ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

1954年3月2日生まれ。東京都台東区浅草出身。本名は田中由美子(旧姓:高島)。

アニメ・吹き替え問わず多数の作品に出演している。

2008年4月より、長年所属していた俳協からアクロスエンタテインメントに移籍。2009年10月まで所属していた。その後、フリーの期間を経て、2010年に俳協に復帰後、2018年1月1日から青二プロダクションに移籍。過去には同人舎プロダクションに所属していたこともある。


やや低めで芯のある声質が特徴。海外ドラマや洋画吹き替えではデミ・ムーアシャロン・ストーンジーナ・デイヴィスレネ・ルッソを担当することが多い。

古典劇から現代劇、重厚なドラマからシットコム・コメディ、特撮作品(顔出しでの出演もある)まで幅広く出演し、ヒロインの吹き替えも多くこなす。また、ナレーションの仕事も多く、テレビ番組から企業向けのナレーションまで幅広く活動している。


高校卒業後にビジネスイベントのナレーターとして、某大手電機メーカーのブースで製品についての説明をする仕事をしていた。ある時、客から製品の機能について質問されたが、原稿を丸暗記していただけでコンピュータについては全く詳しくなかったため何も言えず固まってしまい、結局最初から同じ説明をもう一度繰り返すだけになってしまった。この時の経験がきっかけで「喋ることは好きだが、中身のない飾り物になるのは嫌だ」と考えるようになり、知人からあるプロダクションを紹介されたことで声優に転職する。


劇団薔薇座出身で、野沢那智の下で演技の指導を受けた。

演技指導の厳しさで知られている野沢も、高島の実力を高く評価している。

また野沢は深夜ラジオ放送内で「あいつが向こうから歩いてくると幸せな気分になる」と白石冬美に語っている。野沢は甘い考えの者には罵声も浴びせたり物を投げつける程行き過ぎともとられそうな厳しさで、心身からの演技指導をすることが多かったが、高島は当初から当時としても珍しいくらいまでに真面目で、大人しく無駄な行動や余計な発言も見られないストイックなまでの演技へ対する姿勢にて野沢からの指導に臨んでいたので、さすがの野沢もキツイ物言いは殆どしなかった、できなかった程との事。

ただし、これは周囲の関係者が見た印象と野沢が劇団の外で語った事で、高島自身は「厳しいから上のダメ出し連続の毎日で、指導されてた時は一度として具体的に褒められたことなんか無かったけど、逆にあれだけ言われないと他の現場では抜けてるところがないか不安になったくらいで、後になって指導時の野沢さんの真意を察する事が多かったです。仕事が徐々に増えていくようになってから、ようやく褒めても頂けるようになりました」と感想を述べている。


温厚で穏やかな人柄として知られ、現場での信頼も厚いことが共演者やスタッフから語られている。田中敦子は、新人時代に高島の演技や人柄に感激し、現在でも高島を目標としている。


夫は同じく声優の銀河万丈。夫婦での共演も多数ある。『新スタートレック』のディアナ・トロイ役を演じた際にウォーフ役の銀河と共演。この二人はのちに恋人関係になる。『スパイダーマン2』の日本語吹き替え版でも、夫婦役で共演、『シティーハンター』第29話では高島がゲストヒロイン役で、銀河が悪役として出演した。


芸名の由来は、かなりスレンダーな体型であったことから「鶏ガラのようだ」と言われ、「ガラ」に漢字を当てて「雅羅」とした。


主な演作品

アニメ


イラスト未確認

いたわりロボットドラえもん(テレビ朝日版第1期)

女性医師@アニメ神頼みシリーズ


劇場アニメ


イラスト未確認

白咲桜私に天使が舞い降りた!プレシャス・フレンズ


ゲーム


イラスト未確認

ガラン・シガタール・クライン逆転裁判6


ドラマCD


イラスト未確認

早乙女牡丹7SEEDS


海外アニメ


吹き替え


特撮


関連タグ

青二プロダクション 声優 女性声優 女優 ナレーター


外部リンク

関連記事

親記事

青二プロダクション あおにぷろだくしょん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28476

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました