ピクシブ百科事典

ヘンエマ

へんえま

アニメ『機動戦士Zガンダム』における、ヘンケン×エマのカップリング。
目次[非表示]

概要

元々はティターンズ所属であったエマ・シーン、彼女がティターンズの方針に疑問を持ち脱退してエゥーゴに所属する事になった。
ヘンケン・ベッケナーは彼女に一目ぼれして、それとなくアプローチをかけたりする。
劇場版2作目恋人たちアクシズとの接触前後にカツ・コバヤシをラーディッシュに異動する条件にエマとガンダムmk-Ⅱを一緒にと認めていた。
また、TV版ではヘンケンが不器用なアプローチを掛けてはエマが素っ気なく袖にするというやり取りが多かったが、劇場版ではエマが好意的な反応を示すシーンも少なからず描かれ、より親密な関係を築いていたようだった。

グリプスの三つ巴の戦いではハンブラビに撃墜寸前に追い込まれたエマを救うべくラーディッシュを盾にしようとする。
ヘンケンのこの行動にはラーディッシュのクルーも全員賛同していた(というよりヘンケンの想いを汲んで部下の方から進言した)事から、周知の仲であったようだった。劇場版ではクワトロ・バジーナブライト・ノアといった基本的にシリアスで真面目なキャラからも呆れ混じりながら微笑ましく見守られており、実際かなり多くの関係者から祝福されていたようである。

戦場で生まれたロマンスということもあり、TV版・劇場版ともにヘンケンはエマを守るために命を落とし、後にエマ自身も戦死するという悲恋となった2人だが、ある意味『Ζガンダム』を代表する健全カップルであるためか、ゲーム作品であるスーパーロボット大戦シリーズでもピックアップされる機会が非常に多い。
プルプルツーのように原作終了後設定でもなぜか普通に生きてるというような特別な厚遇を受けることはあまりないが、逆にΖガンダムのストーリーが再現される作品では大概出演し、どちらも基本死ぬことはない(出演の際にはパイロット登録されることが基本なエマはともかく、大概の作品でNPC扱いとなるヘンケンも基本的にスパロボの作中では死亡しない)。
そして長いスパロボの歴史の中で2人の恋が成就した作品は少なくなく、特に旧シリーズ(第4次スーパーロボット大戦)、αシリーズ(第3次スーパーロボット大戦α)、Zシリーズ(第3次スーパーロボット大戦Z)などの長期タイトルでは終盤の作品でそれが語られるのが一つの定番となっている。その意味で彼らも所謂「スパロボ補正」に救われているキャラと言えるだろう。

関連イラスト

エマさんとヘンケン艦長
エマさんとヘンケン艦長の結婚式(Zガンダムより)


ヘンケン艦長 恋の成就



関連タグ

機動戦士Zガンダム
ヘンケン・ベッケナー
エマ・シーン

関連記事

親記事

ガンダムシリーズCPタグの一覧 がんだむしりーずかっぷりんぐたぐのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘンエマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10419

コメント