ピクシブ百科事典

目次[非表示]

カミーユ・ビダン「歯ぁ喰いしばれ! そんな大人!修正してやる!」

クワトロ・バジーナこれが若さかッ……」

概要

修正パンチとは機動戦士Ζガンダム第13話「シャトル発進」にて、主人公のカミーユ・ビダンエゥーゴクワトロ・バジーナ大尉を殴り飛ばした鉄拳制裁の事である。

ジオンのシャアがなんでエゥーゴに手を貸すのです

この時、クワトロ大尉はその正体がジオン公国のエースパイロット「シャア・アズナブル」であること、ひいてはジオン共和国創始者の実子「キャスバル・レム・ダイクン」であることを看破されていた。
本来ならば政治的影響力を持った代表者として行動するのが筋であり、偽名を使ってパイロットに甘んじているシャアは卑怯者であると責められている最中であった。
実際、ブレックス准将と共にエゥーゴを創立したのは他ならぬシャアなのである。そうした幹部が大尉待遇で現場指揮官に甘んじ、だがヘンケン中佐やブライト大佐ら階級が上の者たちと対等以上の発言力を持っているのは実に不自然なのであった。

カイ・シデンからの手紙を元に論理的に問い詰めていくハヤト・コバヤシに対して
「シャアという人がそういう人ならばそうでしょう」「しかし私は、クワトロ・バジーナ大尉です」と、あくまでシャアであることを認めようとせず、聞き耳を立てて割って入ってきたカミーユに対して
「今の私は、クワトロ・バジーナ大尉だ。それ以上でも、それ以下でもない」と、開き直った為にカミーユの怒りが爆発。
論理を投げ捨てた鉄拳制裁に至り、ハヤトもそれを咎める様子すら見せなかった。

殴られたくなければ、自分のミスを無くせ

カミーユがこの暴行に至った理由の一つが、第9話「新しい絆」でウォン・リーから受けた鉄拳制裁とその後の上官二名からの説教である。
増長の兆しを見せていたカミーユは体罰による修正を喰らうが、クワトロ大尉はカミーユを慰めるような真似はせず、上官、または良識ある大人として厳しく窘めていた。そして、なおも子供っぽくスネるカミーユに、横にいたエマ・シーン中尉が「自分の都合で大人と子供を使い分けないで!」と続け、ようやくカミーユは反省をする。

こうしたやり取りを踏まえたからこそ、カミーユは大人が背負うべき責任から逃れようとして(だがシャア・アズナブルとしての存在感も捨てられず)、自分の都合でシャアとクワトロの立場を使い分けている卑怯者への怒りを我慢できず、修正せずにはいられなかったのである。

余談

本作の発表前にも、同じ富野由悠季監督が手掛けた「聖戦士ダンバイン」の9話にて、男勝りな女騎士ガラリア・ニャムヒーと口論になったトッド・ギネスが、ガラリアが高慢な騎士になったり不利になるとしおらしくなって逃げようとするさまを見て「都合で男と女を使い分けんじゃないよ!」と責めるシーンがある(脚本は富田祐弘が担当)。
自己都合で有利な立場を使い分ける者をことさらに卑劣に感じるのが、この頃の富野監督の考え方だったのだろうか。

関連語句

機動戦士Ζガンダム エゥーゴ ティターンズ
カミーユ・ビダン クワトロ・バジーナ シャア・アズナブル ウォン・リー

ポプ子カミーユの中の人がCVを担当した回で登場したが、途中で割り込んできたある人物の説得で未遂に終わる。

関連記事

親記事

カミーユ・ビダン かみーゆびだん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「修正パンチ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「修正パンチ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 316250

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました