ピクシブ百科事典

ヘンケン・ベッケナー

へんけんべっけなー

ヘンケン・ベッケナーは『機動戦士Ζガンダム』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:小杉十郎太

概要

ヘンケン・ベッケナー(Henkcn Bekkener)は、アニメ『機動戦士Ζガンダム』の登場人物。階級は少佐→中佐。

強面だが豪快な性格で、ブライト・ノアなどのエゥーゴのメンバーからは深く信頼され、部下からの人望も厚かった。
一方、既婚者であるブライトに対し彼は独身のようで、後述のように女付き合いは苦手な一面を持つ。
小説版『機動戦士Ζガンダム』1巻の人物紹介では離婚経験者?と書かれている。

声を担当する小杉氏は、監督・富野由悠季氏からスカウトされ、本作で声優デビューを果たした。
ナレーションも務めており、エンディングにはヘンケンではなく「ナレーション」としてクレジットされている。

戦績

一年戦争時は地球連邦軍に所属。第7艦隊所属サラミス改フジ級輸送艦スルガの艦長として、宇宙移民者をサイド6へ移送する任務にあたっていたが、ア・バオア・クー攻略戦に巻き込まれ、乗客の安全確保に尽力した。その後、ザクレロの攻撃を受けてスルガは撃沈するも、ヘンケンは救出される。

一年戦争から数年後、エゥーゴに身を投じ、アーガマの初代艦長に就任した。
ブレックス・フォーラクワトロ・バジーナ同様、カミーユ・ビダンニュータイプであることに期待し、彼をガンダムMk-Ⅱのパイロットとして登用する。尚この時点で、ヘンケンはクワトロの正体に勘付いていた模様。

エゥーゴに参加したブライトがアーガマの艦長となった後は、ラーディッシュの艦長に就任する。

エマ・シーンとの関係

ティターンズからエゥーゴに寝返ったエマ・シーンに一目惚れし、カツ・コバヤシをラーディッシュへ入れる条件として彼女を要求したり、プレゼントを贈ったり、彼女の身体を気遣ったりしたが、素直な思いは伝えられずにいた。

また、核パルスによる放射能汚染を気遣う際に「君が赤ちゃんを産めんようにでもなったら」と言ったり、作戦直前にもかかわらず「お茶しないか?」と誘ったりと、話しかけるタイミングが悪い(部下たちにも笑われてしまっている)。

最期

最終決戦において、ヤザン・ゲーブルハンブラビの攻撃で危機に陥ったエマを、ラーディッシュを盾にして援護する(ヘンケン自身ではなくクルーたちの提案による)が、ヤザンの反撃を食らい撃破され戦死する。

後にエマも戦死してしまったため、無駄死にと言わざるを得ないのが切ない。

関連タグ

機動戦士Ζガンダム エゥーゴ
カミーユ・ビダン クワトロ・バジーナ ブレックス・フォーラ
ブライト・ノア エマ・シーン カツ・コバヤシ ジャック・ベアード


ヘンエマ

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘンケン・ベッケナー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26599

コメント