ピクシブ百科事典

クワトロ・バジーナ

くわとろばじーな

クワトロ・バジーナとは、『機動戦士Zガンダム』の登場人物。
目次[非表示]

「他に食べる方法を知らんからさ。
 だから、いまだに嫁さんも貰えん」

人物

CV:池田秀一
アーガマのMS隊隊長にして、エゥーゴの創立に初期から携わった幹部の一人。
その正体は旧ジオン公国軍において「赤い彗星」の異名で呼ばれた男シャア・アズナブルその人である。
クワトロ・バジーナという名は「キャスバル・レム・ダイクン」「エドワウ・マス」「シャア・アズナブル」に続く4つ目の名前という意味合いを持つ。
リック・ディアス百式を駆り、カミーユ・ビダンと共にエゥーゴとして戦い続けた。

一年戦争の後にアステロイドベルトの小惑星基地「アクシズ」に身を寄せ、そこでハマーン・カーンと恋仲になるが、ザビ家再興を考えるハマーンと政治的な思想から対立し離別。地球圏への偵察を名目にアクシズから離れる事となる。
地球圏に帰還した彼は連邦軍士官「クワトロ・バジーナ」の軍籍を非合法に入手、連邦軍の一員として活動するが、そこで地球圏の腐敗を目の当たりにした事でブレックス・フォーラらと共にエゥーゴを結成するに至る。

反連邦を掲げる組織の立ち上げに携わったものの、本人はそれまでのしがらみから逃れたい一心でいちモビルスーツパイロットの立場に甘んじていた。
一方で、様々な状況から時にクワトロという仮面を外し、シャアという立場に戻ってアムロハマーンを始めとするかつての宿敵達と相対する場面も見られたが、カミーユカイレコアなどそこに不満を抱く者も少なくはなかった。
周囲は本人の思いとは裏腹に、シャアのネームバリューとその生まれからくるカリスマ性の発揮を期待しており、やがてダカールで発生したブレックスの暗殺を契機に、「シャア」としてエゥーゴの代表とならざるを得なくなった。

エゥーゴの代表となった後は、ダカールの連邦議会を占拠し、自らの正体がシャア・アズナブルであることを公表、ティターンズがそれまで秘匿していた悪行を全世界に知らしめ、これを批判すべく演説を行った。
その演説の後、グリプス戦役はアクシズを交えた三つ巴の戦いに突入する。指導者シャアとして行動しなければならなくなった結果、コロニーレーザーを潰す為にかつて反発したハマーンに屈するも同然で頭を下げる等、どこか痛々しい姿も見せる様になる。
自分の元を去ってティターンズに裏切ったレコアには「世界が自分を中心に動いていると思うな」と批判され、彼女を自分の元へ引き込んだシロッコには「ニュータイプのなり損ない」とまで見下されながらも、自らの信じる「ニュータイプによる人の革新」の理念を貫こうとしたが、戦役終盤において、ハマーンとの戦闘の最中で行方不明となる。

グリプス戦役後は地下へと逃れており、この際にダカールでリィナ・アーシタを助けて妹のアルテイシアに彼女を託し、スベロア・ジンネマンにはミネバ・ラオ・ザビを預ける等、その足取りの一部を垣間見る事が出来る。

しかし、ハマーン率いるネオ・ジオンが壊滅した後は、ネオ・ジオン再興の為に暗躍。その後、再びシャアを名乗り地球連邦に宣戦布告する事になる。

一説には、グリプス戦役終盤でカミーユの精神が崩壊した事を感じ取った結果、「ニュータイプによる人類革新」が幻想にすぎなかったという現実に絶望し、これを期にネオ・ジオンの総帥になったとされている。

劇場版では、親を殺されたカミーユにシャア・アズナブルを知っているかと切り出すのがエマ・シーンであったため、自嘲気味に語っていた。

台詞

いくら希望を見出しても、地球の重力に魂を引かれた人間のエゴに押しつぶされ、結局はこんな悲しみだけが繰り返されていく……


連邦軍はいつになったらここが地球と地続きでないという事が分かるのだ!

この一撃が、バスク艦隊を刺激するな・・・

新しい時代を創るのは老人ではない!

なにも考えず走れ!!(ガンダム無双にて)


関連イラスト

クワトロ大尉
クワトロ・バジーナ



関連タグ

機動戦士Ζガンダム リック・ディアス 百式 シャア・アズナブル 池田秀一

ジャミル・ニート

pixivに投稿された作品 pixivで「クワトロ・バジーナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 782705

コメント