ピクシブ百科事典

天王星

てんのうせい

太陽系の第7惑星。自転軸が公転軸に対しほぼ横倒しになっている。

概要

基礎データ

太陽からの距離28億7100万km
直径51118km
表面積81億3000万km²
質量868垓6000京t
重力0.89(地球を1とする)
公転周期84年
自転周期0.72日
表面温度-205℃
分類氷惑星(天王星型)
衛星の数27

太陽系の第7惑星。直径は地球の約4倍。太陽からの距離は約28億km。

1781年3月13日にウィリアム・ハーシェルによって惑星として発見された。有史以降に発見された最初の惑星である。名はギリシャ神話の天の神ウラヌス(ウーラノスとも)から取られており、中国語及び日本語での呼称「天王星」もこれによる。

天王星は最も明るくなる時には5.6等級に達するため、非常に目が良く星空観察に慣れた人が、空気の澄んだ夜に観察すれば、肉眼で見えることもある。目が良くない人でも、双眼鏡や小口径の望遠鏡を使用すればわりあい簡単に観察できる。

特徴としては、太陽系の他の惑星に比べて自転軸が公転面から極端にずれほぼ横倒しになっていることが挙げられる。原因は他の惑星の衝突などいくつかの説がある。

暗く細く目立たない輪と大小20個以上の衛星を持っているが、それらも横倒しになった天王星の赤道面に沿った軌道を周回している。天王星の衛星はウイリアムハーシェルの文学作品の登場人物に因んで命名される慣習になっている。際立って大きい衛星はないが、ミランダ・アリエル・ウンブリエル・チタニア・オベロンの5つが数百kmクラスの半径を持ち、天王星の五大衛星といわれる。最も大きいチタニアでも半径は790kmであり、地球の月の半分以下しかない。五大衛星の外側には、他のガス惑星と同様に、天王星の重力に捕獲された小惑星や彗星に由来する小さい不規則衛星が多数存在する。天王星の衛星はあまり探査が進んでいないが、土星の衛星に似て岩石と氷から成っており、地殻変動の痕跡を示す地形も見つかっている。

関連タグ

惑星 海王星 冥王星
天王はるかセーラーウラヌス

惑星記号
太陽 - 水星 - 金星 - 地球 - 火星 - 小惑星帯 - 木星 - 土星 - 天王星 - 海王星 - 冥王星

関連記事

親記事

太陽系 たいようけい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「天王星」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 199858

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました