2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ジムⅢ

じむすりー

ジムⅢ(ジムスリー)とは、TVアニメ「機動戦士ガンダムZZ」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

機体データ

型式番号RGM-86R
所属地球連邦軍
開発カラバアナハイム・エレクトロニクス
生産形態量産機
頭頂高18m
本体重量38.6t
全備重量56.2t
ジェネレーター出力1,560kW
スラスター総推力81,200kg(109,000kgとする資料もあり)
センサー有効半径10,900m
装甲材質チタン合金セラミック複合材、一部ガンダリウム
固定武装60mmバルカン砲×2、ビーム・サーベル
携行武装ビーム・ライフル、シールド
オプション装備肩部ミサイルポッド、腰部2連大型ミサイルランチャー


概要

地球連邦軍の汎用量産型MS。グリプス戦役勃発によって第1線から離れたジムⅡエゥーゴカラバ主体で改修した機体で、第二次ネオ・ジオン抗争まで連邦軍の主力量産機として運用された。

ジムⅢ計画に則り、旧式化したジムⅡにガンダムMk-Ⅱバーザムで採用された技術の多くを転用する事で性能を引き上げる改修をし、同時に装甲材質も一部にガンダリウム合金を組み込んでいる。ただしガンダムMk-Ⅱの目玉技術であるムーバブルフレーム構造はジム・クゥエル同様、腕部にのみ採用し脚部はショックアブソーバーを追加するに留まっている。また、ネオ・ジオンの重モビルスーツに対抗する事を想定し、設計段階で支援機としての運用も視野に入れており、機体各所にミサイルを装備する為のマウントラッチを有している他、Gディフェンサーとのドッキングも可能となっている。

この改修の結果、カタログスペック上はガンダムMk-Ⅱとほぼ同等の性能を発揮できるほどになったのだが、本機の主戦力化はコストパフォーマンスの悪いネモの代替機と言った面が大きく、総生産数はジム系の中では少なく約800機程度に留まった(ただし、地上宇宙共に大規模な総力戦を展開した一年戦争時の生産数が異常なだけであり、ネオ・ジオン側も抗争末期に少数生産の量産機を投入しているため、むしろ同時期の最多生産機と考える方が自然であったりする)。

宇宙世紀0093年の第2次ネオ・ジオン紛争においては、ロンド・ベルの増援としてνガンダムと共にアクシズの落下を食い止めるべく奮闘している。
その後の宇宙世紀0096年には護衛の必要な補給艦や連邦政首都ダカール、トリントン基地をはじめとした最新鋭機の配備が行き届いていない辺境地域を中心に配備され、主に指揮官用の機体として袖付きやジオン残党軍に抵抗を行っていた。

ちなみにジムⅡの改修を目的とした「ジムⅢ計画」はグリプス戦役開戦以前より連邦軍内でも進められており、トライアウトで落選したパーツではあるがアナハイム・エレクトロニクスワグテイルユニットなど、様々な試作パーツが開発されている。

武装

頭部バルカン砲

連邦系モビルスーツの標準装備とも言える60mm機関砲。

ビーム・サーベル

出力0.4MW。Mk-Ⅱが使用していたものの簡易量産型(Mk-Ⅱは腕部にビーム兵器用エネルギー供給経路が無い為独自動力を内蔵する必要が有ったが、本機は供給経路が有る為独自動力を省略できるので省略し簡易化)を2本装備する。
主力量産機でサーベルを2本標準装備している機体は実は本機が初めてだったりする(ジム系モビルスーツに視野を広めてもジム・コマンド系列や陸戦型ジム、ネモ等に限られている)。


ビーム・ライフル

ジムⅡやネモの運用したBR-S-85-C2のマイナーチェンジモデル。
装備の軽量化の他、出力は百式のBR-M-87と同等の2.8MWへと強化されたが、エネルギー供給は当時主流となりつつあったEパック方式ではなく、一年戦争期と同じく内蔵E-CAP方式であり、また取り回しを重視したショートバレルの小型ライフルである為内部構造に余裕が少なく継戦能力などに問題が残っている。

肩部ミサイルポッド

両肩に装備可能なミサイルポッド。
状況に応じて破壊力を重視した中型と制圧能力に重きを置いた小型の二種を換装して運用することになる。支援機運用時の主兵装であり、後のスターク・ジェガンにも同系統の武装が装備されている。

腰部大型ミサイルランチャー

サイドアーマーに外付けされるオプションの大型ミサイル。
主にアクシズ製の重モビルスーツや対艦攻撃を想定している。
なおHGUCのガンプラでは白と赤のカラーリングだが、ZZと逆襲のシャアの本編では一瞬だがビームライフル同様黒いカラーリングとなっている事が確認出来る。

シールド

従来と同じく十字マーク付きを採用したミドルシールド。アイリッシュ級「オアシス」所属機やロンド・ベルに合流したルナツー守備隊所属機はジェガンのものを流用しており、前者には塗色変更も行われている。

ビームジャベリン

ガンダムが使用していたものから伸縮機構を排除した量産モデル。
ダカール守備隊所属機がジオン残党軍ジュアッグと対した際に使用。直前にネモのビームサーベルが防がれている為、ジムⅢ>ネモな印象を植え付けている。

関連動画




バリエーション

ヌーベルジムⅢ

ガンダムセンチネルに登場。型式番号RGM-86R。
ジムⅢの中で新規に設計・開発された機種。詳細はヌーベルジムⅢを参照。

ジムⅢ・ディフェンサー

RGM-86R+FXD-05DジムIII・ディフェンサー


「ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者 審判のメイス」に登場。型式番号RGM-86+FXA-05D。
ジムⅢにGディフェンサーを装備した機体。
ガンダム[グリンブルスティ]との連携を想定し、サラミス改級「デルフォイ」に二機配備されたが、Gディフェンサーを装備する事で機体が大型化し、それに伴い大型のMSハンガーが必要となる為、母艦の格納庫を圧迫してしまうという結果を招いている。
しかし、機体性能の向上は確かな物であり、[グリンブルスティ]との連携で小惑星基地「ダモクレス」を占拠したネオ・ジオン残党の運用するシュツルム・ディアスリゲルグハンマ・ハンマ等と渡り合っている。

早期警戒型ジムⅢ

PCゲーム『機動戦士ガンダム リターン・オブ・ジオン』に登場。型式番号RGM-86EW。
ジムⅢを早期警戒型に改修した機体。強力な索敵システムを搭載したバックパックが特徴であり、後方支援用にミサイルも内蔵している。そのため、コストパフォーマンスに問題が生じ、少数の生産に終わった。
なお、PCゲーム『機動戦士ガンダム アドバンスド・オペレーション』では、同コンセプトの機体「EWAC-ジムⅢ」(型式番号RGM-86E)が登場している。

ジム・ナイトシーカー(ヴァースキ大尉機)

漫画『機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』に登場。型式番号RGM-79V。
連邦軍の特務部隊「ナイトイェーガー隊」隊長ヴァースキ大尉の搭乗機。
詳細はジム・ナイトシーカーを参照。


ジムⅢビームマスター

TVアニメ『ガンダムビルドダイバーズ』に登場。
ユッキー(ヒダカ・ユキオ)の愛機で、ジムⅢベースの後方支援機。
名が示す通りビーム兵器を増設しており、主武装のチェンジリングライフルは多彩な攻撃が可能となっている。
射撃時の安定性を確保するために、脚部に強化が施されている。

詳細はリンク先を参照。

ジムⅢ・パワード

漫画『機動戦士ムーンガンダム』に登場。
ベテランパイロット用の改造機で無重力空間での白兵戦を主体としている。
頭部には複合センサーを内蔵した耐弾仕様のバイザーユニット、胴体部に耐ビームコーティング仕様の増加装甲、両肩に強化されたショルダースラスターを装備する。これらの改修で上半身のボリュームが増した為、「パワード」と言う名が与えられた。
ロンド・ベル所属のクラップ級巡洋艦ラー・ギルスに配備された。
またFSWS計画の流れをくむ重装甲・重火力強化パーツを装着したジムⅢ・パワードFAも存在する。

GBG専用機

漫画『機動戦士ガンダムF90FF』に登場。
一年戦争時代から存在している傭兵集団GBGの保有するカスタム機。
通常より出力がアップされ、全身が黒で塗装されている点は共通しているが、仕様はそれぞれ異なっている。フルアーマーガンダムの増加装甲(腰部装甲のみ形状が異なる)を装備した機体とノーマル機とヌーベル・ジムⅢをベースに肩部ミサイル・ポッドと腰部大型ミサイル・ランチャーとスタークジェガンのバックパックを装備した機体がある。またそれぞれフルアーマーガンダムの2連装ビーム・ライフルまたはガンダムMk-Ⅱのビーム・ライフル、ジェガン(裏面にビーム・サーベル2基)またはガンダムMk-Ⅱのシールドを携行している。

宇宙世紀0112年に、ランデッガー重工のCEOであるオイエル・ランデッガーの依頼で試験中のガンダムF90を襲撃しオイエルの搭乗するMSティグリスと一騎討ちするように仕向けた。

立体物

SDガンダムフルカラーシリーズにラインナップ。 ビームライフルを構えたモデルとなっている。※現在、入手困難

HGUCシリーズにラインナップ。劇中同様の装備が同梱されている。

ガンプラに於けるこぼれ話


関連イラスト

RGM-86R GMⅢ
ジムⅢ



関連タグ

ジム 陸戦型ジム ジム・コマンド ジム・キャノン ジム・ライトアーマー ジム・スナイパー ジム・ナイトシーカー
ジム・スナイパーカスタム ジム・スナイパーⅡ ジム寒冷地仕様 ジム改 ジム・カスタム 
ジム・キャノンⅡ ジムⅡ ワグテイル ジムⅢ計画
ネモ ジェガン スターク・ジェガン ジェガン重装型

関連記事

親記事

ジムⅡ じむつー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 277116

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました