ピクシブ百科事典

メガ・バズーカ・ランチャー

めがばずーからんちゃー

「機動戦士Ζガンダム」に登場する、大型のメガ粒子砲。

概要

百式アーガマ配備時に搭載された試験兵装の1つ。
一年戦争時に制作された、バストライナー砲の流れを組む航宙用の大型メガ粒子砲で、大きさはモビルスーツの全高に匹敵する。

登場当初は威力もあまり高くなかったが、アーガマ内で強化改修を行って以降は、一撃で多数のMSを消滅させる程の威力を持つようになる。反面、莫大なエネルギーを消費するため原則として連射はできない(劇場版第2作においてはメタスとランチャーを連結させる事により3~4回連射している)上、アーガマから射出してもらわないと使用できない等、弱点が多い。

この取り回しや使用する状況の悪さが災いして、登場して以降、命中した事は少なかったが、メールシュトローム作戦において、熟練将兵で構成されたガザC部隊を一撃で全滅させ、第一次ネオ・ジオン抗争におけるネオ・ジオン軍の活動に大きな影響を与えた。しかしハマーン・カーンキュベレイによって破壊された後、より多機能化したメガ・ライダーの登場により、第一次ネオ・ジオン抗争では使用されなかった。

しかし、少数ながら量産はされていたらしく、第三次ネオ・ジオン抗争時ネェル・アーガマの甲板に固定される形で使用されている。

関連タグ

百式

pixivに投稿された作品 pixivで「メガ・バズーカ・ランチャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11246

コメント