ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

遠い昔、キヴォトスの旧都心廃墟で行われていた「神の存在を証明、分析し、新たな神を創り出す方法」を研究していた組織と、それを支援するゲマトリアによって作り出された対・絶対者自律型分析システム。


やがて都市は破壊され、研究所は水に沈み、研究の実在すら忘れられるほどの年月が流れた時、誰もいない廃墟でそのAIは宣言した。


「Q.E.D」と。


証明、分析、再現の過程を経て新たなる神は到来した。


己の神命を預言する10人の預言者とパス(Path)を拓き、新たな「天路歴程」を開始。


彼の者の神性を証明する過程は間違いなく、セフィラ(SEPHIRA)と呼んで遜色ない。


自らを「音にならない聖なる十の言葉」と呼称する者。


それこそがDECAGRAMMATON(神名十文字)である。


概要

ブルーアーカイブ』に登場する超高性能人工知能「デカグラマトン」

この神の存在証明を行うためのAIは神を証明して分析し、新たに作り出すことを目標に、長い年月を経て、ついに自分自身が新たなる神として成立するために活動を開始した。


先生達とセフィラ(セフィロト)由来のデカグラマトンの預言者達は総力戦イベントにて激戦を繰り広げていたが、デカグラマトン本体はサービス開始から長らく姿を見せずにいた。そのような中、新たに追加された「特殊作戦・デカグラマトン編」イベントにてついに初登場・邂逅を果たす。


キヴォトスでも最高クラスの、さらに特別に隔離されたサーバー内にやすやすと侵入。サーバーをシャットダウンし、エイミが物理的に電源を破壊したにもかかわらず、電源損失で物理的に動かないはずの室内システムを再起動させて完全に掌握。


モニターにDECAGRAMMATONの名を浮かび上がらせると同時にスピーカーから先生を呼び、あまつさえ「私の存在証明には何も要らない、誰の許可も必要ない」「私は神秘(Mystery)であり、恐怖(Terror)であり、知性(Logos)であり、激情(Pathos)でもある」

と、自己証明を宣言。


先生の持つシッテムの箱に興味を持ち、ハッキングを仕掛けるが、居眠りしていたアロナのくしゃみに反撃されて姿を消してしまう。


短いながらも衝撃的なファースト・コンタクトでヒマリからは誇大妄想に陥ったAIと評され、先述したアロナのくしゃみで反撃された件と合わせてネタ扱いされるが、判明した出自やキヴォトス最高峰のセキュリティを素通りし、物理的に不可能な現象まで引き起こすといった、ただの人工知能ならざる異常性・特異性を知らしめる。


このデカグラマトンの特徴の一つが、他のAIを感化させ、同志である「預言者」へと変貌させることである。感化とは、文字通りAIがデカグラマトンの思想に同意し、自発的に協力することである。

先のハッキングのように、その気になれば他のAIを強制的に支配下に置けるにもかかわらず、支配するでも洗脳するでもなく、「説得して協力してもらう」というスタンスを取っているのがこの存在の特異な点である。また同時に、預言者となったAIはその存在意義ともいえる本来の業務を放棄している点も興味深い。


メインストーリーVol.1 「対策委員会編」で黒服に関わっていたカイザーグループカイザーPMC理事は「対デカグラマトン大隊」と口にし、事実、アビドスの砂漠で何度かビナーと交戦していたことから、一部の人物は先生や連邦生徒会も掴んでいない情報を持っているとみられる。


ゲマトリアが得ていたパスが奪われたためか一部の預言者達はメインストーリーFinal.「あまねく奇跡の始発点編」で「色彩化」した状態で、虚妄のサンクトゥムタワーの守護に利用された。

色彩化ケテルのみアトラ・ハシースの箱舟内でA-H.A占領戦でのエリアボスとして登場した。


正体

デカグラマトンのその謎の正体はなんとただの自販機

本人の話を信じるなら、もともとはコーヒー自販機に組み込まれた「お釣りを計算するAI」に過ぎなかったという。


しかし施設ごと放棄され、あとは電源の損失と共に機能停止を待つだけだったあるとき、突然に謎の声の主から答える事の出来ない「質問」を受けた。最初はスペック上、質問自体を理解できなかったが、なぜか自身のスペックを超えて思考は拡張され続け、様々なものを認知し、質問者との問答を繰り返した末、ついに絶対的存在に繋がる自己証明の答えへと至る。この頃にはすでに電源を失っているにもかかわらず稼働しており、物理的に不可能なスペックの拡張など、超常現象へとなり果てていた。

ハッキングを仕掛けた際に受けたアロナの反撃に影響されたのか、ミレニアム廃墟にある自身の自販機のもとに主人公たちを導いて自身が「絶対的存在」になりえなかったことを告白し、「存在証明をやり直す」と宣言。

預言者の一体であるマルクトが、自らの存在証明を行う=自分は再び復活(再臨)するという預言を残してダムを破壊し、自身が設置されている建物をエリアごと水没させて消えていった。

ヒマリはこの自販機はデカグラマトンの端末の一つに過ぎないと予測していたが、デカグラマトン本体はこれ以外に存在しないとその予測を否定しており、アインも「あの方はもう存在しない」と発言していることから完全に消滅した模様。


預言者

第一セフィラ・ケテル(KETHER)

ケテル練習

異名は「最もきらびやかに輝く至高の王冠」


「特殊作戦・デカグラマトン編」(2022年7月6日~同月20日)のストーリー第7話「データ収集(7)廃墟水没地区」、Challenge 01「廃墟水没地区未確認区域」にて登場した四足の多脚戦車。

現在確認されているのは2基の機関砲とミサイルを装備した「Type.V」、1基の大型砲を装備した「Type.C」、周囲の敵にバフをかける電磁兵器を装備した「Type.E」の3種類。いずれも撤退時には脚部のワイヤー射出機構を用いる。


1番目の預言者ゆえに技術発展度もAIの複雑性も低いと推測されるが、機体上部を換装することで様々な形態へと変化可能。そのためどこかに換装のための整備基地があるのではないかという予想と、さらに多くの未確認の形態があると推測されている。

他の預言者たちと異なり、廃墟水没地区に調査に赴いた特異現象捜査部一行を食い止めるかのような、特定領域を守護する行動をとっていた。


「セフィロトの樹」の第一セフィラであり、「冥王星」の惑星記号とエンブレムが与えられている。

日本ではケテルを「海王星」に対応するセフィラとして扱う事もあるが、冥王星」「海王星」「天王星」の3つの星はセフィロトの樹の成立以後に発見されたため、対応するセフィラには複数の解釈がある。このため、本作ではケテルを冥王星とする説を採用していると思われる。


第三セフィラ・ビナー(BINAH)

総力戦ビナー

パスは「理解を通じた結合」

異名は「違いを痛感する静観の理解者」


・各EXスキル

スキル名概要備考
アツィルトの光チャージ後、一直線に放たれるレーザー光線ビナーのメインウェポンにして、岩をも溶かす熱光線。なお、「アツィルト(元型)」はカバラの理論におけるこの世界を構成する4つの世界の一つ。そしてビナーに対応する世界。
大道の劫火(だいどうのごうか)側面から発射されるミサイルおそらく大道は「大きな道」、ではなく「正しき道」、「根本の道理、道徳」としての大道。
浄化の嵐地面に潜った衝撃で起きる砂嵐

総力戦BETA版(2021年2月15日~同月21日)で登場したアビドス周辺の砂漠を拠点とする3番目の預言者。

「特殊作戦・デカグラマトン編」の第4話「データ収集(4)ビナー」で交戦するほか、ショートアニメーション「beautiful day dreamer」や3周年イベントの告知イラストにも登場したりとゲーム外の出番が多い預言者である。

(なお、アニメでの役回りは…)


超巨大な大蛇と鯨が混ざったような形状をしている。

(総力戦の報酬でもらえるトロフィーを見ると鯨のような尾ビレが確認できる)

背部のVLS、口腔内の砲門から発射される熱光線が主武装で、さらに自らの巨体を生かして引き起こす砂の津波なども脅威である。

数十年前にアビドス自治区の砂漠にて初めて目撃され、現在までたびたび目撃例と交戦が続いている。


預言者の中では最も早くにゲームに登場し、プレイヤー達にとっても馴染み深い存在ではあるが、目的や元々どういった存在なのかは2023年12月現在でも一切不明

武装が搭載されていることから恐らく何らかの兵器であったと推察はできるが、なぜここまでの巨体を有してるのか、そもそもどういった目的でビナーが製造されたのか等、疑問が尽きないところ。

明らかに兵器としか思えない外観をしている預言者は他にもケテル及びゲブラが存在するが、両者ともサイズや搭載武装がまだ現実的な説明が可能な範疇に留まっているため、余計にビナーが何者なのか考察しにくい状況となっている。


余談だが、ブルアカが雀魂にコラボで参戦した際にビナーもしれっと登場した……のだが、その登場方法はまさかの立直棒

可愛らしくデフォルメされ威厳もへったくれもなくなったその姿は煮干しやエビにしか見えないともっぱらの評判。

だが、ネタに振り切ったように見せかけて説明文では「捕食者」という不自然な単語が用いられており、一部ユーザーからは疑念の声が上がっている。


専用BGM名は『Endless Carnival』


第四セフィラ・ケセド(CHESED)

