ピクシブ百科事典

ジュアッグ

じゅあっぐ

「MSV」および「機動戦士ガンダムUC」に登場する水陸両用モビルスーツ。
目次[非表示]

機体データ

型式番号MSM-04G
所属ジオン公国軍
開発スウィネン社?
生産形態試作機
頭頂高17.4m
本体重量137.3t
全備重量198.7t
出力2,660kW
推力97,900kg
固定武装320mm3連装ロケットランチャー×2、メガ粒子砲×4(異説あり)


概要

型式番号MSM-04G
模型企画『MSV』で初めて登場したジオン公国のMS。厳密にはMSV展開の先駆けとなった『フィルム未登場メカ・シリーズ』であり、実はMSV登場MSではない。
アニメ『機動戦士ガンダム』に登場する予定であったが、長い間映像作品出演に恵まれず、その後アニメ『機動戦士ガンダムUC』に登場して日の目を見ている。
なお、映像としての初出はユニコーンではなく、ゲーム『機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオンの系譜』のOPが一番最初である。

機体解説

アッグアッグガイゾゴックとともにジャブロー攻略戦用に開発された1機。
アッグによって切り開いた侵攻ルートを通じて砲撃を行い、アッグガイ、ゾゴックの支援を行うことを目的とする。
アッガイの試作案を転用して開発され、装甲が強化されたため重量が増加している。武装は両腕部の320mm3連装ロケットランチャーのみとされ、水陸両用機でありながら、水中でも一応活動出来る程度に過ぎなかった。

胴体に4箇所ある開口部はどの様な役割をするか明確になっておらず、支援機という性質からメガ粒子砲である、スラスターであるなど諸説ある。
また、頭部には排熱ダクトとして象の鼻を思わせる可動肢が備わっており、外見上の特徴となっている。このノーズ部はフレキシブル・ベロウズ・リムと同様に柔軟に可動する。

なお、通常兵器の携行や単独での格闘戦に対応すべく、右腕をゾゴックと同様のマニピュレーターに換装した機体が存在した。この仕様ではヒート・ナイフ(グフのヒート・サーベルと同形状)を用いることもできる。
コクピットは頭部に2つ設けられているようで、アッガイと同じく兵員輸送機でもあったとの説を裏付けするものとなっている。

宇宙世紀0096年、ガランシェールの地球降下陽動の為にヨンム・カークス率いる部隊の一機として地球連邦首都ダカールを襲撃。
一年戦争当時の機体を使用しているにも関わらず、第二世代以降のモビルスーツであるジムⅡネモジムⅢ相手に善戦したが、ジムⅢのビームジャベリンによって装甲を貫かれ、バズーカで撃破された。
なお、この機体の胴体開口部にはビーム砲が搭載されており、腕部の3連装ロケットランチャーも多数の小型ロケット弾を発射する形式に改造されている。

バリエーション

ジュアッグ改

雑誌企画『F.M.S.』に登場。
ジャブロー攻略戦に投入されたジュアッグの派生機で、ノーズ部の可動機構が廃されるなど、機体各部の形状が変更されている。機体名では「改」となっているが、通常型との差異は機体ごとの仕様差によるものとされる。
また、本機の右腕もゾゴックのマニピュレーターに換装されている。

ガンプラでは

1/144のみの販売。旧キット、HGUCの両方が存在し、後者はゾゴックと同じくガンダムUC仕様である。

関連イラスト

ジュアッグ



関連タグ

MSV 機動戦士ガンダム 機動戦士ガンダムUC
アッガイ アッグ アッグガイ ゾゴック

マミジュアッグ

関連記事

親記事

ジオン水泳部 じおんすいえいぶ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジュアッグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 950553

コメント