイウォカーを攻撃したと知れたら政治家としてのキャリアは終わりだ、という打算も込みとは言え、双子の兄として同じくベイダーの息子である事が暴露される結果になったルークに対しては非難が及んでいない。

シークエル・トリロジー

新共和国の大部分の支持を失ったレイアはファーストオーダーに対抗する軍事組織「レジスタンス」を独自に結成。新共和国としては彼女の訴えを聞き入れた一部勢力がレジスタンスを支援しつつも、全体としては黙認という形で対応を取る。そしてレイアは自ら将軍として陣頭指揮にあたっている。

エピソード8では、ブリッジが砲撃されたことで生身で宇宙空間に吹き飛ばされてしまうも、家族譲りのフォースの力で船内へ帰還するという荒業を見せる。

余談

センシティブな作品センシティブな作品


pixivも含め、イラスト投稿サイトでは、ジャバに捕えられて奴隷にされていた時の姿を描いたイラストが圧倒的多数を占めている。まあ、恰好が恰好だっただけに仕方ないね

レイアを演じたキャリー・フィッシャーは2016年12月23日ロンドンからロサンゼルスへ移動する飛行機の中で心停止、心肺蘇生法が行われ一時的に回復するも。27日に帰らぬひととなった
ルークを演じたマーク・ハミルは、彼女の死に「no words」とTwitterで語っている。
このため、2019年公開の最終作「スカイウォーカーの夜明け」では過去作でお蔵入りとなったシーンを編集する等して彼女の登場シーンを何とか捻出している。

因みに母親のデビー・レイノルズも女優兼歌手(代表作『雨に唄えば』)だったが、キャリーの後を追うように翌28日に脳梗塞で天に召された。

関連項目

STARWARS
ルーク・スカイウォーカー アナキン・スカイウォーカー パドメ・アミダラ
ハン・ソロ






















以下、エピソード9『スカイウォーカーの夜明け』のネタバレ注意













エピソード9では、前作で息絶えたルークに代わりレイのマスターとして彼女を指導する。
しかし、過酷な戦いを通して既に彼女の肉体は限界を迎えつつあり、物語中盤で息子ベンを説得するべくフォースで呼び掛けるために残された力を全て使い果たし、多くのレジスタンスの兵士に見守られながら静かに息を引き取った。
なお、ルークと修行していた際に自身のライトセーバーを自作しており、長い間保管されていたが彼女の死後、レイに託される事となる。

すべての戦いが終わった後は、兄:ルークと同様霊体となり、レイがルークの住居跡にライトセイバーを返却しに来た際には、かつての父やオビ=ワンとヨーダがそうしたように、ルークと共に彼女のことを見守り、微笑みかけていた。

関連記事

親記事

ルークエピソード るーくえぴそーど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「レイア・オーガナ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「レイア・オーガナ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 510231

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました