ピクシブ百科事典

ヒルダ・ビダン

ひるだびだん

ヒルダ・ビダンとは、「機動戦士Ζガンダム」の登場キャラクター。

概要

CV:高島雅羅

地球連邦軍の材料工学の技術中尉で、カミーユ・ビダンの母。
フランクリン・ビダンと共にガンダムMk-Ⅱの開発に携わっていた。
夫と同じく仕事を優先する性分であるため、夫の愛人の事を知っていても無関心であった。

ティターンズの憲兵に逮捕された息子カミーユを引き取りに行くが、ガンダムMk-Ⅱを奪ったカミーユの親という事でティターンズに人質にされてしまう。
その後、カプセルに閉じ込められて宇宙空間に放たれ、ジェリド・メサが乗るハイザックに撃ち抜かれてカミーユの目の前で殺害された。

殺される直前にカミーユが投げかけたセリフは「あなたは何やってんです!そんなところで!」という、人質に取られている実の母親に向ける言葉とは思えないほど他人行儀なセリフで、家族関係がどれだけ冷え切っていたか窺い知れる。
しかし目の前で親を殺され、永久に分かり合う機会を失ったカミーユは激しく取り乱して慟哭した。

事情を知らずにカミーユの母を殺してしまったジェリドは、その瞬間に言いようのない不愉快さを感じ取り、事情を知ったあとにはその罪悪感から
「まだおっぱいが恋しい年頃だったんだものなあ…殴ってもいいんだぜ?いつかの空港の時みたいにな」
と、無駄にカミーユを挑発して殴らせようとするが、当のカミーユは
「軍人は善悪の判断が出来ないし、直接対決では勝ってるから許してやる。代わりにお前の組織を憎む(意訳)」と返してさらに因縁を深めていく。

上記の経緯もあってか、カミーユは女性に対して満たされなかった母性を求めてしまうらしく、エマ・シーンからはストレートにマザーコンプレックスと評される。
現にハマーン・カーンとの対決でニュータイプの共鳴により互いの深層心理を垣間見たとき、カミーユの心の底にあったのは、母親に可愛がられていた幼いころの記憶であった。

関連タグ

機動戦士Ζガンダム カミーユ・ビダン 地球連邦軍 フランクリン・ビダン

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒルダ・ビダン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2952

コメント