2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

Ζ計画

ぜーたけいかく

Ζ計画とは「機動戦士Ζガンダム」とその作品以降に登場するモビルスーツの開発計画。
目次[非表示]

概要

アナハイム・エレクトロニクスが、エゥーゴとの共同開発プロジェクトとして新たに立ち上げた高性能モビルスーツの開発計画で、Ζ計画はその一つである。
汎用モビルスーツから可変モビルスーツ(TMS)まで、同計画においてアナハイム社は多様な機体の開発を行い、ノウハウを取り込み、蓄積していった。

Ζガンダムから派生したΖプラスリゼルといったMSの他にも

リゼルに見るゼータの系譜


ΖΖガンダムSガンダムと言ったMSなどその方向性は様々としか言い様がない。

アナハイム合体MS群 Sガンダム ZZガンダム etc



その後のMS開発への影響について

Ζ計画での技術の進歩や功績に肖ってか、アナハイムエレクトロニクスでギリシャ文字を頭文字に付けるのが慣習となったのか、Ζ計画に則っていないアナハイム・ガンダムの内いくつかもνガンダムΞガンダムなどと名付けられ開発されている。

機体一覧

▲は映像作品、MSV企画外、★は改造ガンプラ

ガンマ(γ)ガンダム

RMS-099 (MSA-099, MSA-009) リック・ディアスとして完成。

派生機体

シャアアクシズから持ち込んだドワス改が原型機。


デルタ(δ)ガンダム

飛行形態へ変形する可変モビルスーツとして計画が立ち上がったが開発は難航し、本格的なTMSとしての設計は後述のΖガンダムタイプへ持ち越される。
その後非変形のMSN-00100 (MSN-100) 百式として完成。

派生機体


エプシロン(ε)ガンダムタイプ

核パルス推進装置「ブロッサム」の実験機、エプシィガンダムとして完成。▲

ゼータ(ζ)ガンダムタイプ

大気圏突入と大気圏内飛行が可能な「ウェイブライダー」という飛行形態を持つ、背部フライングアーマーをウイングバインダーに換装することで大気圏突入機能を廃し低空での飛行性能を向上させた「ウェイブシューター」に変形可能な性能を求め開発されたms。実戦に耐えうるTMSとして一定の成果を上げたシリーズ。MSΖ-006 Ζガンダムとして完成。

派生機体


エータ(η)ガンダムタイプ

Zガンダムの改良型、MSΖ-007 ΖレイピアⅠとして完成。▲

シータ(θ)ガンダム

ガンダムならびにGファイターのコア・ブロック・システムにより運用特性を変化させるコンセプトを、MS単体という単位での分離合体を伴う変形を用いる形で発展させたシリーズ。
Ζ計画において別プランの扱いだが、「Ζを超えた存在」という意味で「ΖΖ(ダブルゼータ)」という名を冠する流れもある。MSΖ-010 ΖΖガンダムとして完成。

派生機体


イオタ(ι)ガンダムタイプ

θガンダムの競合機で、「ALICE」という疑似人格AIを有し最終的にはMSの無人化を目指していた。

各形態

  • MSA-0011 Sガンダム(読みは「スペリオル」、「Gコア」、「Gアタッカー」、「Gボマー」という3機のユニットへの分離合体機構を持つ)▲
    • MSA-0011[Ext] Ex-Sガンダム(読みは「イクスェス」、全身に強化パーツを纏った仕様、分離合体機構を失った代わりに「Gクルーザー」という巡行形態に変形可能)▲
    • MSA-0011[Bst] Sガンダム ブースター・ユニット装着型(下半身をブースター・ユニット2基に換装し、バックパックにも同様のブースター・ユニットを2基接続した高機動仕様)▲
      • MSA-0011[Bst]PLAN 303E ディープ・ストライカー(ブースター・ユニット装着型のコンセプトを更に推し進めアーガマ級の主砲を装備した拠点強襲仕様のペーパープラン)▲


ラムダ(λ)ガンダムタイプ

MSA-0012 AOΖガンダム/ΖΖΖガンダムユニット(読みは「アドバンスオブゼータ」ならびに「トリプルゼータ」、画稿に乏しく詳細不明、ガンダムTR-Sの鹵獲改修機、λガンダムと同一機とのがある)として完成。▲

派生機体

  • MSA-0012 λガンダム(画稿に乏しく詳細不明)▲
  • MSA-007 ネロ(Sガンダムと設計を折衷した量産機、上半身にSガンダム、下半身にλガンダムの色が強いとされる)▲


カッパー(κ)ガンダムタイプ

カラバがアナハイム・エレクトロニクスからの資金援助を受けて開発したガンダムタイプ。
MSA-014 (MSK-009, RX-183) Σガンダムとして完成。開発コードとは異なるギリシャ文字をもる。上半身「Σアタッカー」と下半身「Σフライヤー」への分離合体機構と飛行形態への変形機構がある。▲

メタスタイプ

モビルアーマー形態への可変機構の実験機として開発されていたが、連邦が長らく欲していたΖガンダムの量産型として満足のいくコストパフォーマンスに落ち着き制式採用されたリゼルには本機種の変形機構が取り入れられているなど、ある意味では一番大成したとも言えるシリーズ。

  • MSA-005 メタス
    • MSA-005M メタス・マリナー(バイザー式の頭部やハイドロジェット内蔵バックパックなど水中用装備に換装した水中戦仕様)▲
    • MSA-005X-1 メタスX-1(大気圏内高速飛行試験型)
    • MSA-005X-2 メタスX-2(大気圏内と宇宙空間両方での飛行を想定した総合性能向上型、MA形態では尾部に大型ブースターを接続可能)
    • MSA-005X-3 メタスX-3(防空網制圧を想定した重装甲型)
  • MSA-005K ガンキャノン・ディテクター(メタスのムーバブルフレームを流用して作られた砲撃用MS、変形は股間のギアを伸ばし三脚状態になる砲撃形態と原型機に比べるとかなり控えめ)

その他


関連項目

機動戦士Ζガンダム
アナハイム・エレクトロニクス

関連記事

親記事

エゥーゴ えぅーご

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 71973

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました