ピクシブ百科事典

ウォン・リー

うぉんりー

「ウォン・リー」とは、「機動戦士Ζガンダム」及び「機動戦士ガンダムZZ」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「つべこべつべこべと!何故ごめんなさいと言えんのだ!」

概要

CV:名取幸政田中和実

反地球連邦組織エゥーゴの出資者であるアナハイム・エレクトロニクス社の有力者。

軍人ではなく民間人であるが、出資者ゆえの強い発言力を持っている。
一方で規律に厳しく、自らの行動にも責任を持つ有言実行の人物でもある。ハロの修理にかまけてミーティングに遅れたカミーユ・ビダンに激怒して殴打による修正を加えた他、ティターンズのコロニー落としによる襲撃を受けたグラナダに危険を顧みず残り続け、市長の説得を行ったり、自らプチ・モビルスーツ(民間にも普及している作業用の小型モビルスーツ)を駆って住民の避難を支援したりしている。
アーガマに乗り込んでからはブライト・ノアクワトロ・バジーナにたびたび注文を付け、エゥーゴやアーガマの戦略・戦術に大きく関わっていく。ただし、無理難題としか思えない任務を事務的かつ平然と回してきたり、民間人には理解の及ばないはずの範囲にまで口を出すため、内心煙たがられている面もある。

劇場版ではカミーユを殴るシーンやアーガマクルーから疎まれている描写などはカットされて、責任ある大人として行動する部分が強調され、会議中に家族からのビデオレターをこっそり見ていたブライトが慌ててそれを消そうとした際に咎めないなど、口うるさいが粋なところのある好人物として描かれた。
また、TV版では義理の娘だったステファニー・ルオは実子という設定に変更された。

非戦闘員ながらカンフーの達人で身体能力は高く、『機動戦士Zガンダム』において空手の有段者であるカミーユを格闘でほぼ一方的に下し、アクシズからの脱出時には軍人顔負けの瞬発力と判断力で、他のメンバーと無事にアーガマへの帰還に成功した。
続編の『機動戦士ガンダムZZ』でもジュドー・アーシタに鉄拳制裁を加えようとしたが、こちらは初撃を交わされ逆に一撃でいなされてしまった。

閃光のハサウェイ』のマフティー動乱期と近似である設定の『デイアフタートゥモロー カイ・シデンのメモリーより』では、老境にさしかかった姿で登場。グリプス戦役時との時代の変化や、サナリィやステファニー率いるルオ商会に出し抜かれつつある現状を口にする。

関連イラスト

そこのはぎんこ!一方的に祝われる、痛さと怖さを教えてやろうか!
Zガンダム(ポスター風)



関連タグ

機動戦士Ζガンダム 機動戦士ガンダムΖΖ スーパーロボット大戦Z カンフー スポンサー 修正 エゥーゴ アナハイム・エレクトロニクス

pixivに投稿された作品 pixivで「ウォン・リー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2907

コメント