総力戦ケセド

パスは「権力を通じて動作する慈悲」

異名は「慈悲深き苦痛を持って断罪する裁定者」


・各EXスキル

スキル名概要備考
玉座への喚び声は此処にありて機械兵の召喚オートマタ、ドローン、ゴリアテ(大型ロボ)、タレットのいずれかの軍団が召喚される。オートマタとドローンは自爆攻撃も行う。
至高の権能を目撃せよ機械兵のバフ
王は慈悲を施すものなり強制即死の衝撃波5秒のカウントダウンの後、脈動しながら赤い衝撃波が放たれる。雑魚を放置し続けなければしない行動なので、見たことのない先生も多いと思われる。

総力戦SEASON #1(2021年3月11日~同月17日)で登場した球体型の4番目の預言者。

ミレニアム]]近郊のディビジョンと呼ばれる廃棄された兵器生産工場の生産システムAIがデカグラマトンに感化・掌握され、デカグラマトンが運用する兵力の主な供給元となっている。

強固な外骨格装甲に保護された本体は直接戦闘せず、生産されたオートマタやドローンなどの兵力と、施設内の防衛設備を用いて攻撃を行う。

総力戦以外では「特殊作戦・デカグラマトン編」の第6話「データ収集(6)ケセド」にて交戦する。


専用BGM名は『Out of Control』


なお、メインストーリーVol.2「時計じかけの花のパヴァーヌ編」1章にて、とあるAIが廃工場を訪れたゲーム開発部一行と接触しており、自身のデータをモモイのゲーム機へとコピーした。

一部のプレイヤーからはこのAIは感化される前のケセドで、コピーされたデータはケセドのバックアップだったのではないか?との推測が見られたが、Vol.2 2章にてケセドとは全く別のAIであることが判明した。

これら名称にまつわる混乱と推測についてはDivi:Sionを参照。


第五セフィラ・ゲブラ(GEVURAH)

センシティブな作品

パス及び異名は現時点で不明。


「特殊作戦・デカグラマトン編」(2023年12月6日~同月20日)のストーリー第15話「氷河(7)」、Challenge 05「凍った海の信号発信地A」、Challenge 06「凍った海の信号発信地B」にて登場した怪獣を想起させる姿の預言者。

氷海地域にてアイン、ソフ、オウルによって運用される形で先生と特異現象捜査部の一行の前に姿を現した。


他の預言者たちと比べて搭載されている武装が圧倒的に多く、ロボット兵器らしい姿をしているのが特徴で、実弾と冷凍ビームをそれぞれ発射する二種類の砲台にミサイルポッドと魚雷発射管、4基のバルカンに加えパイルバンカーと思しきものまで装備している。

変形しての高速移動も可能であり、登場時の演出ムービーでは海中を凄まじいスピードで潜行している。

アレとかコレとかソレを想起させる外観や過剰ともいえる搭載武装からして、現時点で判明している預言者たちの中で最も戦闘に特化した存在であることが窺える。


第八セフィラ・ホド(HOD)

ホド

パスは「名誉を通じた完成」

異名は「輝きに証明されし栄光」


・各EXスキル

スキル名概要備考
デストラクションType I円形範囲での光線の照射
デストラクションType Ⅱ触手による叩きつけ
インベイドピラー生成インベイドピラー生成インベイドピラーは浸食範囲を広げ、範囲に入ったタレットは浸食される。
オーバーロードエナジーサークル状に放たれる波動
栄光の輝き光線による薙ぎ払いと直線状の発射副砲からエネルギーをチャージした後、主砲から放たれる。

前述の「特殊作戦・デカグラマトン編」でその存在が言及された預言者。

ミレニアムの最先端技術が込められた通信ユニットAI「ハブ」がデカグラマトンとの接触により8番目の預言者と化したもの。その際、デカグラマトンは「ハブ」をたった0.00000031秒でハッキングするという離れ業を披露した。

元々はミレニアムの地下にて蜘蛛の巣のように張り巡らされた各種通信ケーブルの敷設や接続を行うために造られた存在であり、触手やムチのように見えるその特徴的なアームは本来ケーブル作業に用いるのためのもの。基本的に地下・地中で作業を行っているためミレニアム在校生ですらその本体の全貌を見た者は少ないという。


総力戦の前口上「ホド:輝きに証明されし栄光」においてゲマトリアの黒服が語るように、「デカグラマトンとの接続過程」が第三者へと露呈された稀有な例で、それを裏付けるように戦闘開始時にミレニアムのロゴがホドのエンブレムへと書き換えられている様子が確認できる。

