ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

機体データ

型式番号MSR-100S(諸説あり)
所属エゥーゴ地球連邦軍
開発アナハイム・エレクトロニクス
生産形態試作機
全高19.2m
頭頂高18.5m
本体重量39.2t
全備重量63.6t
出力2,015kW
推力93,500kg
センサー有効半径11,500m
装甲材質ガンダリウム合金
固定武装パルス・レーザー砲×2、ビーム・サーベル×2、グレネード・ランチャー×4
携行武装ビーム・ガトリングガン、ビーム・ライフル、メガ・バズーカ・ランチャー

概要

型式番号MSR-100S(MSR-100又はMSN-100Sとする資料もある)。

アナハイム・エレクトロニクス社が開発したエゥーゴの攻撃型試作MS。名目上、攻撃型試作機を名乗りながらも機動性・運動性の限界能力を計るための実験機であった「百式」の改良型にあたる機体である。


主な改良点として肩部にオプション用のラッチを新設、バックパックもユニットごと交換され、Ζガンダムのテール・スタビライザーを元に開発された新型バックパック『高機動型デバイス」に変更された。各部装甲や頭部の形状も変更され、肩には百改のマーキングが施されている。

また、メインカメラはImage Directive Encode(IDE)からバイザー付きツインアイに改められている。


機動性に特化していた百式に比べ、火力や総合性能を向上させることには成功したが、百式系列特有のピーキーな操縦性は改善できなかった。しかし量産を前提に開発していたため、Ζガンダムの量産化に失敗したエゥーゴは、一部パーツを百式の物に差し戻した本機をエース用に少数量産して実戦に投入したため、百式系列のバリエーション機のほとんどは本機から派生する事となった。


武装

基本的には百式のものを流用できるため、以下に記載するものは本機に追加された兵装になる。


多目的ランチャー・ユニット

前腕部に2門ずつ装備される実弾兵装。Ζガンダムの採用していたものと同様、主にグレネードランチャーが装備される。


パルス・レーザー砲

火力増強のため、頭部バルカン砲に代わって装備されたビーム兵器で頭部に2門装備。本機の頭部が後方に長いのはこのパルス・レーザー砲を搭載するためである。

……というのが当初の設定だったのだが、近年では肩部ハード・ポイントに装備されるオプション兵器の一種として扱われることも多い。

なお、本機の装備増強型であるフルアーマー百式改の武装一覧にはこの武装がない代わりに「ビーム・パルサーガン×2」というものが記載されている。名称が似通っているため何らか関係のある武器とも考えられるが、詳細は不明。


ビーム・ガトリングガン

肩部ハード・ポイント用のオプション兵装。設定当初はビームガンとガトリングガンが別々に存在していたが、いつのまにか統合されていた。


メガ・バズーカ・ランチャー

百式が使用していた航宙用大型メガ粒子砲。設定には記載されていないが、ゲーム作品ではよく使用されている。


ガンプラ

プレミアムバンダイ限定でMG化。量産型百式改より後の商品化となった。百式Ver.2.0に新規パーツを追加した仕様変更品であり、百式として組み立てる事も可能なコンパチ仕様となっている。また、メッキ塗装も百式Ver.1.0に近い光沢入りになっている。ビーム・ガトリングガンは付属しないが、量産型百式改のものをそのまま取り付け可能。


元祖SDガンダム』では、エイリアンのようなクリーチャーめいた頭部デザインからか、顔の下から牙が飛び出すというオリジナルギミックが付けられている。


余談

ゲーム『スーパーロボット大戦』シリーズでは、クワトロ・バジーナ百式の後継機として百式から乗り換えるか百式を本機に改修する。

ゲームブック『機動戦士ガンダム シャアの帰還』でも、シャア・アズナブルがストーリーの進行次第ではシャアがロンド・ベル所属になったネェル・アーガマからこの機体を奪取し搭乗する展開が用意されている。


バリエーション

フルアーマー百式改

型式番号FA-100S

雑誌企画『M-MSV』に登場。

武装と装甲の強化を行なった百式改のフルアーマー仕様。

詳細はフルアーマー百式改を参照。

量産型百式改

型式番号MSR-100S

Ζ-MSV』に登場。

百式改の量産検討型。

詳細は量産型百式改を参照。

陸戦用百式改

型式番号MSK-100S

『M-MSV』に登場。

カラバ所属のMSで、百式改を陸戦用に換装したもの。

詳細は 陸戦用百式改を参照。

忍者百式

型式番号JF-100(TYPE-M)

雑誌企画『プロジェクトMUSHA』に登場。

アナハイム社から流れたデータを元に、木星圏で活動する宇宙海賊が開発した百式改の派生型。

隠密行動用MSとして運動性の向上が図られるとともに、ジェネレーターを内蔵したダミー6基をバックパック内に装備しており、これをミノフスキー粒子とともに散布する「分身の術」を使用できる。

また、武装もハンブラビの「海ヘビ」を改造した鎖鎌「フウマ」や、ツインビームサーベル「ヴァジュラ」などの独自のものを装備している。

百式壊

型式番号MSR-00100CR

小説『ガンダムビルドダイバーズ GIMM&BALL'S WORLD CHALLENGE』に登場。

百式を元に百式改とのミキシングビルドによって製作された改造ガンプラ

詳細は百式壊を参照。

百式改

型式番号MSN-00100

ムック『GUNDAM WARS PROJECT Ζ』に登場。

『Ζ-MSV』展開直前に別に発表されたもので、『Ζ-MSV』の百式改とはまったくの別物。

ダカール演説で自身がシャアであることを公表したクワトロ・バジーナの専用機とすべく、カラバが百式を改良した機体。

機体塗装がシャアの象徴色である赤色へと改められているほか、プロペラントタンクの追加、ライフル用ジェネレーターの高出力化などが行われている。


関連タグ

百式 フルアーマー百式改 量産型百式改 陸戦用百式改 武者百士鬼改 百鬼丸 百烈将頑駄無

ナイト・オブ・ゴールド エゥーゴ Ζ計画

藤田一己 大河原邦男

関連記事

親記事

百式 ひゃくしき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40965

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました