ピクシブ百科事典

M60パットン

えむしっくすてぃーんぱっとん

アメリカが開発した第二世代主力戦車
目次[非表示]

概要

M46パットンからスタートしたパットンシリーズ直系の、最終型。

アメリカ陸軍がソ連のT-54/55に脅威を感じ、M48パットンの機動力と火力を改良したのが「M60パットン」である。俗に「スーパーパットン」と呼ぶ場合もあるが、実は公式にはパットンの名は付けられておらず、さらにはパットンシリーズ扱いでも無いという。
開発は1956年に開始され、最初からディーゼルエンジンを採用した初のアメリカ戦車である。主砲も90mm砲から105mmライフル砲に換装し攻撃力を格段に向上させた。
あくまでも、ソ連のT-55に対抗しうる本格的な次期主力戦車が登場するまでの「つなぎ」であり、短期間で引退する予定であったが、肝心のMBT-70KPz70)計画が頓挫したため長期に渡って使用された。
各型の合計生産台数は約2万輌を数え、アメリカ軍のみならず西側諸国の標準的主力戦車となった。

発展・派生型

  • M60A1 - T-62に対抗するため砲塔の形状を変更したもの。
  • M60A2 - 試作型M60A1E2をもとに、1965年より量産開始。新設計の砲塔にM162 152mmガンランチャーを搭載し、対人用に榴弾、対戦車用にシレイラ・ミサイルを発射できるようにした。しかしミサイルの価格が高かった事と、整備性が悪かった事から生産は500輌余りに留まり、短期配備に終わった。その先進性と扱いの難しさから、付いたあだ名が「スターシップ」。
  • M60A3 - M60A1の発展型。射撃統制装置の改装により主砲の命中精度を高めた他、細部が改良されている。
  • CM11 - 台湾中華民国)がM60A3のシャーシにM48A5の砲塔を搭載した装束型。
  • マガフ6 - M60系統をイスラエルが独自に改良したもの。
  • M60-2000 - ジェネラル・ダイナミクス・ランド・システムズ社が提案した強化したM60の車体にM1エイブラムスの砲塔を載せた代物。FCS等もエイブラムスと同等に強化される。


配備と実戦

M60は採用後、アメリカ本国と欧州派遣部隊に配備されたが、激化するベトナム戦争には投入されなかった。M1エイブラムスの登場により主力戦車の地位を譲ったが、アメリカ海兵隊では使用が続けられ、1991年の湾岸戦争でも活躍した。
現在ではアメリカ軍のM60は全て退役している。

しかし、第四世代主力戦車の開発が進む中、現在でも現役の国は多く、一部は第三世代に相当するスペックに改造されており、まだまだ退役とはいかないだろう。

pixivに投稿された作品 pixivで「M60パットン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25613

コメント