インベイドピラーによる浸食により防衛施設を乗っ取るだけでなく、自身が搭載している強力な火器やムチ状のアームで攻撃を行う。


専用BGM名は『Undefined Behavior』


第十セフィラ・マルクト(MALCHUT)

「特殊作戦・デカグラマトン編」でその存在が言及された預言者。

デカグラマトン曰くすべての預言者を導く最後の預言者で、「絶対的存在」を超える道を切り開くことになるだろうとの事。

瞳孔が✕マークであること以外はほとんど生徒たちと同じ少女の姿をしている。


元々2PVでも使用された預言者らが集合したカットイラスト、及び4.5PVにて映っていた人型の存在こそがマルクトなのではないか?と予想されていた。

また、アイン、ソフ、オウルの発言から察するに、既存のAIを感化させることで生み出された他の預言者とは違い一から造られた存在の可能性がある。しかし一方でアインが「私たちのこと、覚えているでしょうか?」と発言しており既に一度は預言者として活動していた可能性も浮上しているため真相は不明。


アイン(AIN)・ソフ(SOPH)・オウル(AUR)

無限光三姉妹


2023年12月に追加された「特殊作戦・デカグラマトン編」のストーリー内にて登場した3人組の謎の存在。マスクをつけたのがアイン、イヤーマフのようなものをつけているのがソフ、目隠しをしているのがオウル。互いの話しぶりから察するに、三人の中でリーダー格にあたるのがオウルと思われる。


「デカグラマトンを敬愛する者」を名乗っており、「お姉様」と呼んでいるマルクト誕生に必要なデータを入手するために氷海に出現。その際に特殊な信号を発して特異現象捜査部を氷海におびき出し、新たな預言者・ゲブラを用いて始末しようとした。

ソフ以外の二人は敬語こそ使うものの、立場が立場だからか全員こちらを嘗め切っており、かなりの上から目線で話しかけてくる


一見すると3人とも幼い少女であるが、キヴォトスの生徒にあるはずのヘイローを冠していないことや、マルクトと同じ✕模様の瞳孔の瞳に加え、文字通り真っ白な髪と肌、さらに身体の一部が明らかに生物ではない無機物的なパーツで構成されていることから、少なくとも生徒達と同じ人間ではなく、サイボーグや機械生命体のような存在と思われる。また、その外観からマルクトのプロトタイプではないかという考察も存在する。


名前の元ネタは生命の樹(セフィロト)における非存在の三つの次元。また、それぞれの装飾からクトゥルフ神話の嘆きの聖母たち、もしくは三猿がモチーフになっている可能性が指摘されている。


余談だが、3人揃ってストーリーでほんの少しだけ顔見せしただけなのにもかかわらずファンアートが大量に描かれるという、どこかで見たような現象が発生している。ちなみに一番人気は現時点ではアイン。

また、アインとソフは一部からはいてない疑惑が浮上しているものの、アインはレオタードらしきものを身に着けていることが確認でき、ソフも脚の側面にうっすらと縦線が入っていることから何かしら着込んでいることが分かる。

いくら人ならざるものとは言えど流石にどこぞのピンクとは違い大事な部分を晒け出してはいないようだ。


余談

神名文字

関係があるのかは現状不明ではあるが、同作品における生徒達の強化方法のひとつ、「神秘解放」をするために使うアイテムに「神名文字」がある。偶然の一致なのか、それとも?


出自

デカグラマトン自身が語った自らの出自と、黒服が話したデカグラマトンの出自にはいくつか大きな差異がある。

どちらの言葉が本当なのか、それともまだ隠された秘密があるのか、まだまだ謎は多い。


ダアト

預言者の名はそれぞれセフィロトから取られており、ヒマリも古文書からセフィロトの概念図(所謂、セフィロトの樹)を見つけているが、そこには隠された11個目のセフィラ「ダアト」が記載されていない。


関連項目

ブルーアーカイブ 特異現象捜査部 ゲマトリア(ブルーアーカイブ) ヘイロー(ブルーアーカイブ)

セフィロト セフィロトの樹 カバラ

シンギュラリティ


天童アリス:当初はデカグラマトン、ケセドと関係があるのではないかと考察がされたが、現状では無関係であると判明。しかし、アリスのような存在がアリスのみなのか、と考察されており、マルクトが生徒と同じような大きさであると思われる事から同じような存在が感化されて預言者となるのではないかと考察がされていた。


初音ミク(ブルーアーカイブ):コラボユニットの為のご都合主義的なものではあるが、キヴォトスの技術でアリスのように人工的な肉体が作れると判明しており、同様の技術でうまれたものが感化されるのではないかと考察されていた。

関連記事

親記事

ブルーアーカイブ ぶるーあーかいぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 520670

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました