ピクシブ百科事典

M551

えむふぁいぶふぁいぶわん

アメリカ陸軍で使用された水陸両用の空挺戦車である。愛称はシェリダン
目次[非表示]

特徴

通常の輸送だけでなく、輸送機からのLAPES方式での投下も可能としている。

ただし空挺戦車として以外にも、このM551は問題を抱えていた。
それが一番の特徴であった「ガンランチャー」なのである。

ガンランチャーの憂鬱

時は1950年代、朝鮮戦争休戦直後にさかのぼる。
アメリカではソビエト戦車に危機感を感じていた。
(主にJS-2などの重戦車

これら防御力は高くなる一方であり、
近い将来、いままでの戦車砲では通用しなくなる事を恐れていたのだ。

打開策はHEAT弾頭

それに対し、戦車砲にHEAT弾を導入することが考えられた。
成形炸薬弾であるHEAT弾なら距離で貫通力が低くなる事がなく、
また砲弾のスピードではなく、砲弾の大きさ(径)で貫通力が決まるからである。
だが、このHEAT弾を今までの戦車砲から撃ちだす事には問題もあった。

HEAT弾はモンロー/ノイマン効果を利用して金属が液体のように振舞う超高速噴流(メタルジェット)で装甲を侵徹する榴弾となっている。
これを今までのような戦車砲、つまりライフル砲で撃ちだしたら、
遠心力により命中の際にメタルジェットが分散してしまい貫徹力が落ちてしまうのである。

そのため、このHEAT弾を使う戦車砲は新しく開発する必要に迫られた。
M551の場合がこの「M81 152mmガンランチャー」であり、
HEAT弾を搭載した対戦車ミサイルと歩兵支援用の榴弾とを撃ちだせるものである。
(MGM-51A「シレイラ」対戦車ミサイル)

この砲身は短いものとなっており、
自分でロケットブースターを持っていて砲身の有無はあまり関係ないミサイルと、
あまり弾速をかけ過ぎると威力が集中しない榴弾との相性を考えたものである。

ガンランチャーは有効か

だが、ほどなく「長い槍と短いナイフを両立した武器」の問題も明らかになった。
ミサイルの誘導システムが複雑過ぎ、ベトナム戦争ではトラブルを頻発したのである。

最新鋭の「シレイラ」が敵の手に渡る事が恐れられ、部隊配備も限られた。
それでも戦争末期には一部部隊によってベトナムで運用されたが、
現場の評判は散々だった。

まず、高温多湿な気候のせいで砲弾が不発になった。
湿気をたっぷりと吸い込んだ砲弾は、うまく爆発しなかったのだ。

次にミサイルの誘導装置が『よく』故障した。
当時の装置は複雑なうえにデリケートなシロモノであり、点検整備する兵士には苦痛となったのだ。
(しかも「毎日」、「必ず」)

または戦車としての問題もあった。
軽すぎてヤブをかき分けて進めない事がわかったのだ。
その上、履帯の幅が狭いので湿地で沈みこむ(接地圧が高い)。
さらに装甲がアルミなので防御力が低いなどの弱点が明らかになり、
ベトナム戦争の終結後は速やかに「予備役送り」「退役」となっていった。

ただ、第82空挺師団にだけは即応用装備として残されており、
パナマ侵攻(1989)や湾岸戦争(1991)で再び実戦に投入されている。
先のようにミサイルの機密があったので輸出はされず、全てはアメリカで使い切られた。
(ちなみにMBT70のアメリカ仕様では同じシレイラミサイルが使用可能なXM150E 152mmガンランチャーが搭載される予定であったが、計画自体が中止となっている)

余談ながら東側では1970年代から同様のシステムは開発がされており、ロシア(旧ソ連)では新規の砲ではなく、既存の戦車砲から発射可能なミサイルが開発されている。
現在ではロシア以外にイスラエルでも同様のミサイルが作られている。

『戦車』として

以上のように、戦車としては『非常におぼつかない』と判定されたM551だったが、
(空挺降下でなくても)輸送はなかなか便利とされたようだ。

とくに突然の戦争勃発など、
即応性が求められる状況では輸送の便利さは威力を発揮した。
湾岸戦争では当初、機甲部隊が到着するまでは貴重な戦力として重宝されたという。

この便利さは後の兵器開発にも生かされ、M551の後継に「M8AGS」が開発された。
だがこれは1996年に計画が中止されており、現在に至るまでM551直接の後継は存在しない。

穴埋めとしてはピラーニャ(装甲車)の対戦車型が充てられており、
輸送機に積み込める便利さを生かして陸軍海兵隊の即応部隊に配備されている。

pixivに投稿された作品 pixivで「M551」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11202

コメント